【ベトナム旅行レポート】躍動するホーチミンシティ ~Vol.2~

sKenji

公開:

3 なるほど
3,721 VIEW
0 コメント
ホーチミンシティの朝の通勤ラッシュ。ベトナム到着初日に撮影
ホーチミンシティの朝の通勤ラッシュ。ベトナム到着初日に撮影

2015年3月下旬から4月上旬にかけてベトナム旅行へ。旅は南部のホーチミンから始まり、約10日間をかけてハノイまで北上。旅行中に見てきたベトナムの魅力をご紹介します。

前回の旅行レポート

ホーチミン(※)からベトナムに入国するとすぐにメコン川下流域にある街、ミトーへ。メコン川の中州でのジャングルクルーズなどを楽しむ。

 【ぽたるページ】【ベトナム旅行レポート】メコンデルタの楽園、ミトー ~Vol.1~ - By sKenji - ぽたる
potaru.com

※街の名称について、ベトナム民主共和国の初代大統領ホーチミンと区別するためにホーチミンシティ(ホーチミン市)と呼ぶことが多いようですが、街の名をホーチミンと記載させていただきます。

半日ホーチミン観光へ

ミトーで一泊するとベトナム中部の街、ホイアンへ向かうために再びホーチミンに戻ってきた。ホイアンへは鉄道でダナンまで行き、そこからバスに乗り換えて行くつもりである。

列車はミトーから戻ってきたその日の夜に出発。ホーチミンで半日ほど時間があったので主な観光スポットを見て回ることにした。

ホーチミンシティについて

ホーチミンは人口約800万人、ベトナム最大の都市で1975年までサイゴンと呼ばれていた。今でも年配の方は以前の名称で呼ぶ人もいると聞く。20世紀半ばまでフランスの保護国だったことから、当時の面影を残す建築物が今でも一部残っている。

ホーチミンの第一印象は「エネルギー溢れるカオスの街」。これに尽きる。同市の国際空港に到着し、市中心部へ向かう路線バスに乗って空港ターミナルから市内の道路に入るとそこはもう、バイク、バイク、バイク。

少なくとも数百台あろうかという二輪車や自動車が道路を埋めつくし、ひっきりなしにクラッションをけたたましく鳴らしながら猛然と走っていく。その光景を目にした瞬間に「アジアだ!!」と、体中の血が一瞬で沸騰しそうなほどの興奮を覚えた。ホーチミン、躍動するベトナムを象徴するような街である。

統一会堂 (旧大統領官邸)

統一会堂
統一会堂

まず一番最初に向かったのが「統一会堂」である。

統一会堂はホーチミンの中心に位置し、広大な敷地を有している。現在、国際会議などの重要なイベントで使用されているが、もともとは南ベトナムの大統領官邸であった。

1960年から約15年続いたベトナム戦争は1975年4月30日、北ベトナムがこの建物に戦車で突入、占拠して事実上終わりを迎えた。いわゆるサイゴン陥落(サイゴン解放)であり、統一会堂は南北ベトナムが統一された歴史的な場所でもある。大統領官邸だっただけに豪華で華麗な部屋がある一方、作戦司令室や無線室などの軍事的な施設も備わっている。

突入した戦車と同型のものらしい

突入した戦車と同型のものらしい

統一会堂敷地の入口は建物正面にある鉄柵の門の脇にある。敷地に足を踏み入れてまず最初に目に付くのが、ベトナム戦争時に使用されていたという2台の戦車である。サイゴン陥落の際、大統領官邸に突入した戦車と同型のものであるという。

統一会堂の建物
統一会堂の建物

展示されている戦車から少し進むと統一会堂の正面玄関があり、ここから建物内部へ入る。建物は地上4階、地下1階建てで大小100以上の部屋がある。

宴会室
宴会室
内閣会議室
内閣会議室

玄関から入ると吹き抜けの階段があり、その両脇に内閣会議室や宴会室がある。地上階は豪華な部屋が多いのだが、内閣会議室だけは簡素な造りになっている。

慶節室
慶節室

正面玄関から入って吹き抜けの階段の裏側に慶節室と呼ばれる大きな部屋がある。赤い立派な絨毯が敷かれた格調高い部屋で、現在も会議やセレモニーなどで使用されている。

タイプ室
タイプ室
暗号解読、通信室
暗号解読、通信室

1階を見た後は地下階へ。地下は豪華な建物地上部分とは大きく異なり、作戦室のほか暗号解読、通信などの軍事的な施設となっている。いずれの部屋も装飾がない無機質な造りで閉塞感が漂っている。

地下の大統領指令室(緊急用)
地下の大統領指令室(緊急用)
地下の大統領寝室(緊急用)
地下の大統領寝室(緊急用)

地下には有事の際に大統領が使用する指令室や寝室がある。地上階にある同じ用途の部屋に比べて殺風景であり、ベッドや机など必要なものだけが置かれている。

国書提出室
国書提出室
大統領応接室
大統領応接室

地下階を見ると階段を上って地上2階へ。この階で一番目を引いたのが国書提出室。各国の大使から国書を受け取るときに使われた部屋で、壁の一面が巨大な漆絵となっている。絵はベトナムの国の歴史が描かれているとのことで、その大きさと精密さは見るものを惹きつける。

3階に上がるとなんとそこにはヘリポートが・・・。

サイゴン陥落時にはここからアメリカ政府関係者などがヘリで洋上のアメリカ艦船に脱出したという。

正面、林の中をまっすぐ貫く通りがレユアン通り
正面、林の中をまっすぐ貫く通りがレユアン通り

最上階である4階は「ダンスルーム」&「バー」となっており、眺めが素晴らしい。

ここから、一本スッと伸びるようにある通りを見ることができる。レユアン通りで、サイゴン陥落の日、官邸に突入した戦車が通ってきた道である。

サイゴン大教会 (聖母マリア教会)

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン