救命講習受講レポート ~後編・救命処置~

sKenji

公開:

1 なるほど
3,795 VIEW
0 コメント

「救命講習受講レポート ~前編~」では、「応急手当」について書きました。後編は「救命処置」について書きます。

 救命講習受講レポート ~前編・応急手当~
potaru.com

救命処置とは

「救命処置」とは、心臓や呼吸が停止したり、気道に異物が詰まるなど、命を失う危険性が高い人を救うための応急手当のことを「救命処置」といいます。救命処置を適切に行うことで、傷病者の生存率は大きく変わります。

救急車が要請を受けてから現場に到着するまでの平均時間は、全国平均で約7分です。私が受講した地元の三島では、平均約6分で到着しているそうです。けれども救命率は全国平均以下とのことです。救急車が到着してからの救急隊員、医師のレベルは、基本的に全国ほぼ同じです。それでは何が異なるかというと、救急車が到着するまでの「救命処置」の実施率が低かったということです。救急搬送された方の約6割の方は適切な「救命処置」を受けていなかったとのことです。

救急要請を受けて到着するまでの約7分間。この間の救命処置の有無が傷病者の生命を大きく左右します。心臓は停止して3分、呼吸は停止して10分が経過すると約50%の方が亡くなります。一秒でも早く救命処置を行うことが生存率向上につながります。

救命処置の有無と生存率の関係
救命処置の有無と生存率の関係

www.city.inuyama.aichi.jp

救命講習で学ぶ救命処置は「心肺蘇生法」「AEDの使い方」「気道異物の除去」です。以下に「救命処置までの流れ」と各救命処置について、実際に受講して学んだこと、感じたことを中心に書いていきます。

救命処置までの流れ

救命処置までの流れは下記の通りです。

■救命処置までの流れ
 1.周囲の安全確認。
 2.両肩をたたいて反応を確認する。
 3.反応がある場合:傷病者の訴えを聞き、必要な応急手当を行う。
   反応がない場合:周囲の人の助けを呼び、協力者を集める。
           救急車、AEDの確保を依頼をする。
 4.胸、腹部の動きを見て、呼吸の確認。
 5.呼吸がある場合:気道確保、回復体位をとる。
   呼吸がない場合:救命処置(心肺蘇生、AEDの使用)を行う。
           心肺蘇生は、30回の胸骨圧迫と2回の人工呼吸を
           交互に行う。AEDが到着したらAEDを使用する。

下記WEBサイトにも詳細な説明があります。

 救命処置の手順:消防庁
www.fdma.go.jp  
 東京消防庁<安心・安全><救急アドバイス><倒れている人をみたら>
www.tfd.metro.tokyo.jp  

受講して学んだことを、補足説明として下記に記載します。

○「2.両肩をたたいて反応を確認する。」について
 ・傷病者の耳元で「大丈夫ですか?」と問いかけながら、肩を叩きます。
  この時、両手で傷病者の両肩を叩くようにします。
  これは、意識のある傷病者が、急に起き上がった際にぶつかって
  お互いに怪我をする危険性を軽減するためだそうです。
  傷病者が起き上がろうとした時、片手よりも両手で傷病者を抑えた方が、
  けがの防止・軽減をすることができます。

 ・講習では反応の確認を2回行いました。
  一回目は通常の声の大きさで、二回目は一回目よりも大きな声で、
  問いかけます。

○「3.反応がない場合」について
 ・反応がない場合、周りに人がいれば、協力を求めて人を集めます。
  これは、心肺蘇生を中断することなく「救急車の要請」と
  「AEDの確保」をするためにも必要ですが、その他に独りでの
  救命処置は体力的に困難という理由もあります。
  実際に心肺蘇生をしてみると、相当体力を必要とすることがわかります。
  一度、2分間続けて心肺蘇生をしてみたのですが、汗びっしょりになりました。
  現役の消防士の方ですら、いくら若く体力がある方でも、1、2分で
  交代しながら心肺蘇生を行うそうです。入って間もない情熱のある
  若い隊員の方で、ずっと続けようとする方もいるそうですが、
  2分以上たつと疲れがでてきて、効果的な胸骨圧迫ができなくなる
  からだそうです。救急車が到着するまでの平均時間は約7分です。
  効果的な心肺蘇生を行うためには、協力者が欠かせません。

 ・協力者がいる場合、救急車の要請、AEDの確保をお願いするわけですが、
  「誰か救急車を呼んで下さい」と言っても、誰も動かないこともあります。
  また、時間がロスする可能性もあります。そのため、救急車を呼ぶ人、
  AEDを持ってきてもらう人をこちらから指名します。
  指名するときは、指をさすのではなく、手のひら全体でお願いする人を
  指名します

 ・救急車の要請についてですが、消防士の方いわく、
  「傷病者の意識の有無などを伝えてくれると非常に助かる」とのことでした。
  意識の有無など、傷病者の状態で準備するものや対応が変わってくるそうです。

 ・AEDの確保をお願いする場合ですが、AEDのある場所がわかっていれば、
  「1階の階段脇にあるAEDを持ってきてください」などと、具体的にAEDの
  ある場所を伝えてお願いします。職場、学校、自宅など自分が普段いる場所
  については、あらかじめ最寄のAEDがどこにあるかを把握しておきます。
  AEDの設置場所は、各自治体や下記WEBサイトなどで調べることができます。

 AED設置場所検索
www.qqzaidan.jp  

○「4.胸、腹部の動きを見て、呼吸の確認」について
 ・胸、腹部を10秒間見て、呼吸の確認をします。救命処置は1秒を争うもので
  あり、10秒以上は確認をしないようにします。呼吸の有無がわからない場合
  は、「呼吸がない」ものとして、迷わず心肺蘇生を行います。
  10秒という時間がわからないときは、心の中でゆっくり6カウントとると
  だいたい10秒になるそうです。

○「5.呼吸がない場合」の救命処置については、以下で詳細に説明します。

心肺蘇生法

呼吸がない場合は救命処置を行いますが、まず最初に行うことは心肺蘇生です。

心肺蘇生法について、救命講習で配布されたテキストには、下記のように書いてあります。

心肺蘇生法とは、胸を強く圧迫する「胸骨(きょうこつ)圧迫」と口から肺に息を吹き込む「人工呼吸」によって、止まってしまった心臓と呼吸の動きを助ける方法です。

応急手当講習テキスト(上級救命講習配布資料):一般財団 救急振興財団

心臓が止まると15秒以内に意識がなくなり、3~4分以上そのままの状態が続くと脳は回復が困難となります。心臓停止後に一秒でも早く心肺蘇生によって、脳や心臓に血液を送り続けることが、救命率向上及び、後遺症が残る確率の低減につながります。

胸骨圧迫ですが、救命講習を受講するまで、私は停止した心臓を動かすために行うものだと勘違いをしていました。胸骨圧迫は、胸を強制的に押すことにより、ポンプのように血液を体に送り出すために行います。

講習では、人形を使って胸骨圧迫や人工呼吸を実際に行います。本物の人体に近い感覚となるように作られているそうです。

講習では、人形を使って胸骨圧迫や人工呼吸を実際に行います。本物の人体に近い感覚となるように作られているそうです。

胸骨圧迫のやり方ですが、胸の真ん中で両手を重ねて、肘を伸ばし、手のひらの付け根部分に全体重をかけて、胸が5cm以上沈み込むように圧迫します。
これを少なくとも1分間100回の速いテンポで30回連続して絶え間なく行います。
胸骨圧迫する位置ですが、以前は「肋骨弓を触って・・・」といった手順で圧迫位置を探していましたが、2010年に改訂された最新のガイドラインでは、胸骨の下半分を圧迫するということになっています。迷わずに1秒でも早く胸骨圧迫を開始します。

胸骨圧迫を30回行った後に、気道を確保して人工呼吸を行います。人工呼吸は、2回息を吹き込みます。胸骨圧迫30回、人工呼吸2回を1セットとして、これを救急車が到着するまで繰り返します。

心肺蘇生法について、下記WEBサイトにも詳細に書いてありますので、ご参照ください。

 救命処置の手順:消防庁
www.fdma.go.jp  

上記WEBサイトの補足説明として、受講して学んだことを下記に記載します。

○胸骨圧迫
 ・呼吸の有無が分からない時は、呼吸がないものとして胸骨圧迫を始めます。
  胸骨圧迫は全体重をかけて圧迫します。消防士の方の話では、
  もし、呼吸がある状態で胸骨圧迫を行えば、傷病者は腕を振り払おうとする
  などの反応を示すので、迷わず速やかに心肺蘇生を始めて下さいとのことです。

 ・心臓は左胸にあると思われていますが、実際はほぼ胸の中央に位置しています。

 ・胸骨圧迫を行う際にありがちな失敗として、圧迫した胸が元の位置に戻る前に
  次の圧迫動作に入ることがあります。必ず胸を押した後に、押した胸が元の
  位置まで戻ってから、次の圧迫を行ってください。また、圧迫中に
  手のひらが傷病者の身体から離れてもいけません。いずれも胸骨圧迫の効果が
  減少してしまいます。

 ・胸骨圧迫は考えている以上に力を入れて行います。
  骨が折れるのではないかというほどの力です。消防士の方の話では
  実際に胸骨圧迫を行うと、骨が折れるような音や感触があるそうです。
  しかし、本当に骨が折れることはごくまれで、骨が折れるような音や感触は
  骨が関節から外れることによるものだそうです。胸骨圧迫を行い、
  搬送されてきた方のうち、骨が折れている人は1000人に1人くらいでは
  ないだろかと言っていました。骨折よりもむしろ、強く胸骨圧迫を行わない
  ことの方が問題となるケースが多いということです。
  仮に骨が折れてもまず、問題はないのでとにかく強く胸骨圧迫を行ってほしい
  ということでした。
  相撲取りなら別かもしれませんが、一般の方が胸骨圧迫する際は、全体重を
  のせて、力強く胸を圧迫することが必要です。
  体重70kg前後の私が全体重をのせ、おもいっきり胸骨圧迫を行って、
  ちょうどよい力でした。


○人工呼吸について
 ・胸骨圧迫を30回行った後に、人工呼吸を2回行います。
  極力、人工呼吸も行うべきですが、血液や嘔吐物にまみれているなど、
  ためらわれる場合は、人工呼吸を行わずに胸骨圧迫のみでもよいとのことです。

 ・胸骨圧迫でも同様ですが、血液や嘔吐物がある場合は、衣服などで
  拭いて取り除きます。

 ・空気を吹き込む際に傷病者の胸を見て、胸が持ち上がっていることを
  確認します。持ち上がらない時の原因としては、気道が確保できていない
  可能性があります。持ち上がりが小さいときは、空気が漏れていると
  思われます。その際は、もっと口を大きくあけて、傷病者の口を
  覆うようにして息を吹き込むと、効率良く空気を送り込むことができました。

 ・吹き込む空気の量ですが、1秒ほどの時間で軽く吹き込みます。
  強く大量の空気を吹き込むイメージがあったのですが、間違っていました。
  言葉で表すならば「フー」では「フッ」と軽く吹き込む感じです。
  あまり強く吹き込みすぎると、胃の内容物が逆流して、気道をつまらせたり、
  内容物が肺に入り込み、肺炎を引き起こしたりする可能性もあるとのこと
  です。強く大量に空気を吹き込めばいいというわけではないようです。

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン