【復興支援ツアー2015】震災5年を見る。そして何があっても生き抜く力を身につける旅 byさぶろうた

saburouta

公開:

5 なるほど
2,022 VIEW
2 コメント

東北復興支援ツアーは今回で3回目のエントリーになります。

震災後、最初に東北を訪れたのは震災から2年たった2013年のことでした。テレビやネットで見ていたものとは違い、実状を目にして驚愕しました。

2回目は震災から3年が過ぎた2014年。4日間で宮城・岩手を見て回りました。なかなか進まない『復興』に、この先どうなるのかという不安を感じずにはいられませんでした。

そして震災から5年がたつ2016年。再び東北を訪れ、いろいろなものを感じたいと思っています。

1回目2回目の時に比べると、あの時、東北で何が起こったのか、少しはわかってきたつもりです。

今回の最大の目的は自分に置き換えること

自分に置き換えるとはどういうことかと言うと、今までは東北の人たちを助けたい、少しでも自分ができることは何かを考えてきました。震災に対して、どこか外から見ている自分がいました。今回はさらに一歩踏み込みます。

私は1つの目標を掲げました。
それは、『必ず来ると言われる大震災に万全の備えで、1人の犠牲者も出さない』
ということです。

必ず来るが、「まだまだ先だろう」に

私が住む静岡県は、小さい頃から『東海大地震』が来ると言われ続けてきた地域です。そういうこともあり、まわりの人たちからは他の地域よりも震災に対しての知識があり、備えもできていると思われがちです。

実際は『必ず来る』が『いつか来るだろう』になり、『まだまだ先だろう』『もしかたら来ないのでは』になりました。もちろん、そんなことないという人たちも多くいると思いますが、私のまわりはこんな感じになっていました。

今、実際に私たちの住んでいる場所に大震災が起こったらどうするのかという、本来ならば一番に考えなくてはいけない部分を、私は考えているようで具体的に考えてこなかったように感じます。

いつ来るかわからない、もしかしたら今この瞬間かも

震災に対してこの数年で考え方が大きく変わりました。
私の震災に対する考えを変えたのは間違いなく東日本大震災です。

そして今は大震災があっても、周りの人間含めて1人の犠牲者も出さないと心に決めています。震災後、どのような生活が待っているのかということも想像しています。

1人の犠牲者も出さないと心に決めているものの、確かな自信はまだありません。
確かな自信を得るためには震災に対する知識を高め、物の備え、心の備えをしっかり持つことが大事だと考えます。震災後も前を向いて進まなくてはなりません。この気持ちを確実なものにするため、東北に行きます。

まだまだ先だろうと考えていたら、ずっと進まないと思っています。
東北では実際に被災された方に、いろいろ教えてもらいます。
被災された方は、なにが自分を助けたか、なにが足りなかったかを知っています。見たこと、感じたこと、教えてもらったことすべてをこれからの『防災・減災』の力にします。

旅行プラン

今回の旅行のざっくりルートはこんな感じです。
三島→一ノ関→気仙沼→陸前高田→大船渡→南三陸→女川→石巻→仙台→三島
※この2年間でどう変わったかを見るために前回と同じ場所も多く取り入れます。

[行きたい場所リスト]
■宮城
・気仙沼
震災復興「気仙沼語り部」に参加します。
0226-22-4560

・女川町(女川温泉ゆぽっぽ)
2年前に女川を訪れたときに知り、参加させてもらった『女川温泉ゆぽっぽタイルアートプロジェクト』。自分がデザインした1枚が女川温泉ゆぽっぽで1つの大きなタイル画の1パーツになっています。その1枚を探しにいきます。

・雄勝(雄勝ローズファクトリーガーデン)
雄勝を「花と緑の力」で復興させようと住民が立ち上げたプロジェクトだそうです

・石巻/門脇(がんばろう!石巻看板・日和山公園)
がんばろう石巻の会と門脇中のみなさんで11/7塗り替え作業が行われました。
今回で3回目です。

・大川小学校
過去に2度訪れています。哀悼の意をこめて手を合わせることがここで亡くなった小さい命にわたしができること。

・南三陸町(防災対策庁舎・南三陸さんさん商店街ほか)
ここも辛いできごとがありました。時間をかけていろいろ見て回ります。

■岩手
・陸前高田
前回はここで大雨になり雨の中、高田バイパスをずっと歩きました。
嫁はここからみた風景が忘れられないと言っていました。あれから2年もう一度見てみます。

・米沢商会さん
ずっと気になっていた場所です。機会あれば米沢さんにお話しを聞きたいと思っています。

・大船渡市(大船渡市魚市場)
yumenoshippo01さんがぽたるページで紹介した魚市場。
時間的に少しどうかなというところですが、ぜひ行きたいところです。

旅行詳細

旅行日程 3月2日(水)~ 3月5日(土)(4日間)
------------
第1日目
------------
1日目
三島→一ノ関[4h]
・一ノ関→気仙沼[1.5h]
・K-port(渡辺謙さんのお店)
・震災復興「気仙沼語り部」2時間コース
※気仙沼プラザホテル宿泊

------------
第2日目
------------
気仙沼→陸前高田[0.5h]
・奇跡の一本松
・コンベアと街と海岸を見る
・米沢商会
陸前高田→大船渡[1h]
・大船渡市魚市場
陸前高田→南三陸[4h]
※南三陸ホテル観洋宿泊

------------
第3日目
------------
南三陸
・南三陸町周辺
・南三陸さんさん商店街
・防災対策庁舎
南三陸→女川[3h]
・女川温泉ゆぽっぽ(タイルアートプロジェクト)
※女川温泉 華夕美宿泊

------------
第4日目
------------
女川→石巻[0.5h]
※レンタカーで移動
・日和山公園
・がんばろう!石巻看板
・大川小学校
・雄勝ローズファクトリーガーデン

レンタカー返却・仙台駅へ
外食→おみやげ購入

旅行費用概算

◎交通費
[新幹線] 62,260円
○三島駅⇔一ノ関駅
@16,580×2=33,160円
○仙台→三島駅
@14,550×2=29,100円

[電車・バス] 12,860円
・自宅⇔三島駅(タクシー往復)
@1,400×2=2,800円

・一ノ関→気仙沼
JRドラゴンレール大船渡線
@1,140×2=2,280円

・気仙沼→陸前高田
JR大船渡線BRT
@500×2=1,000円

・陸前高田→大船渡
JR大船渡線BRT
@320×2=640円

・大船渡→陸前高田
JR大船渡線BRT
@320×2=640円

・陸前高田→南三陸
JR大船渡線BRT
@1,320×2=2,640円

・南三陸→女川
JR気仙沼線BRT
 JR石巻線
@1,110×2=2,220円

・女川→石巻
JR石巻線
@320×2=640円

◎食費 27,000円
・昼食×4
4,000+2,000+2,000+1,000=9,000円
・夕食×1(※宿泊先で3)
18,000円(焼肉が食べたい!)

◎おこづかい 20,000円
@10,000×2

◎宿泊費 80,920円
1日目 気仙沼プラザホテル 15,120×2=30,240円
2日目 南三陸ホテル観洋 13,460×2=26,920円
3日目 女川温泉 華夕美 11,880×2=23,760円

◎その他 20,740円
レンタカー 8,740+ガソリン代2,000=10,740円
石巻[借]→仙台[返]

震災復興「気仙沼語り部」2時間コース
@5,000×2=10,000円

-----------
■合計
-----------
交通費    75,120円
食費     27,000円
おこづかい 20,000円
宿泊費    80,920円
その他    20,740円
------------------------- 223,780円

前回もそうでしたが、なんだかんだでけっこうかかりますね。
東北でお金を使うことも復興支援です^^

 【復興支援ツアー2015・レポート】震災5年を見る。そして何があっても生き抜く力を身につける旅 byさぶろうた
potaru.com

最終更新:

コメント(2

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン

  • J

    jp21fukkou

    いってらっしゃい!

    • S

      saburouta

      ありがとうございます!
      旅行では少しでも多く「防災・減災」について学んでまいります。
      たくさんの知識を身につけて、今後に役立てたいと思います。