【今週の一冊】死の美術大全_ジョアンナ・エーベンシュタイン (編集)

Vermeer

公開:

0 なるほど
463 VIEW
0 コメント

この本では絵画から写真まで、白骨からミイラ、死後の世界まであります。

絵画はぞくぞくするだけですが、写真はかなり不気味でグロテスクです。

19世紀末の遺体と一緒にカメラでポーズを撮っている写真の数々。

死の捉え方が私の感覚とあまりにもかけ離れていて困惑します。

死=厳かなものだけではない世界が広がっています。

私の感覚がおかしいのか、この画集がおかしいのか・・・。

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン