行ってみよう!〈キリンビール 仙台工場〉

baikinman

公開:

6 なるほど
1,993 VIEW
8 コメント
キリンビール 仙台工場
キリンビール 仙台工場

自分たちが口にしているものが、どんな風にできあがるかを知ることが出来る工場見学。

今回は宮城県仙台市にある『キリンビール 仙台工場』に行きました!

ここでは『キリン一番搾り生ビール』を作っています♪

まずは予約

工場見学は予約が必要な場所と、必要でない場所があります。

事前にホームページなどで、予約の有無を確認することをお勧めします。

キリンビール 仙台工場は、3ヶ月前からインターネット予約が可能でした。

キリン一番搾り おいしさの秘密発見ツアー|キリンビール 仙台工場(宮城県)|キリンの工場見学|キリン
 キリン一番搾り おいしさの秘密発見ツアー|キリンビール 仙台工場(宮城県)|キリンの工場見学|キリン
www.kirin.co.jp  

まずは上映会

毎度おなじみの、見学前の上映会。

キリンビールでは、CMキャラクターの堤真一さんや石田ゆり子さんが一番搾りの美味しさをお話していました。

比較的さらっと終わってしまい、ちょっと拍子抜けな感じです。

いざ工場見学へ!

日本産ホップ「IBUKI」について
日本産ホップ「IBUKI」について
ホップの木って大きい!!
ホップの木って大きい!!
遠野ホップ
遠野ホップ

工場に移動して、見学スタート!

まずはビールの原料の一つホップについて。

ホップがこんなに大きな木だったなんて知りませんでした。

東北は国産ホップの一大生産地で、キリンビールは国内ホップの活性化に取り組んでいるそうです。

ホップと麦芽
ホップと麦芽
ホップ
ホップ
麦芽の試食
麦芽の試食

ここではホップをちぎって、香りをかぎました。

そして麦芽の試食もあります。

カリカリと香ばしく、結構おいしい!

なかなか麦芽を食べる機会はないので、テンションが上がります。

仕込み風景
仕込み風景
ここで麦汁が作られます
ここで麦汁が作られます
発酵・貯蔵タンクの大きさは直径6m
発酵・貯蔵タンクの大きさは直径6m

お次は仕込みです。

麦芽を煮込んで麦汁をつくります。

一番搾りとは名前の通り、一番搾りの麦汁だけを使ったビールなのだそうです。

一番搾りとは、ビール業界の用語で、ビール製造時に、原料のもろみの自重だけで自然に流れだしてくる麦汁のこと。キリン一番搾り生ビールは、この一番搾り麦汁のみを使用しており、後述する二番搾り麦汁を使用していない。キリンビールによれば、これによって渋みが少なく、さっぱりとしたビールが製造できるという。

一番搾り麦汁を搾ったあとに湯を撒いて搾り出される麦汁を、二番搾り麦汁という。古くから、一番搾り麦汁と二番搾り麦汁では味に違いがあることは分かっていたが、製造工程上、両者を分けることが困難だったため、一番搾り麦汁のみを使用したビールが製品化されることはなかった。

キリン一番搾り生ビール - Wikipedia

麦汁にホップを加えてビール独特の香りと苦みを引き出すそうです。

ホップを加えた麦汁に酵母を加えて発酵させ、低温貯蔵します。

貯蔵タンク
貯蔵タンク
低温貯蔵の温度を体感できる
低温貯蔵の温度を体感できる

次に進むとなんと麦汁の試飲が!!

一番搾りと二番絞りの違いは、やっぱり飲んでみないと分からない。

試飲会場
試飲会場
左:二番絞り、右:一番搾り
左:二番絞り、右:一番搾り

飲んでみると、一番搾りは甘い麦茶。

二番絞りは薄い麦茶のような味でした。

個人的には美味しくないです。

パッケージング工場は別棟
パッケージング工場は別棟
休日でしたが、缶ビールのパッケージは稼働
休日でしたが、缶ビールのパッケージは稼働
缶ビールの蓋つけの実演
缶ビールの蓋つけの実演

お次はパッケージング工場。

缶ビールのパッケージでは、規定量が入っていないビールははじかれていました。

そして、缶の蓋つけの実演もあり、一番搾りの貯金箱が出来上がり。

じゃんけん勝者がお土産にもらっていました。

最後のお楽しみ♪

左:キリン一番搾り〈黒生〉、中:キリン一番搾り生ビール、右:一番搾りプレミアム
左:キリン一番搾り〈黒生〉、中:キリン一番搾り生ビール、右:一番搾りプレミアム

最後にお楽しみの試飲会!!

20分間で、一人3杯までビールが飲めます。

未成年やドライバーにはソフトドリンクがもらえます。

おつまみは柿の種。

3種類を飲み比べてみて、個人的に一番好きなのは一番搾りプレミアムでした。

フルーティーで美味しい。最高でした!!

大人用
大人用
子どもはビスケットに変更可能
子どもはビスケットに変更可能

まとめ

実際に原料の麦芽を食べたり、一番搾りと二番絞りの試飲ができるのは、アサヒビール神奈川工場の見学にはなく面白かったです。

こうやって原料を食べさせてくれたり、途中段階の麦汁を試飲させてくれるのは、原料や工程に自信があるからこそなのだと感じました。

東日本大震災で被災したキリンビール 仙台工場ですが、敷地内を見ても目立った被災の痕跡もありません。

活気の感じる工場でした。

行ってみよう!〈アサヒビール神奈川工場〉 by baikinman
 行ってみよう!〈アサヒビール神奈川工場〉 by baikinman
potaru.com

最終更新:

コメント(8

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン

  • O

    orangeoor18

    今回も楽しそうな工場見学ですね。
    > 実際に原料の麦芽を食べたり、一番搾りと二番絞りの試飲ができるのは、アサヒビール神奈川工場の見学にはなく面白かったです。
    同じビールでも、見学内容に違いがあるのは面白いですね。
    あまりお酒は得意ではないのですが、お酒に限らずこうした工場見学に行ってみたくなりました。

    • B

      baikinman

      食べ物・飲み物系の工場見学はテンションが上がりますね。
      お次は食べない工場見学もしてみなければ。

    • C

      cha_chan

      お酒が飲めないので、写真を見るだけで酔っぱらいそう(汗)でも飲める人にとっては、社会勉強ができて、ただで搾りたてのビールも飲めて最高の場所ですね!引き続き工場見学シリーズを楽しみにしています。

      • B

        baikinman

        飲めない人に、ノンアルコールビールやジュースが配られます。
        飲めなくても楽しめますので、ぜひ行ってみてください!

      • P

        pamapama

        ビール大好きなので工場見学は憧れのイベントです♪まあワインもウイスキーも好きなので公共交通機関でいけるところはすべて制覇したいぐらいです。生涯かけてでも(*^-^*)

        • B

          baikinman

          まずは近場のベアードビールの工場見学でしょうか。
          地ビールの工場見学も行ってみたい。

        • A

          akaheru

          私も生麦にあるキリン横浜工場へ見学に行ったことがあります!

          タダでビールを美味しく頂いた後、工場に併設されているレストランで更に乾杯しました♪

          こんな楽しい工場見学はなかなかありません(笑)

          • B

            baikinman

            運転手がいてくれるおかげでいつも美味しく飲めることに感謝です。

            アルコールは飲めませんが、子供も楽しそうですよ。