10年 思いを灯りに

orangeoor18

公開:

1 なるほど
361 VIEW
0 コメント

犠牲になられた方々のご冥福を祈り、キャンドルに火を灯します。
東日本大震災から10年経ちますが、節目・区切りなどなく、これまでもこれからも大切な日であり続けるという思いです。

これまで、様々な人から震災の話を聴いて感じたのは、東日本大震災と一括りに語ることは困難であること。一人一人に人生があって、震災・津波が及ぼした影響も、目にした光景も、感じたことも、それぞれ異なります。

石巻で出会った語り部さんの「命さえあれば立ち上がれる。」という言葉。震災を経験した人だから言えるメッセージから命の尊さを学びました。

また、山元町の語り部さんの「町の様子はどんどん変わる。私たちが語り継いでいかないと、なかったことになってしまう。」という言葉は今も記憶に残っています。
伝え続けることの意味とその大きさを感じました。

簡単なことではないと思っていますが、一人でも多く、心から復興を感じられるようになることを願っています。

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン