クリスマスにおすすめテーブルゲーム

baikinman

公開:

2 なるほど
2,536 VIEW
0 コメント

もうすぐクリスマス!!
サンタさんは何をくれるんだろ??

ということで、今回は我が家で人気のテーブルゲームを紹介します!

我が家のテーブルゲームランキング(独断と偏見だらけ) by baikinman
 我が家のテーブルゲームランキング(独断と偏見だらけ) by baikinman
potaru.com

ウボンゴ

ピースをボードにピッタリ当てはめるボードゲーム『ウボンゴ』
ピースをボードにピッタリ当てはめるボードゲーム『ウボンゴ』

www.rakuten.ne.jp

ウボンゴは、時間制限のあるパズルゲームで、パズルボードのマスを、パズルタイルで埋めて速さを競うゲームです。
パズルが解けたら『ウボンゴ!』と宣言し、宝石ゲット!
9ラウンド行い、宝石の価値が最も高い人が勝者となります。

パズルゲーム好きは『ウボンゴ』に挑戦すべき! ピースをマスにはめるボードゲームでスピード勝負!【試用レポート】

私のイチオシが、このウボンゴ。

パズルを当てはめるのに夢中になってしまうんです。

我が家では全員の力が拮抗しており、いつも白熱したバトルとなります。

脳が疲れているとなかなか完成できませんが、時間内にできない場合はみんなで解くのも楽しみの一つです。

対象年齢 :8歳から
所要時間 :25分ほど
プレイ人数:1~4人
スピード :★★★★☆
記憶力  :★☆☆☆☆
観察力  :★☆☆☆☆
推理力  :★★☆☆☆
運    :★★★★☆
思考   :★★★★☆

街コロ

街コロ サイコロを振ってコインを稼ぎ 街を発展!
街コロ サイコロを振ってコインを稼ぎ 街を発展!

www.g-rounding.com

『街コロ』は、サイコロを振って自分の街を作っていくボードゲーム。自分の街を育てていく、簡単なルールのゲームです。ボードゲームの醍醐味である"サイコロ"を使うこのボードゲームは、初心者の方にもオススメです。他の人のサイコロの出目であれこれできる楽しさと、"大もうけの喜び"が合わさった、シンプルで、且つ、奥深いゲームです。『街コロ』は、海外でも人気を得ており、ボードゲームの本場であるドイツ等様々な国で幅広く販売されている。

Amazon | グランディング 街コロ (Machi Koro) (2-4人用 30分 7才以上向け) ボードゲーム | カードゲーム・トランプ | おもちゃ

我が家の子どもたちに人気なのが、この街コロ。

大量のコインをゲットするために作戦を立てるのですが、サイコロで狙った目の数がでないために思ったように進まない。。。なんてことも!

拡張セットで新たな施設を増やすともっと楽しくなりますよ♪
その分時間もかかりますが。。。

対象年齢 :7歳から
所要時間 :30分ほど(我が家は1時間ほどかかります)
プレイ人数:2~4人
スピード :★★☆☆☆
記憶力  :★☆☆☆☆
観察力  :★★★☆☆
推理力  :★★★☆☆
運    :★★★★★
思考   :★★★★☆

ITO

アークライト ito (イト) (2-10人用 30分 8才以上向け) ボードゲーム
アークライト ito (イト) (2-10人用 30分 8才以上向け) ボードゲーム

www.amazon.co.jp

価値観のズレに大笑い。
『ito (イト)』は会話が楽しい協力パーティゲームです。

1~100のカードが1人1枚ずつ配られ、「数字を口にしたらアウト!」という制限の中、みんなでテーマに沿って自分のカードの数字を表現し合います。
協力してカードを小さい順に出して全員のカードを出し切る完全協力の「クモノイト」、会話の中で足して100になりそうなペアを見つける協力と裏切りの「アカイイト」、異なる2つの遊び方で楽しむことが可能。

伝わりそうで伝わらないのがもどかしくも楽しい、価値観のズレに大笑いするパーティーゲームです。
テーマについて会話をするだけのゲームなので、ボードゲームに馴染みのない人でもプレイ可能です。

Amazon | アークライト ito (イト) (2-10人用 30分 8才以上向け) ボードゲーム | おもちゃ | おもちゃ

子どもと大人の知識量の違いもあり、なかなか相手の数字を予想するのが難しい。

会話をしながらみんなで協力して数字を揃える楽しさは、コミュニケーションツールとしていいかもしれません!!

対象年齢 :8歳から
所要時間 :30分ほど(我が家は1時間ほどかかります)
プレイ人数:2~10人
スピード :☆☆☆☆☆
記憶力  :★☆☆☆☆
観察力  :★★★★☆
推理力  :★★★★☆
運    :★★☆☆☆
思考   :★★★☆☆

まとめ

我が家ではサンタクロースからのプレゼントがテーブルゲームです。
もらったテーブルゲームをしながら年越しを迎えるのが子どもたちのお気に入り!

そういえば私の子供の頃は年越しドンジャラを家族とやりました。
いい思い出です♪

勉強が大嫌いでも、テーブルゲームで脳をフル回転させるのは大好きな子どもたち。
動画を見るんじゃなくて、せっかくなのでテーブルゲームで大いに脳を使って、コミュニケーションを取って楽しみませんか。

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン