山登りのススメ Vol.32 ~金時山~

sKenji

公開:

1 なるほど
3,065 VIEW
0 コメント
仙石原から金時山を撮影(※中央の山)
仙石原から金時山を撮影(※中央の山)

静岡と神奈川の県境に位置する金時山は、童話「金太郎」の舞台になったという山である。富士山の絶好の展望ポイントとしても知られており、小さな子供から年配の方まで、年間を通して多くの人が訪れる人気の山である。

以前、友人がSNSに載せた金時山頂上から撮影した富士山の写真を見て以来、登りに行こうと温めていた山である。11月上旬、富士山に雲がかかることが少なくなってきたこともあり、箱根の秀峰・金時山を登ってきた。

金時山登山レポート

金時山の標高は1,212メートル。箱根外輪山の最高峰である。山頂へのルートはいくつもあるが、大きく分けると神奈川県の南足柄市、箱根町、静岡県の御殿場市方面からの登り口がある。

 はこねのハイキングコース案内図(一般財団法人 箱根町観光協会)
www.hakone.or.jp  

今回のルートは箱根町の金時登山口を出発して山頂に登り、乙女口に下山するコースである。

自宅アパートを出発して金時神社を目指す。神社の入口付近には、乗用車を10台ほど停めることができる駐車場がある。そのほか有料ではあるものの、近くにパーキングがいくつか点在している。

当初の予定では金時神社の登山口から登り始めることを考えていた。しかし、向かっている途中、ササに覆われた矢倉沢峠が見えた。とても気持ち良さそうな稜線で、無性に歩いてみたくなった。そこで、峠を経由することになる金時登山口から登ることにする。

金時神社近くの駐車場に車を停め、国道138号線を南東方面に歩く。10分ほど行った所にあるコンビニの横に細い脇道がある。入り口には金時山ハイキングコースを示す標識が立てられており、この小道を入る。

脇道に入って、舗装道路を歩くこと10分弱。登山口が見えてくる。

登山口からは未舗装の道になるものの、歩きやすく、はっきりとしているので迷う恐れはまずないと思う。

登山口から20~30分ほど登ると矢倉沢峠にでる。

峠には茶屋がある。トイレが設置されているほか、こんにゃくの味噌田楽などといった軽食も販売している。

茶屋からは、金時山へと続く気持ちのよいササの稜線が見える。

ササの原っぱを切り開いた登山道を登って行く。

後ろを振り返ると、強羅地区が眼下に見える。

茶屋から10分ほど登ったころだろうか。開けた場所があらわれる。展望が素晴らしい上に座わり心地の良い石もあり、ひと休憩するのに最適である。

休憩ポイントからは箱根山や仙石原地区を見渡すことができる。

矢倉沢峠の方を見ると、火打石岳や明神ヶ岳へと続く登山道が見える。緑の絨毯にくっきりとした1本の線。見ていると思わず歩きたくなってしまう。時間と体力が許せば、明神ヶ岳からの縦走も魅力的である。

紅葉を期待していたものの、登山道沿いにある樹木の葉は落ちているのものが多かった。しかし、枯れ木の山も風情があっていい。

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン