南極ツアーで見たペンギンレポート♪

sKenji

公開:

1 なるほど
1,039 VIEW
0 コメント

先週、ぽたるページで地球最後の秘境・南極へ行く極地探検ツアーをご紹介しました。このツアーで印象深かったのが南極のアイドル、ペンギンです☆今日は雪と氷の大陸で見たペンギンたちの様子についてご紹介します。

 【ぽたるページ】【世界一周の旅・南米編 Vol.14】地球最後の秘境、南極大陸へ上陸! - By sKenji - ぽたる
potaru.com

写真では伝わらないジェンツーペンギンの実態

ひとくくりにペンギンと呼ばれていますが、いったい何種類いるかご存じですか?

なんでも、世界には18種類のペンギンがいるそうです。このうち極地探検ツアーで多く見られたのが「ジェンツーペンギン」です。

ジェンツーペンギンは皇帝ペンギン、キングペンギンに次いで3番目に大きいペンギンです。特徴は目の上から頭にかけてある白い模様。海中での身体能力は高く、ペンギンの中では最も早く泳ぐことのできる種と言われています。その速さはなんと時速約36キロ。陸上にいる彼らの姿からは想像もできないスピードです。

(※ちなみに極地探検ツアーでは、南極大陸へ向かって航行している間の時間を利用して、南極についてのレクチャーが行なわれます。その中の1つにツアーで見ることのできる可能性があるペンギンの講義もあります。)

ジェンツーペンギン
ジェンツーペンギン

写真で見ると愛らしいジェンツーペンギン。しかし、画像だけでは伝わらないことがあるのです。

それは「臭い」。しかもかなり強いものです。

ツアーではペンギンなどを見るためにボートで島に上陸するのですが、浜に近づくにつれて臭ってくるのです。

いったいどのような臭いかと言うと、それはペンギンの体から発せられるものではなく、彼らの排泄物、つまり「糞」の臭いです。

上の写真はジェンツーペンギンの群れです。とても可愛らしいです。しかし、地面が赤く染まっているのがわかるでしょうか?

これらは全部、彼らの排泄物です。内容物はオキアミ。この臭いが上陸する前の洋上にいる時点で漂ってくるのです。(※臭いについて、恐らくジェンツーペンギンだけに限ったことではないと思います)

近付いてはいけないとわかってはいるものの・・・

鼻を刺すようななんとも言えない臭いのなか、ボートが浜辺に着岸すると上陸して観察が始まります。

ただし、ツアーではペンギンの5メートル以内に近づいてはいけないと言われます。これは南極の平和利用を定めた南極条約で決められていることで、彼らの生活を乱さないためにとても重要なことです。しかし、ときにこれを守るのが大変なケースもあります。

それはペンギンたちが可愛いから我慢できずに近づいてしまうといったものではなく、場所によってはあまりのペンギンの数に決められた距離を保つのに苦労することがあるのです。その上、こちらが避けても向こうから近づいてくることもあるからなおさら大変です。

彼らに近づかないように苦労する反面、ペンギンだらけの楽園に心が踊っている自分もいて複雑な心境です(笑)

彼らとの距離に気を使わなくていい上にとても好きな光景が、上陸及び帰船の際にボートから見ることのできる、真っ白な流氷の上にいるペンギンたちです。その景色を見ていると南極に来た実感が特に湧き上がってきます。

いつまでも彼らの楽園でありますように

冒頭からペンギンたちの悪口のようなことを書いてしまいましたが、ヨタヨタと歩きまわるユーモラスで愛嬌ある彼らの動きはいくら見ていても飽きることはなく、臭いなんか気にならなくなります。

彼らがのびのびと生きている南極大陸はまさに楽園のようです。ペンギンは人間をまったく恐れることなく好きなように暮らしています。しかし近年、南極を訪れる観光客が急増するのにともない、彼らを始めとした生き物や環境への影響を懸念する声があります。南極だけに限ったことではありませんが、訪れる時はルールを守ってインパクトを最大限に減らし、いつまでも彼らの楽園であってほしいと思います。

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン