「救命情報カプセル」ってなに?

akaheru

公開:

5 なるほど
1,043 VIEW
8 コメント

私の住む地域では、「救命情報カプセル」というものを配布し、各戸で保管をしています。(上の写真の筒状の入れ物です)

カプセルには何が入っているの?

中には「救命情報シート」というものを入れています。

記載内容は以下。

・住居者氏名、年齢、性別、血液型、本人写真
・住所、電話番号
・体の状況
・服薬の内容
・緊急連絡先
・指定居宅介護支援事業者(ケアマネージャー等)
・地区担当の民生委員
・支援者(救急隊員・消防隊員・警察官等)への伝言など

カプセル保管の目的は?

これは地域支えあいの一環として、家庭内で病気や事故等の緊急事態が発生した時に備えて、救急に駆け付けた消防署の救急隊員や警察官、親族、友人に「当事者本人の正確な身体情報」を提供し、いざという時に迅速で適正な処置がとれるように家族個々人の情報を記入し、事前に指定された場所に保管しておくというものです。

災害が発生したとき、怪我をして話せる状況ではないかもしれません。

災害発生時、持病など詳細を救急隊員に伝えるのが困難なお年寄りが一人でいる可能性もあります。

もしくは、パニックになってしっかり話せないという可能性もあります。

上記のようなことが発生した際もこのカプセルのシートを確認するだけで適切な情報を助けに来た方が把握することができるのです。

実際、このカプセルを考案された方も、過去に夫が倒れて119番を連絡したある奥様が、気が動転してうまく救急隊員と話ができなかったというケースを目の当たりにしたからだとおっしゃっています。

カプセルの保管場所は?

この保管場所は「冷蔵庫の中」。

地震や火災などで家屋が倒壊した際でも、「家具の中で原型をとどめやすい」というのが大きな理由です。

カプセルの効果を最大限に生かすために

このカプセルを最大限生かすために必要な作業が「情報の更新」です。せっかく書いた情報も常に正しい内容で保管していなければ意味がありません。

尚、我が家では設置して以来実に4年半ぶりにカプセルを開けて中身をチェックしたのですが、同居していた祖父が他界したり、娘が生まれたりと家族構成も変わっているためすぐに更新を行う必要がありました。

誤った情報があることで、かえって救急隊員を混乱させてしまう可能性もあるためです。(情報シートを確認したがゆえに、既に他界している祖父ががれきの下敷きになっているかもと探してしまうかもしれませんし、娘が近くに倒れているのに気が付いてもらえないということも考えられます)

早急に更新しなければと反省です・・・
早急に更新しなければと反省です・・・

各個人が責任をもって最新情報を管理することが大切

この保管システムは素晴らしい取り組みだと思います。特に災害の発生時など多くの方が負傷した場合は、レスキュー隊員や消防士などの大きな助けになることは間違いないと思います。

ただ、この力を最大限に発揮するためには前に書いた通り、正しい情報を常に管理しておく必要があります。誤った情報があることでマイナスの効果を生んでしまう可能性があるからです。

各自が自分の身を、そして地域の人達の命を一人でも救えるように常に情報のアップデートをしておく、といった意識を持つことがとっても重要なのではないでしょうか。

最終更新:

コメント(8

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン

  • P

    pamapama

    これは素晴らしい取り組みですね。ウチのマンションでも似たようなことを始めようとしていたのですが、やっぱり情報の更新が必要なことと「どれが最新情報なのかをどう表示するか」「その時点での最新情報(とされているもの)が本当に現状を表しているか」などが課題として挙げられました。ただ「保管(表示)場所の統一」までは考えていなかったような…「冷蔵庫」、参考にさせていただきます!

    • A

      akaheru

      「最新情報」についてはやはり課題になりますよね・・。

      自分は年に1回専用の紙を回覧版で回してリマインド、が無理なくできるやり方かなあと思っています。

      いずれにしても、まずは設置するところからスタートですね!

    • J

      jina

      防災意識の高い自治体にお住まいですね。私は防災手ぬぐいという手ぬぐいに、緊急連絡先などを書く欄があり、そちらを持ち歩いて生活しています。

      非常時に自分が話せなくても、手ぬぐいを見ていただければ家族に連絡されるようにと思い持ち歩いています。

      また、防災手ぬぐいはいざという時に様々な役割をしてくれます。止血やロープ、マスクにもなります。

      • A

        akaheru

        以前見せていただいた手ぬぐいですね?
        あれも災害時に役立つ情報が満載ですごく心強いと思います。
        カプセルをあの手拭いでくるんだらいいかもしれません・・・!

      • C

        cha_chan

        救命情報カプセルというものがあるんですね。記事を読んでいて自分も素晴らしい取り組みだと思いました。
        我が家では非常持ち出し袋に避難カードと緊急連絡先カードを入れています。財布には緊急連絡先カードを入れています。避難カードには血液型やアレルギー、治療中の疾病や薬剤などが記入されています。ただ、ずっと更新していないことに気が付きました(汗)せっかくの情報がマイナス効果にならないよう、更新漏れがないように注意したいと思います!

        • A

          akaheru

          意識をして更新をしないと忘れてしまいますよね・・・。
          我が家のカプセルは更新完了です!

        • B

          baikinman

          「救命情報カプセル」をこの記事で初めて知りました。
          一人暮らしのお年寄りなどは、特に役に立ちそうです。
          持病について近所の人に話をされていないと、状況が分かる人がいないということにもなりますし・・・。
          ただ、「救命情報カプセル」が冷蔵庫にあることをみんなが知っていることも大切ですね。

          • A

            akaheru

            >「救命情報カプセル」が冷蔵庫にあることをみんなが知っていることも大切ですね。
            たしかに、区内で救急活動をしている方は問題ありませんが、日本中から救助の方が来れられるような事態になった場合は、事前に周知をしておく必要がありますね・・・!