高熱時の子どもの異常行動

baikinman

公開:

6 なるほど
1,161 VIEW
10 コメント

その日は娘の様子がどことなく暗く、おでこを触るとなんだか熱いようでした。

19時の時点で体温は38.5度。

夕飯は食べないとのことだったので、そのまま就寝。

1時間ほどで義母が娘に「何か飲む?」と声をかけると、「変な顔」と言って寝ていた娘が突如ゲラゲラ笑いだしました。

義母に呼ばれて見行くと、娘は下記状態でした。

・笑いが止まらない
・目は開けているが視点が合わない
・こちらの言っていることを認識しない

この状態が5分続き、今度は痙攣が・・・。

その時の娘の状態は下記でした。

・手を握って力を入れている
・足がびくびく突っ張る

1分ほど痙攣して再び笑い出しました。

高熱時の娘の異常行動は初めてだったのでどうすべきか判断もできず、いつもなら『#8000』で相談するのですが、最悪の事態を考えると早い対応が必要だと思い、救急車を呼びました。

 子ども医療電話相談事業(#8000)について
www.mhlw.go.jp  

娘の様子

救急車を誘導するため外に出た私に対し娘は、「あの人、風邪ひいてるのに何で外出るの?」と言います。

普段私のことは『ママ』と呼ぶので、この言い方も娘らしくありません。

救急車が到着するころには正気に戻った娘。

さっきはどうしたのか聞くと、「覚えていない」とのことでした。

自宅から30分ほどで病院につきますが、その間に同じような異常行動はおきませんでした。

考えられる可能性

病院で先生は、考えられる可能性は4つあるとおっしゃっていました。

1.てんかん
CTと今までの既往歴も判断材料になる

2.熱性けいれん
通常6歳ぐらいまでに起こるが、まれに8歳でもなることはある

3.脳内出血
CTで判断

4.感染症
血液検査で判断

上記から絞り込むため、CTと血液検査をして娘の状態を調べました。

診断

CTと血液検査の結果をふまえた先生のお話は、「多少数値の高いところもあるが、特別な異常は見当たらない。そのため熱性けいれんの可能性は高い」とのことでした。

解熱剤を処方され、自宅で様子を見ることになり、痙攣や異常行動があればすぐに病院に来るように指示がありました。

まずは今夜はこまめに娘の様子を見ることに。

まとめ

その後娘は静かに眠り続け、次の日に再び病院で診察をして、他の先生もCTをチェックして問題ないとのことでした。

娘の異常行動で大慌てになって救急車を呼びましたが、後々調べると『熱せん妄』という症状が近いようでした。

今回は大きな異常がなくすんで、「救急車を呼ぶ必要なかったかな・・・」とも思いましたが、先生の話していた4つの可能性を考えると、救急車が来てくれたからこそ早急に適切な病院にかかることが出来たようにも思いました。

最終更新:

コメント(10

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン

  • P

    pamapama

    大事にいたらなくて良かったです。わが家は過去に救急車を断られたことがあってなんとなく躊躇してしまいがちですが、いざという時には呼ぼうと思いました。

    • B

      baikinman

      救急車に断られることもあるのですね。
      いざという時に断られる場合も想定したいと思います。

    • C

      cha_chan

      その後、娘さんが順調に回復されたようで安心しました。
      何か異変を感じたら、万一のことを考えると様子を見るよりも最悪を想定して行動した方がいいと思いました。

      • B

        baikinman

        ほとんどの場合は様子を見るのですが、今回は焦ってしまいました><
        最悪の場合の想定は大事ですね。

      • O

        orangeoor18

        高熱によってこのような症状が起こり得るとは初めて知りました。笑い出すという症状も自分だったらパニックになってしまいそうです。

        細かい症状まで書かれている今回の記事が同じような状況になった方の役に立つと思いました。

        • B

          baikinman

          こういう時は慌ててしまうので、家族で連携して対応したいですね。
          我が家は私がパニックになると、夫が次にやることを指示を出してくれます。

        • J

          jina

          お熱を計ることを習慣化して、お子様の日頃の変化をきちんと把握することをオススメします。
          今後も引き続き、インターネットの情報などで症状を軽んずることなく注視していく必要がありますね!
          過度な心配は必要ありませんが、子ども健康を守るのは、冷静に観察、そして記録それの繰り返しです。

          • B

            baikinman

            日常的に体温を測る習慣は、今後つけていきます。

          • A

            akaheru

            お子さんが見たことのない異常行動を突然起こしたら焦りますよね。

            仮に知識を持っていたとしても、都度正しい判断ができるかは正直素人には難しいところ。


            困ったら文中に述べられていた「#8000(小児救急電話相談)」等にすぐ相談しましょう。救急車を呼ぶことも間違いではないと自分は思います。

            • B

              baikinman

              #8000はいざという時に、本当に助かっています。
              救急車を呼ぶかも、こちらでアドバイスいただけますし。