自閉っ子とパパのメガネ・世代交代

pamapama

公開:

5 なるほど
932 VIEW
0 コメント

最近また寝かしつけを要求するようになってきた娘を寝かしつけ終えたママと二人でソファーに座っていたら、右耳の近くで「ペキン!」と音がしました。

何の前触れもなく、メガネのつるが折れたのです。

自閉っ子とパパのメガネ by pamapama
 自閉っ子とパパのメガネ by pamapama
potaru.com

これまで娘が暴れる度に何度も痛い目に遭ってきたこのメガネ。娘はとうとうメガネに触れずして、自らは寝ながらにしてメガネを壊すという奥義を身につけました。

まあ8月に大きなパニックが頻発した頃はメガネくんもタイヘンでしたからね、大横綱・千代の富士の引退会見よろしく「体力…気力の限界!」ということで自らの現役生活に終止符を打ったのでしょう。

前回の修理時、メガネ屋さんはうれしそうに

「次は左のつるが使えますね!」

と言ってくれましたが、今回折れたのはまたしても右のつる。もう使えるパーツは残っていません。

再び同じメガネ屋さんへ行って調べてもらうと、このメガネを購入したのは7年も前とのこと。

「最新のモデルはさらにしなやかに、さらに丈夫になっていますよ♪」

とこれまた嬉しそうに言ってくれたので、わたしの気分転換も兼ねてメガネを新調することにしました。

折れたところをセロテープで応急処置。新しいメガネが来たら、こちらは「クルマ用の置きメガネ」として第二のメガネ生をスタートします。
折れたところをセロテープで応急処置。新しいメガネが来たら、こちらは「クルマ用の置きメガネ」として第二のメガネ生をスタートします。

収穫の秋。食欲の秋。

さて、きのうは知り合いの畑で、みかん狩り、サツマイモ掘り、ナスの収穫を体験してきました。

保育園時代の同級生も二人いたのですが、なにしろもう中学生。娘はわかっていたかな?どうかな?(それぞれのパパママのことはわかっていたようです。パパママはもう背が伸びたり顔が変わったりしませんからね)

収穫したてのナスはすごくおいしかったです。

抗精神病薬の服用を始めました。

実は、娘が相変わらず夜中に起きてしまうこと、多動性がますます激しくなってきたこと、過緊張(力が入りすぎる)も収まらない、ということで主治医の先生に相談したところ、以前ご紹介した「抗精神病薬」を毎日服用するようになりました。

ごくごく少量、耳かき一杯ほどからのスタートで、1カ月弱が経過した現在、その効き目についてこれと言えるような変化があるかは微妙なところです。こちらについてはもうちょっと日数を重ねてから詳しくお知らせします。

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン