戦争の慰霊碑はご近所にも

akaheru

公開:

4 なるほど
232 VIEW
3 コメント

「ローラー滑り台を滑りたいよう!」

我が家の息子が突然そんなことを言い出しました。

どうやら、部屋の隅にしまっていたプラスチックのそりを見つけたのがその原因。

ばあばの家の近くの公園に大きなローラー滑り台があって、昔そのそりで良く滑って遊んでいたのを思い出したようです。

早速ローラー滑り台がある公園を探すことに。どうせなら長い滑り台を、と色々見たところ横浜の三ツ沢公園にあることが分かりました。(横浜で一番長い、と紹介しているサイトもありました)

三ツ沢公園と言えばJリーグ横浜FCの本拠地があるところ。家からも近くて何度か足も運んだことがあったのですが、ローラー滑り台なんて見た記憶がありません。

とりあえずみんなで行ってみることにしました。

滑り台に向かう道中見かけたものは?

三ツ沢公園に到着後、園内マップをチェックします。

よくみると一番奥に「子供の遊び場」という場所があるではありませんか。そんなに奥に遊び場が・・・チェックが甘かったと反省しながらそちらに向かっていったところ、なにやら巨大なオブジェを発見しました。

随分と大きいけどこれはいったい・・・?
随分と大きいけどこれはいったい・・・?

オブジェ左わきにある説明書きによると、これは西南戦争から第二次世界大戦までの戦争犠牲者のために建てられた慰霊碑とのこと。

戦争は「ここ横浜にもあった」ことを忘れてはいけない

第二次世界大戦ではここ横浜も大空襲にあっていて、昭和20(1945)年5月29日の横浜大空襲では約1万人の方が命を落としたとも言われています。

この近くに越してきてもう何年も経ちますが、恥ずかしながら初めてその慰霊碑の存在を知りました。

子供達もこの大きな塔がなにか気になっていた様子だったので説明し、みんなでお祈りをしたうえでしばしこの慰霊碑を眺めました。

私は父親が広島出身で、帰省の際はよく平和公園に足を運んだものです。一方、母方の祖母は生まれも育ちも横浜で、こちらの祖母の方が家も近いこともあり良く会いました。ただ、横浜の祖母と「戦争の体験」はあまり、というかまったく結びつかないことにふと気が付きました。それは広島の資料館で見た「戦争」というものがあまりにも強烈だったから、どうしても戦争と聞いて結びつくのが広島の祖父母だったのかもしれません。

当たり前のことですが、広島、長崎に限らずあの時代を生きた人はみな戦争を体験していて必死で生き抜いてくれた人たちです。その人たちが生きてくれたおかげで今の自分たちが存在しています。

広島には父、祖父母のお墓参りのためにもまたいずれ行く予定で、その際には平和公園で子供達とお祈りをしてこようと思っていますが、ここ横浜でもご先祖様に感謝することを怠ってはいけないな、と気づかされました。

今ある平和が当たり前のものではない、ということを忘れないためにも、たまに足を運ぼうと思います。

この公園に「連れてきてくれた」息子に感謝です。

もはや自分の中でおまけとなったローラー滑り台ですが、たしかに長い!(下が見えない)急こう配に作られているので、滑り切った後に登るのが大変でした・・・。もうちょい運動しないと。
もはや自分の中でおまけとなったローラー滑り台ですが、たしかに長い!(下が見えない)急こう配に作られているので、滑り切った後に登るのが大変でした・・・。もうちょい運動しないと。

最終更新:

コメント(3

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン

  • P

    pamapama

    歳とともにこういう「碑」を見つけると「由来・言われ」に興味が行くようになりましたが、自分の経験上「悲しいことがきっかけ」の碑が多い気がします。大事にしたいですね。

  • B

    baikinman

    実は身近な場所にこういう場所があるのかもしれませんね。
    見つけたらチェックするっていうのは大事だなぁと、記事を読んでいて思いました。
    ありがとうございます。

  • C

    cha_chan

    自分もakaheruさん同様、戦争というと長崎の祖父母のことが真っ先に頭に浮かび、一緒に暮らしていた静岡の祖父母にはなかなか結びつかないです。もう静岡の祖父母は二人とも他界してしまい直接話を聞くことができないのが悔やまれます。