【妄想世界一周 Vol.8】イスラム建築が美しい、サマルカンドへ

sKenji

公開:

3 なるほど
1,235 VIEW
0 コメント

シルクロードの中心都市のひとつであり、その見事なタイルの色から「青の都」と称されるウズベキスタンのサマルカンドは、中央アジア諸国のなかでも最も訪れたい場所です。

サマルカンドの歴史について

サマルカンドは長い歴史を誇る街です。紀元前4世紀のアレクサンダー大王の東方遠征の際には、すでにその美しさが記録に残っています。

しかし、その街も1220年、チンギス・ハーンの西征により、住民の4分の3以上が殺され、街は壊滅的に破壊されてしまいます。

チンギス・ハーンの死後、モンゴル帝国は4つのハン国に分かれ、サマルカンドは、次男のチャガタイが受け継いだチャガタイ・ハン国に組み込まれました。

現在のサマルカンドの街を作ったのは14~16世紀に栄えたティムール帝国です。始祖のティムールは、モンゴル系の部族の貴族でしたが、チャガタイ・ハン国の内紛に乗じて、1370年にティムール帝国を興しました。いま街に残る数々の美しい建築物のほとんどは、このティムール朝の時代に造られています。

サマルカンドの見どころ

レギスタン広場
レギスタン広場

commons.wikimedia.org

サマルカンドにはいくつもの美しいイスラム建築が残っています。なかでも絶対に訪れたいのが「レギスタン広場」です。

広場にはメドレセと呼ばれるイスラム教の教育施設が3つあります。いずれも装飾タイルが美しく、ウズベキスタンを訪れる多くの旅行者を魅了しています。

これまでにトルコなど複数のイスラム諸国を訪れたことがありますが、モスクなどに使われているタイルの美しさは息を呑むほどで、何度見ても飽きることがありません。

サマルカンド・ブルー
サマルカンド・ブルー

commons.wikimedia.org

特にサマルカンドにあるイスラム建築は「サマルカンド・ブルー」と呼ばれる「青いタイル」が有名。繊細で優美で、そして鮮やかな青いタイルを自分の目で実際に見てみたいものです。

旅行費用&アクセス

2016年6月20日現在、インドからウズベキスタンには、パキスタン、中国、キルギスを経由して陸路で移動できるとのことです。

そのため、前回ご紹介したインドのチットールガルからは鉄道やバスなどを乗り継いで行きます。

ただし、途中ウズベキスタンの国境付近やパキスタンの一部には、外務省の危険情報でレベル3(渡航中止勧告)のエリアの通過もあります。そのため、インドで最新情報を収集し、状況によっては空路を利用します。

まず最初にチットールガルから一度デリーに戻ります。そして、パキスタンとの国境近くにあるアムリトサルへ向かいます。

アムリトサルからは陸路で国境越えです。アムリトサルの街からパキスタンとの国境までは約30キロ。オートリキシャーで約1時間ほどです。

パキスタンに入国した後は、国境から約30キロ離れたラホールへ、リキシャーで行きます。

ラホールからはパキスタン北部の街、ギルギットへ行き、そこでバスを乗り換えて中国のカシュガルへ。

カシュガルからはキルギスのオシュへバスで移動します。

そして、オシュからウズベキスタンのフェルガナまで乗合タクシーを乗り継ぎます。フェルガナから首都のタシケントへ向い、タシケントでバスに乗り換えてサマルカンドへ行きます。

【主な旅行費用】
■交通費
・ウダイプル → デリー:鉄道(12時間半)[700円]

・デリー → アムリトサル:鉄道(9時間)[500円]

・アムリトサル → パキスタン・ラホール:オートリキシャー(3時間)[1,000円]

・ラホール → ギルギット:バス(24時間)[1,500円]

・ギルギット → 中国・カシュガル(※所要時間、及び運賃について調べたものの、不明。道のりは約700キロ)

・カシュガル → キルギス・オシュ(24時間)[9,200円]

・オシュ → ウズベキスタン・アンディジャン → フェルガナ:乗合タクシー (3時間)[1,000円]

・フェルガナ → タシケント:乗合タクシー(6時間)[1,000円]

・タシケント → サマルカンド:バス(5時間)[500円]

■宿泊費
ゲストハウス:2,000円(1泊 )× 2日間
(※サマルカンドにおける宿泊費。移動中の宿泊費は含まない)

■食費等:
・街の食堂:1,000円(1日)× 2日間
(※サマルカンドにおける食費。移動中の食費は含まない)

■観光費用
・入場料合計:4,500円

■その他
・パキスタンビザ取得費用:6000円(※旅行代理店によって変動有)
 ※パキスタンビザはインドで取得できるとは限らないようです。そのため、日本で出発前に取得しておきます。旅行代理店に依頼して取得しますが、東京にあるパキスタン大使館で本人申請によるビザ取得も可能です。

 パキスタン大使館でのビザ取得 | Pakistan Embassy Tokyo Japan
www.pakistanembassytokyo.com  

《目安費用:3万2千円(※概算)+ 移動中の宿泊費、食費 + ギルギットからカシュガルの交通費(※恐らく全部で5~6万円)》

※金額、及び時間は参考情報であり、あくまでもひとつの目安です。
※金額は2016年6月20日現在のレートで計算。1インド・ルピー≒1.6円。1パキスタン・ルピー≒1円。1中国・元≒16円。1ウズベキスタン・ソム≒0.03。1US・ドル≒105円。

 〈妄想旅行が次に行くのは「マルタ共和国」!〉
potaru.com

サマルカンド

参考文献

「地球の歩き方 D15 中央アジア サマルカンドとシルクロードの国々 2015~2016年版」(著作編集:『地球の歩き方』編集室、発行所:株式会社 ダイヤモンド・ビック社、発行元:株式会社 ダイヤモンド社)

前回の話

 【妄想世界一周 Vol.7】インドでは、アジアで最も大きい城へ☆ by sKenji
potaru.com

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン