棄てるものは「羞恥心」!桃岩荘に泊まる。その2(案外落ち着ける場所もある編)【旅レポ】

tanoshimasan

公開:

3 なるほど
1,561 VIEW
2 コメント

最初は「ちょっとビビってた」

「絞ったっばかりのっ!」 ♪絞ったばかりの~
「夕陽のっ赤がっ!」 ♪夕陽の赤が~
「水平っ線からっ!」 ♪水平線から~
「もれってっいるっ!」 ♪もれ~て~いる~

眼の前には桃岩荘の西側いっぱいに広がる水平線。沈みゆく夕陽。昼間は碧く輝いた海も徐々に光が減って黒々と、しかし光を散りばめながら夕陽に映えている。水平線の向こう側は何も見えない。雲もない。こんなに良い景色の日はなかなかないらしい。

ヘルパーさんが弾くギターがじゃんがじゃんがと鳴る。男も女も肩幅に足を広げて、膝でリズムを刻む。ひーふーみー・・・って30人以上はいるな、こりゃ。観光協会でもらった資料によると夕陽が沈む時刻は「18時32分」とある。うわ、本当にちょうど18時32分だ。いや、桃岩時間だと19時02分※1か。桃岩時間ややこしいわ!・・・って、自分もいつの間にか歌ってるし踊ってるし。

桃岩荘に滞在して2日目の夕方の「夕陽の儀式」※2のころには、僕もすっかりそのペースに溶け込んでいた。最初は「ちょっとビビってた」ぐらいだったのに。

案外落ち着ける場所もある?

盛大なお出迎え

盛大なお出迎え

僕らが桃岩荘に到着したのは、上記の夕陽の儀式からさかのぼること1日と8時間ほど前。たったそれだけの時間で、すっかり桃岩荘ペースを楽しむことになるのだが、訪れたばかりの桃岩荘にはまだまだビビっていた。

「お”ぉ-ら”ぃッ!お”ぉ-ら”ぃッ!ストップ!だぁい成功ッ!はぁく手!イェイ!」

新規のお客さんを乗せたブルーサンダー号エースが桃岩荘に到着した。桃岩荘で待っていたヘルパーさんとお客さんらが僕らを出迎える。もちろん普通のお出迎えではない。とにかく、どう考えてもテンションが高すぎる。そりゃあ、仕事にしろ趣味にしろ、全力で打ち込むというのは格好いい。僕だって、高校まで運動部で過ごしてきた。「常に全力」は理想的だとも思う。いや、それにしてもちょっとくらい、ちょっとくらい手を抜いても良いんじゃないか。別に少し手を抜いても誰も責めないよ。もう十分よくやってるよ。

頭の中でそんなことを言いたくなるほど、ヘルパーさんの熱量は素晴らしい。桃岩荘独特のというか、他に見たことのない新型テーマパークのような勢いを感じた。何より、ヘルパーさんではないお客さんまでもやはり同じノリだ。お客さんもこうなのか!! 老若男女関係ない。これが羞恥心を棄てた人間の堂々たる態度。もうこれ以降は詳しく述べないが、今のところ、礼文島は究極のエンターテインメントアイランド、桃岩荘はクレイジーテーマパークだ。体力がもつか、いよいよ心配になってきた。

桃岩荘前の海岸
桃岩荘前の海岸
打ち上げられた昆布
打ち上げられた昆布

以降も細かい(?)ルールが並ぶ。施設を出る時は「行ってきます!」と言い、帰ってきたときは「ただいま!」。何故??と思ったが、よく考えたら当たり前のことか。もちろん、最初は小声だったが、「行ってきます!」「行ってらっしゃい~」「ただいま!」「おかえりなさ~い」

・・・ん、悪くないかも。よく考えれば、実にほのぼのした風景かも知れない。

桃岩荘併設の喫茶店、手づくりデザートを購入

桃岩荘併設の喫茶店、手づくりデザートを購入

その日は前後の予定が詰まっていたこともあり、のんびり過ごした。すぐ手前の海岸線に降りれば昆布が打ち上げられている。この地域でしか採れない利尻昆布だ。当たり前だが、南の島とはまたちょっと違う味わいの景色が広がっている。

近くには女性ヘルパーで運営されている喫茶店※3があったので、お邪魔してスイーツを堪能した。なんやかんや心配したけど、落ち着ける時間もあるやんか。

いや、ここで一度リラックス出来てよかった。 夜は夜で激しい時間が待っていたのだから。

~~~ 桃岩用語 ~~~

※1 桃岩時間だと19時02分 
 → 桃岩時間は(何故か)正規の時間から30分早めた時間が設定されている。
   例えば、船の出港時間を確認する際も、8:40出港なら「桃岩時間で9:10
   出港」となる。
   素直に時計を30分早めて行動する人もいれば、「結局のところ何時?」と
   確認しあう人も・・・。

※2 「夕陽の儀式」
 → 礼文島の西側、海岸線沿いに建つ桃岩荘からは夕陽が沈む様子を見ることが
   出来る。ただのんびりと眺めるはずもなく、もちろん桃岩式でその時間を
   過ごす。

※3 女性ヘルパーで運営されている喫茶店
 → 喫茶店「Ben & Joe House」
  (詳しく触れませんが、気づく人は気づくギャグ)
   意外とオシャレな空間で、本館の桃岩荘とはまた違った空間を演出してくれる。

【シリーズ】棄てるものは「羞恥心」!桃岩荘に泊まる。

桃岩荘シリーズの記事一覧です!

 その1 (生ける化石は異空間編)【旅レポ】
potaru.com

★その2(案外落ち着ける場所もある編)【旅レポ】

 その3(真骨頂・ミーティング編)【旅レポ】
potaru.com
 その4(愛とロマンとそれ以外の何か編)【旅レポ】
potaru.com
 その5(見送り見送られ桃岩荘編)【旅レポ】
potaru.com

もっと島々の雰囲気を感じたい方はこちらから

思い付きで島旅を楽しむ「僕」こと tanoshimasan が、北は北海道から南は沖縄まで「日本の島々」を紹介するエンタテインメント記事集です!
島々の魅力、楽しみかた、他愛のないエピソードをどうぞ~

 【旅レポ】~北海道の島々編~はこちら
potaru.com

島旅紀行文集【旅レポ】!
北海道の島々の目次ページです!

 実際に島を訪れた紀行文集【旅レポ】はこちら
potaru.com

島旅紀行文集【旅レポ】の目次ページです!

 楽島案内所【しまたびのおしながき】はこちら
shima.potaru.com

トップページです!島にまつわるいろいろな記事があります!

最終更新:

コメント(2

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン

  • G

    gontake45

    ♪絞ったばかりの~
    そうそう!「島」「船旅」っていうと、吉田拓郎の「落陽」のイメージですよね!

    • T

      tanoshimasan

      もう30年近く歌われているそうですね!桃岩荘では年に1回ヘルパーが作曲する新曲があるかないか。あとはずっと同じ歌が歌われてるそうで・・・モチベーションがすごいなぁと思います・・・。笑