自閉っ子の噛みつき対策と「本題」

pamapama

公開:

14 なるほど
1,258 VIEW
0 コメント

先日ご紹介したように、娘は入学式直前に大きなパニックを起こしてしまいました。その時にジャケットの襟を噛まれ、こんな状態になってしまいました(写真は洗濯後のものです)。

噛まれるかも前提で購入した安物ではありますが、卒業式と入学式の2回しか着てないよトホホ…そんな娘の噛みつき・引っ張り対策については以前こちら

 自閉っ子の噛みつき対策 ~洋服編~ by pamapama
potaru.com

でご紹介したままでありまして、Tシャツは安価な米メーカーの無地Tシャツをまとめ買い。冬の防寒着は分厚い「メルトン生地」のコートなど、を継続しています。

ただし変化がひとつ。当時「丈夫さと硬さ重さ」のせめぎ合いで選択肢から外していたナイロン系生地のパーカ、ジャケット類でしたが、その着やすさ手軽さはやはり魅力で、最近いくつか試してみたのです。

グラフェン

「奇跡の素材」「薄くて軽いのにスチールの200倍強い」「ノーベル賞受賞」などの売り文句で紹介されていた「グラフェン」という素材。

わたしの悪いクセですぐに飛びつきそうになるのを「いや待てよ」といったんこらえたものの、結果的には「えいやっ」と購入に踏み切ったジャケットがこれです。

表生地、裏生地の詳細を記したタグ
表生地、裏生地の詳細を記したタグ
岩の突起部分でこすっても大丈夫的な記事を読んだことがありますが、そんな勇気はありません。
岩の突起部分でこすっても大丈夫的な記事を読んだことがありますが、そんな勇気はありません。

そんな「奇跡の素材」が表面素材の30%に使われている…というのをどう評価していいのか正直よくわからないのですが、肝心なその実力は?

ズバリ、娘が大パニックになり、全力で噛んで食いちぎろうとしてもビクともしない頑丈さ!ぜんぜん大丈夫です。

「噛む気にならないほどパリッパリ」という言い方ができないでもないですが、着るに苦労するほどゴワゴワなわけでも分厚いわけでもなく。

噛まれたってぜんぜん平気だもんね、という心のゆとりへの対価と思えば、良い買い物だったと思っています。

コーデュラ

ナイロンの中で特に丈夫な「コーデュラ」という生地があります。強度は普通のナイロンの7倍といわれており、アウトドアな趣味をお持ちの方なら知っている言葉かもしれません。

糸が太くなるほど丈夫さは増し、生地としては硬く重くなってきます。なのでわたしがこのコーデュラに期待したのは「軽さ&薄さと、丈夫さの両立」1点です。

このタグが、コーデュラが使われている証
このタグが、コーデュラが使われている証
上のグラフェンのジャケットもそうですが、ファスナーのギザギザ部分がこのように隠れる防水ファスナーは、娘がケガをしないためにも役立ちます。
上のグラフェンのジャケットもそうですが、ファスナーのギザギザ部分がこのように隠れる防水ファスナーは、娘がケガをしないためにも役立ちます。

表示の中に「Nylon 30D」とありますね。この「30D(デニール)」というのが糸の太さを表していて、これが例えば「1000デニール」ともなると「ピッケルの直撃にも耐えるほどの厚み」だそうです。

しかし「30D」というのはとても薄い、超軽量の部類。いくら丈夫な生地とはいえ、中学生の娘に全力で噛まれた時はどうだったかというと…

こちらもぜんぜん大丈夫でした!あまりにも強く引っ張られると縫合部分の強度が気になりますが、生地じたいは薄くても頑丈で「これは使える」と思いました。

しかし本題は

娘の噛みつき対策について前回ご紹介したのは3年以上も前。ただし娘が近くにいる人の洋服を引っ張ったり噛みついたりする行動(噛みつかれるのはほぼわたしだけです)は、実際にはそのずっと前から続いています。

つまり本題である「噛みつき引っ張り行動をなんとか他の行動に置き換えたい(できていない)」状態が何年も続いているのです。

今も毎週Tシャツを噛まれては捨てている状況でして「噛まれても大丈夫」はあくまでも噛まれたわたしの感情への瞬間的な手当てに過ぎません。なぜ噛みつかれるのがほぼわたしだけなのか、という原因究明も置き去りです。

娘が服や髪を引っ張ってきた時には「手にして」「おてて」という声かけを繰り返しています。するとようやく最近になって娘は人の髪や洋服をつかみそうになった時に手を引っ込めたり、自ら「おてて」とつぶやくことが多くなってきました。

娘と暮らしていると「どうやって教えたらいいんだろう」「これがずっと続くのかな」と弱気になることは山ほどありますが、段々できるようになってきたことはたくさんあります。

大きくなっていく最重度知的障害の娘と、衰えていくわたしたち親の、きょう、あした、その先を見据えた時、この「段々」についてどう考えていくか、これが大事なテーマです。

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン