【防災・減災】災害時にこそ、美味しい非常食♪

sKenji

公開:

4 なるほど
2,600 VIEW
0 コメント

子供のころ、災害時の非常食と言えば「乾パン」が定番でした。しかし、最近は味にこだわった様々なものが販売されています。

以前、災害時の非常食は少なくとも3日分を用意すべきと言われていました。しかし現在は、東日本大震災のような大規模災害では支援が行われるまでに、時間を要することから1週間分の備蓄が推奨されています。

非常食というと、これまで保存性や手軽に食べることができるものだけしか考えていなかったのですが、先日、次の記事を目にしました。

 非常食に「手打ちそば」 有事に備え企画、打ち方学ぶ(福島民友トピックス)
www.minyu-net.com  

災害という緊急時に手間のかかるそばを打つ余裕があるのだろうか・・・

記事を読んだ時、一瞬そのようなことも考えました。しかし、災害が発生した直後は味を気にする余裕はないかもしれませんが、避難生活が4日、5日と続くにつれ、食に対して求めるものに変化がでてくるのではないだろうか。災害発生時、少しでも食を楽しむことができれば、非常事態を乗り切ろうとする力の原動力になるかもしれない。そう思い、美味しそうな非常食について調べました。

美味しい非常食探してみました♪

実際に自分が食べて美味しかったもの。聞いた話や調べた結果、美味しいという噂の非常食をご紹介します。

○サバイバルフーズ
まず最初は先日、会社の先輩に教えてもらって初めて知った非常食です。過酷なイメージを連想させる商品名称とは裏腹に、「洋風エビ雑炊」、「チキンシチュー」などのお洒落さを感じさせるラインアップです。写真を見ていると非常食とは思えないほど美味しそうで、食欲がそそられます。さらに特筆すべきはその保存可能期間。なんでも25年間も持つそうです。お値段はそれなりにしますが、災害発生時に美味しいものを食べられると考えれば、高くはないのかもしれません。

アルファ米。写真はドライカレー味

アルファ米。写真はドライカレー味

○アルファ米
もはや非常食の定番のひとつになったアルファ米。アルファ米とは一度炊いたご飯を乾燥させたもので、商品によっては5年間という長期保存ができます。水や熱湯を加えてしばらく置いておくだけで食べることができます。

アルファ米は白米、わかめご飯、五目御飯などの定番商品以外にも、山菜おこわ、チキンライスなどの様々な種類が販売されています。個人的におすすめは「えびピラフ」で、登山やキャンプの際に美味しくいただいています。メーカーのWEBサイトを見てみると「松茸ごはん」などもあるようで、豊富なバリエーションを楽しむことができます。

○ちょっと豪華にフカヒレスープ
精神的に不安を感じる時や寒い季節などには、暖かいスープが体だけでなく心も暖めてくれます。そのようなスープのなかでも気になるのが「フカヒレスープ」。魅力的です。温める必要があるのでカセットコンロなどを備えておく必要があるものの、災害発生時、ちょっと豪華に「フカヒレスープ」を飲めば、元気をもらえそうです。インターネットで「ふかひれ スープ 気仙沼」などで検索すると、商品がでてきます。長いものでは賞味期間が2年くらいのものもありますよ。

○フルーツの缶詰
災害時にみずみずしい食べ物があると、食卓の華やかさが増します。定番の「みかん」や「白桃」のほかにも「ラ・フランス」や「複数種類の果物が入ったもの」、「杏仁豆腐」、「あんみつ」などもあります。賞味期間が3年程度の缶詰もあります。

○パスタ
麺類が好きだけど、ラーメンばっかりでは・・・。という方にはお湯や水だけで作ることができるパスタもおすすめです。熱湯をそそいで3分、水でも20分ほどでパスタのできあがりです。災害時、お洒落なパスタの非常食は気持ちも明るくしてくれそうです。「マジックパスタ」などの商品名で販売されています。保存期間は5年です。

長期保存が可能なやわらかいパン

長期保存が可能なやわらかいパン

○やわらかくて美味しいパン
最近の非常食には、やわらかいふわふわのパンの缶詰もあります。味もチョコクリームやメイプルなど複数あります。一昔前、非常食の主流が乾パンであったころから考えると非常食の進化を感じます。賞味期間も3~5年程度と長期の保存が可能です。

「ビスコ」の保存缶

「ビスコ」の保存缶

○お子さんの非常食に
小さな子供がいらっしゃる方は、お菓子の缶詰はいかがでしょうか?

たとえば「動物ビスケット」や「コアラのマーチ」などの保存缶があります。コアラのマーチは融けてしまうのを避けるためにチョコレートは入っていないものの、かわいらしいビスケットは、きっとお子さんも喜んで食べてくれ、元気がでるのでは?!

美味しい食品から元気をもらう♪

ご紹介したものの多くは、かさばったり重かったりするので「備蓄品」に向いていると思います。このほかにも「ツナポテトサラダ缶」など食べてみたいと思わせるものがありました。

災害が発生して少し日にちが経った時、ささやかな楽しみが大きな力と幸福感を与えてくれるかもしれません。非常時だからこそ、少しでも気持ちを明るくしてくれる美味しい食べ物や、見た目が華やかなものがあるといいかもしれません。

近年、様々な非常食が出てきています。この機会に少しでも美味しいものを探して、災害に備えるのもいいですね。

紹介:sKenji

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン