自閉っ子のひなまつり

pamapama

公開:

7 なるほど
636 VIEW
9 コメント

なんて言うタイトルをつけてはみたものの、特別なことはありません。ひな人形を飾るだけです。

わが家では毎年立春にひな人形を飾ります。「ひな人形は一代限り。引き継ぐものではない」とも言うそうですが、わが家では単純に「かわいくて好き」という理由で、わたしの姉の初節句に買った古いものをいまでも使っています。なのでもうウン十年ものです。

もともと入っていたガラスケースは割れてなくなったようです。そこで、憧れの七段飾りをホームセンターの職人さんに頼んで作ってもらいました。ママが大体の図面を作って見せたところ、さらにプロならではの工夫を加えて良いものを作ってくれました。

ママが関西人なので、向かって左にお雛様を飾る関西方式。道具もいくつかなくなっているようで、空いた段には日本酒用のお猪口を飾っています(;^ω^)。

毎年恒例

そういえば娘がまだ小さくて、よく泣いて食も細かったころは「ひなあられ」ばかり食べていた時期がありました。ほんのある一時期に限っては「ひなあられで命をつないでいた」といってもあまり大げさではないほど。

それがいつの間にか大きくなってひな人形に手が届くようになると、毎年決まって同じいたずらをします。こんな感じです。

アシンメトリーにアレンジ。
アシンメトリーにアレンジ。

このように、もともとはお猪口の間に立ててあった高坏(たかつき)を動かすのです。他のものはまずさわりません。

カメラが犯行の瞬間をとらえました。
カメラが犯行の瞬間をとらえました。

自閉っ子に多く見られる「こだわり」のようなものがほとんどないウチの娘ですが、この高坏は必ずいたずらします。毎日、何度もです。

ことしも定点観測的にその犯行現場を記録していますので、ダイジェスト版をご覧ください。

娘なりのバランス。
娘なりのバランス。
微調整。
微調整。
わたしがお猪口を最下段に移動しました。娘は高坏を右寄せ。
わたしがお猪口を最下段に移動しました。娘は高坏を右寄せ。
次の構想を練る娘。
次の構想を練る娘。
また微調整。
また微調整。
「犬神家の一族」の佐清(すけきよ)インスパイア。
「犬神家の一族」の佐清(すけきよ)インスパイア。
真ん中の男性が横向いてる。いま気がつきました。
真ん中の男性が横向いてる。いま気がつきました。
アイデアに乏しい日もある。
アイデアに乏しい日もある。

間違えた

とまあこんな日を繰り返しているうちにFacebookが勝手に振り返ってくれた1年前の投稿を見たところ「高坏の場所を間違えていました」と自分で書いてました。

そうだった、高坏は三人官女の間に置くんでした。さっそく修正します。

するとこの日を境に娘はすっかり高坏に興味を示さなくなってしまったのです。

実は娘が高坏のひとつを床に落としてしまい、折れた足はテープで補修中。大事にしているものですから高坏にさわろうとしなくなったのはいいのですが、なんか物足りないというか…つまらないんですよね…はっ、娘の術中にハマっている(^_^;)

最終更新:

コメント(9

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン

  • J

    jina

    娘さんのおちゃめっぷりにホンワカしています。

    私は小さい頃、三人官女のみなさまの目が光って名前を呼ばれた経験(夢かもしれない)があり、お雛様は怖くて飾れません。。

  • B

    baikinman

    >憧れの七段飾りをホームセンターの職人さんに頼んで作ってもらいました。ママが大体の図面を作って見せたところ、さらにプロならではの工夫を加えて良いものを作ってくれました。

    いつもママがすごすぎる。
    お雛様もぷっくりしていてかわいい♪
    素敵な7段飾りです!!

    そして、娘さんは高坏以外は触らないのが素晴らしい。

    • P

      pamapama

      ママも七段飾りに憧れていたので気合が違います(^_^;)。ホームセンターの職人さんは図面をパッと見ただけで「ここはこうした方がいいよ」というアドバイスをたくさんくれたので「カッコイイ~!」と思いました。

    • O

      orangeoor18

      ひなまつりが無縁な家だったので、道具や置き方など初めて知りました。娘さんのいたずら(いや、コーディネートですね!)は来年もしてくれるといいですね。

      • P

        pamapama

        動かしている時の顔が意外と真剣なので笑ってしまいます(^^♪

      • C

        cha_chan

        高杯の配置、娘さんの伝統やしきたりには染まらないぞ!という強い意志のようなものを感じました(笑)日々変化するひな壇の様子がとても楽しいです。

        • P

          pamapama

          毎年2月後半になると「手詰まり」感があるので、そろそろ新しい切り口を見つけてほしいです(*^-^*)

        • A

          akaheru

          毎回ちょこっとずつレイアウトが違うんですね。深いこだわりを感じます。

          来年以降もこの配置換えをグレードアップさせてほしい、と密かに思っていたりします(笑)

          • P

            pamapama

            来年もわたしが高坏の場所を忘れて間違えたところに置く可能性は大きいので、きっと楽しめると思います(*^-^*)