「人吉駅10時8分発」の列車に必ず、必ず乗れ!死んでも乗れ!【青春18きっぷ道中記 九州縦断編vol.2】

tanoshimasan

公開:

3 なるほど
5,577 VIEW
0 コメント
 (前記事)どこまで行ける?神戸から九州へ、乗車時間13時間30分の旅【青春18きっぷ道中記 九州縦断編vol.1】 のつづき
potaru.com

青春18きっぷを手にすると、どれだけ電車に乗っていても平気になってしまう。

---------------------------------------------------------------------------------------  ■青春18きっぷ
  ・JR北海道からJR九州まで、すべてのJRの普通列車が乗り放題になる。
   (特急列車は不可)             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ・使用期間は大まかに春、夏、冬。学生の休暇時期と重なるように設定される。
  ・5枚つづり11,500円で販売されるため、1日あたり2,300円で乗り放題。
                      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
---------------------------------------------------------------------------------------

問題は八代駅から先!

大学を休学し、沖縄・西表島で働くことになった僕。青春18きっぷを片手に地元・神戸を出発し、まずは鈍行で鹿児島を目指す。初日は順調に熊本・八代駅まで行くことが出来た。しかし、ここから先が問題だった。

2日目は、八代駅から鹿児島中央駅まで行き、鹿児島港から沖縄行きのフェリーに乗る予定だ。目的地は鹿児島中央駅。調べてみたところ、八代駅から鹿児島中央駅へ行くには、主に3つのパターンがあった(2008年当時)。

新八代駅から鹿児島中央駅まで

新八代駅から鹿児島中央駅まで

ja.wikipedia.org

★1つめは、八代駅の隣駅である新八代駅で【九州新幹線】に乗り換え、鹿児島方面へ行くパターン。しかし、当然運賃は高くつくし、そもそも青春18きっぷでは新幹線に乗ることもできないため、この選択肢はありえない。

路線図。八代駅から川内駅はJR鹿児島本線ではなく、肥薩おれんじ鉄道

路線図。八代駅から川内駅はJR鹿児島本線ではなく、肥薩おれんじ鉄道

ja.wikipedia.org

★2つめは、八代駅から【肥薩おれんじ鉄道】に乗り換え、九州西部の海沿いを走りながら鹿児島を目指すパターン。この九州西部の海沿いを走るルートは、そのまま目的地の鹿児島中央駅まで伸びているので一見楽である。

しかし注意したいのは、この肥薩おれんじ鉄道。これは、元・JRの第三セクター方式の鉄道、いわゆる三セク路線だ。元々JRは、門司港駅(福岡)から鹿児島中央駅(鹿児島)までを鹿児島本線としていたが、その途中の八代駅(熊本)から川内駅(鹿児島)までの区間は慢性的な赤字区間だったらしい。営業距離が長いことに対して沿線人口が少なかったことから、経営が分離され、肥薩おれんじ鉄道として再出発した経緯があるそうだ。

つまり、肥薩おれんじ鉄道は鹿児島を目指すには便利だが、あくまで第三セクター。青春18きっぷを持って乗車は出来ても、肥薩おれんじ鉄道の区間は別料金が発生してしまうのだ。となると、やはり選択肢から外れてしまう。。

肥薩線の路線図。これなら青春18きっぷ1枚で鹿児島方面へ行けるのだが……

肥薩線の路線図。これなら青春18きっぷ1枚で鹿児島方面へ行けるのだが……

ja.wikipedia.org

★そして3つめ。八代駅から【肥薩線】へ乗り換え、鹿児島方面を目指すパターン。これは、熊本・人吉市、宮崎・えびの市、鹿児島県内各市町を抜け、隼人駅(鹿児島)まで行き、隼人駅で日豊本線に乗り換え。そのまま鹿児島中央駅を目指すという、ちょっとややこしいルートだ。

このルートなら、先に述べたパターンのように“青春18きっぷが使えない”ということはない。しかし、問題は「肥薩線の一部区間(人吉~吉松)は1日たった5本しか列車が走っていない」という点だった。

鹿児島港18時発のフェリーに乗る。そのために……

僕は【肥薩線】に乗ることに決めた。この肥薩線は八代(熊本)~隼人(鹿児島)を結ぶ路線だが、述べたように、途中の人吉(熊本)~吉松(鹿児島)間では、列車が1日5本しか走っていない。

つまり、この人吉~吉松間を走る列車の時刻に合わせて行動しなければならない。そのため、「青春18きっぷファン泣かせ」な存在だと言われているそうだ。

僕自身の予定としては、鹿児島港18時発のフェリーに乗りたかった。時間的には全然余裕に見えるのだが、そのためには「人吉駅10時8分発」の列車に必ず、必ず乗らなくてはならない!!時間厳守、仮に万が一乗り遅れたとして「次があるさ」では済まされないのである。

学生特有の生ぬるい性分だった僕。恥ずかしながら、当時はこの“時間厳守”という言葉がとにかく苦手だった。だからこそ、妙なプレッシャーがあったのは言うまでもない。列車の本数が少ない区間では、こういったところで余裕のなさを感じたりする。



この「人吉駅10時8分発」の列車を軸に予定を考えてみると、次のとおりになった。

----------------------------------------------------------------------------------------    【乗り換え予定】       【人吉駅時刻表:隼人方面】

 07:53 八代駅             07:18 吉松行き(始発)
  ↓      (所要約80分)   ●10:08 吉松行き(始発)いさぶろう1号
 09:10 人吉駅着            13:21 吉松行き(始発)いさぶろう3号
  ↓      [列車待ち約60分]    17:09 吉松行き(始発)
●10:08 人吉駅発           19:47 吉松行き(始発)  
  ↓      (所要約40分)1日たった5本のみ!
 11:21 吉松駅着            
  ↓      [列車待ち約40分]
 11:59 吉松駅発            
  ↓      (所要約50分)
 12:52 隼人駅
  ↓      (所要約60分)    
 13:48 鹿児島中央駅
----------------------------------------------------------------------------------------

これなら鹿児島中央駅には13時48分に着ける(左・乗り換え予定参照)。当然、鹿児島港18時発のフェリーには余裕で間に合うだろう。

しかし不思議なもので、もし仮に列車を1本逃した場合「人吉駅13時21分発」まで次の列車が無い(右・時刻表参照)。こうなると、鹿児島中央駅には17時25分着になるのだが、これだと18時発のフェリーに乗れるかと言えば、少し微妙なラインだ。なんとももどかしい!

また、乗車時間だけで言えば実質4時間程度で済むのだ。ところが、毎回乗り換え駅でそこそこの待ち時間がある。接続は決して良くない。結果、所要時間で言えば、6時間ほどかかってしまうのである。これももどかしい!

そして「人吉駅10時8分発」の列車の場合、見てのとおり、八代駅を7時53分には出る必要がある(左・乗り換え予定参照)。前日、八代駅に到着した時刻は23時30分過ぎ。八代では最寄りのネットカフェに泊まったわけだが、これらを考慮すると意外とゆっくりできないのである。それにつけてももどかしい!

一般的な社会人なら、7時53分の列車に乗ることなどできて当然だろう。しかし、一般的な(堕落した)大学生が、7時53分の列車に乗るなんてそう容易なことではない!!さらに、ネットカフェの店内はうるさく出来ないため、目覚ましアラームだって鳴らせないのである。

こんなおそろしい状況下、速やかに寝ようとした僕だが、プレッシャーのせいか、逆になかなか寝付けなかったのだ。

球磨川沿いを行き、人吉駅へ(八代駅~人吉駅)

午前7時。朝起きられるかという不安と戦っていた僕は、無事、余裕を持って目を覚ますことができた。

寝カフェは貧乏旅行の味方!

寝カフェは貧乏旅行の味方!

何しろ、ネットカフェのパソコン上に、「フリーの目覚ましソフト」をインストールし、時刻を設定してヘッドホンを装着。寝相の悪さでそのヘッドホンがズレ落ちないよう、頭をハンドタオルでぐるぐる巻きにして固定。そのうえ、起きやすいように変な体勢で寝たのだ。

なかなか寝付けず、3時間弱の睡眠になったものの、まずは「起きられた」というその事実に安堵。身支度をして、八代駅へ向かう。駅員さんに青春18きっぷを見せ、本日分のスタンプを押してもらってスタートだ。



どうも天気がすぐれないようで、厚い雲が空を覆っている。7時53分、人吉駅行きの列車が出発。列車は球磨川沿いを走りだした。

景色が抜群の車窓。球磨川と言えば、富士川、最上川と並ぶ日本三大急流だそうだが、車窓から見える球磨川は、ゆったりさらさらと流れている。球磨川を囲む山々の木々を反映した水面の緑っぽい色みが印象的だ。……と、見ごたえのある景色だったものの、寝不足のせいかすぐに眠たくなり、僕はあっさりと堕ちてしまった。



1時間20分の乗車時間を経て、人吉駅に到着。折り返しの八代行きとなった列車に、乗客がぞろぞろと乗り始めたところで、ようやく目が覚めた。

さて、問題の人吉駅に着いた!

人吉駅にある時刻表。(右が肥薩線)「10時8分発」に必ず乗りたい!

人吉駅にある時刻表。(右が肥薩線)「10時8分発」に必ず乗りたい!

ここから先が、例の1日5本しかない区間である。次の列車は「人吉駅10時8分発」。この時点で9時過ぎなので、列車は約1時間待ちだ。もちろん、ホームにいてもやることが無いので、一度改札を出て周辺を散策する。

青春18きっぷで旅をしていると、こうしてふと見知らぬ駅で電車待ちをすることが多くなる。そんな時は、その街の名産品や歴史に注目するようになった。看板などを眺めたところ、どうやらこの人吉は温泉地らしい。球磨川やその周辺の風景が美しく、かつては城下町として栄えたそうだ。しかし、交通網の発達により、現在は人口の減少が続いているとのこと。

その説明どおり、駅前は温泉街らしい趣あるたたずまい。駅前は人がまばらで、4月ではあるものの、少し湿気を帯びた空気はひんやり感じた。

ちょうど手に取ったチラシには、九州各地の駅弁が一斉に掲載されていた。しかも、人吉駅の「鮎すし」が、その中で「グランプリ」と書かれているじゃないか!!

きっと、かなり旨いのだろう。こうした出会いがいちいち面白い。さっそく僕は駅前の販売所へ行き「鮎すし」……は、売り切れていたので隣にあった「栗めし」を購入した。休日や観光シーズンには、駅のホームで立ち売りも行っているらしい。

弁当を買って販売所を出るころ、先ほどから薄々感じていた嫌な予感が的中した。

雨だ。それも、突然の大雨。水滴が地面を叩く音が響き渡るなか、僕は慌てて駅へと戻る。「人吉駅10時8分発」の列車まであとまだ40分近く。これじゃあ何もできないなぁ~。肩を落としていると、僕の携帯が鳴る。出てみると、大学の学部事務室からで「休学手続きに必要な書類に不備がある」とか、ナントカカントカ。慌てて実家へ電話し、必要事項を確認。事なきを得たものの、なんだか急に、旅情を楽しむ余裕がなくなってしまった。

山を越えて南九州縦貫!観光列車「いさぶろう号」に乗る(人吉駅~吉松駅)

人吉駅に到着した赤い車体の「いさぶろう1号」。必ず乗らなきゃいけなかった「人吉駅10時8分発」の列車だ。人吉駅~吉松駅間が建設された当時逓信大臣、山縣伊三郎にちなんだ名前らしい。沿線人口が少なく、列車の本数もわずかしかない同区間を逆手に取り、秘境を行く観光列車として走っているそうだ。

観光列車と言うが、車種としては普通車扱いなので、もちろん青春18きっぷで乗車可能。ただし、自由席はたった7席で、残りの大半が指定席(有料)という、これまた日ごろ馴染みのないタイプの列車だから面白い。せっかくなので指定席券を購入し、ゆったりと座った。

列車は山岳地帯をゆっくりと走っていく。

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン