行ってみよう!〈アサヒビール神奈川工場〉

baikinman

公開:

5 なるほど
213 VIEW
8 コメント
アサヒビール神奈川工場
アサヒビール神奈川工場

『週末に子ども達とどこへ出かけよう??』なんて悩むとき、工場見学へ行くことがあります。

自分たちが口にしているものが、どんな風にできあがるかを見るのは、子ども達も楽しいようです。

なにより、お金がかからず試食や試飲、お土産までゲットできることも魅力!!

ということで、今回は神奈川県南足柄市にある『アサヒビール神奈川工場』に行きました!

まずは予約

工場見学は予約が必要な場所と、必要でない場所があります。

事前にホームページなどで、予約の有無を確認することをお勧めします。

工場見学のお申し込み | 神奈川工場 | 行こう!工場見学!! | アサヒビール
 工場見学のお申し込み | 神奈川工場 | 行こう!工場見学!! | アサヒビール
factory.asahibeer.co.jp  

今回は、インターネットから予約をしました。

我が家は1か月前から予約してスタンバイ。

いざ工場見学へ!

映写室

映写室

工場見学の前にアサヒビールの取り組みや秘密についての上映会。

三ツ矢サイダーのパッケージの水玉の秘密を知ることができます。

仕込室

仕込室

いよいよ工場見学!

まず見えてきたのは、大きな釜。

この中で原料を煮込み、ビールの元となる麦汁(ばくじゅう)をつくります。

原料の展示

原料の展示

ビールの主な原料である、麦芽やホップをさわることができます。

ホップを割って、匂いを嗅ぐとビールの香りが♪

ビールの色は麦芽の色で決まるらしく、黒ビールは麦芽をローストしてできる色だそうです。

濾過槽

濾過槽

仕込槽でできた麦汁をろ過して、ビール酵母を加え発酵させます。

酵母が麦汁の中の糖分を炭酸ガスとアルコールに分解します。

約1週間で若ビールができあがり、0度でさらに数十日間ゆっくりと熟成させてビールが完成します。

直径8.5m、高さ20mの屋外発酵熟成タンク
直径8.5m、高さ20mの屋外発酵熟成タンク

屋外を見ると巨大なタンクを発見。

ここで案内のお姉さんからクイズが!

「タンク1本には500,000lのビールが入っています。350mlの缶ビールに換算すると約143万本で、毎日1本ずつ飲んでいくと全部飲み干すのに何年かかるでしょう?」

正解は。。。

約4000年かかるそうです。

箱詰めライン
箱詰めライン
できあがったビールを、缶に詰めるライン
できあがったビールを、缶に詰めるライン
1分間にできる350ml缶ビールは1,500本
1分間にできる350ml缶ビールは1,500本

いよいよできあがったビールを、缶や瓶に詰める製造ライン!

運よく缶の製造ラインは稼働していました。

工場見学では、土日にラインを止めていることもあるので注意が必要です。

アサヒビールの取り組み

麦芽の殻は飼料や肥料に
麦芽の殻は飼料や肥料に
ごみの分別
ごみの分別
遊びながら分別を学べる
遊びながら分別を学べる

環境に対しての取り組みも紹介されています。

ごみの分別を徹底している場所も、見学することができました。

アサヒビールでは徹底したごみの分別によって、再資源化を行っているそうです。

品質管理室

品質管理室

最後は品質管理室。

ここで、味、香り、泡立ち、色などの品質を厳しく管理しているそうです。

最後のお楽しみ♪

最後にお楽しみの試飲会!!

20分間で、一人タンブラーで3杯までビールが飲めます。

出来立てのビールはうまい!!!

入れ方が良いのか、泡がクリーミー♪

とはいえ、こんな短い時間で3杯はちょいきつい。。。

でもすべて試飲したかったので、2杯目からは半分に。。。

アサヒスーパードライ
アサヒスーパードライ
アサヒスーパードライプレミアム
アサヒスーパードライプレミアム
アサヒスーパードライ ドライブラック
アサヒスーパードライ ドライブラック

子供たちはビールは飲めませんので、アサヒのジュースが配られます。(我が家の子供たちは2本飲んでいました。。。)

運転手はノンアルコールビール。

さすがにビール工場だけあり、運転手が飲酒しないようにネームプレートを首から下げて見分けがつくようにしていました。

三ツ矢サイダーとジャム
三ツ矢サイダーとジャム
配られたおつまみ(お土産屋さんで100円で売っていました)
配られたおつまみ(お土産屋さんで100円で売っていました)

三ツ矢サイダーの変わった飲み方として、イチゴジャムを入れていました。

混ぜすぎると炭酸が抜けてしまうので、ほんの少しだけ混ぜます。

まとめ

見学時間90分をあっという間に楽しく過ごしました。

お土産に子ども達は三ツ矢サイダーをもらい大喜び。

楽しく学ぶなら、工場見学がお勧めです!

最終更新:

コメント(8

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン

  • O

    orangeoor18

    大人だけでも楽しめそうです。参考にさせていただきます。
    ちなみにこの周辺は花見シーズンによく行きます。3月中頃になると桜が咲き、南足柄から小田原までの間には花見スポットがたくさんありますよ。

  • J

    jina

    スーパードライが出来立てだからか、神々しい!!ゴールドに輝いていますね!
    おいしそう!!!

    私的にはできたてのドライブラックを飲んでみたい!
    早速行っちゃいます^^

    アサヒよりサッポロ派なのでサッポロの工場見学したいな~

  • P

    pamapama

    わたしはどんな工場でも見学したいほど工場好きなのですが、中でも一番行きたいのがビール工場です。ただしそうなると「飲みたい私」VS「運転が嫌いな嫁」の戦いになるので勝てるはずがありません(涙)。

    • B

      baikinman

      確かに飲みたい人にはつらいですね。
      私たちグループの後に、団体のおじ様たちが来ていました。
      ご機嫌で「かんぱ~い♪」とやっていて、見学なのか飲み会なのか分からない状況でした(笑)

    • A

      akaheru

      自分もキリンのビール工場見学に行ったことがあります。(飲めるし)最高に楽しいですよね!

      子どもたちもジュースを貰ってごきげんでした。どんな工程で作られるのか見るのもいい経験。次はどこに行きましょうかね。

      • B

        baikinman

        我が家はシャトレーゼの工場見学を狙っています。
        アイスの試食があるので、子ども達たちが喜びそうです。
        こちらも要予約だそうです。

      • C

        cha_chan

        工場見学に予約が必要な場所があるということを初めて知りました!工場見学と言えば、浜松のうなぎパイファクトリーには予約無しで何回か行きました。調べてみたら予約するとコンシェルジュが付いてくれたり、子供向けのツアーの申し込みができるようです。次回は必ず予約してから行きます!

        • B

          baikinman

          我が家もうなぎパイファクトリーへは予約なしで行きましたが、後々気づいて予約すればよかったと後悔・・・。
          なかなか行ける機会もありませんし。
          せっかく行くなら予約た方が子供たちの学びも深そうです。