餅つき大会の反省会を通じて考えた地域の課題

akaheru

公開:

5 なるほど
536 VIEW
8 コメント

先日、住んでいるマンション内で餅つき大会が開催されました。

他のお祭り同様に、毎年実施している大切なイベント。

その年の役員総出で、もち米をお釜で蒸す係、餅つき係、餅の味付け係など分担して数十人でわいわい取り組みます。

味は今年もきなこ、あんこ、大根おろしなど5種類を用意!

住民の皆さまへできたての餅を配りながら全ての作業が並行して行われる為、チームワークが大切で、餅の在庫を切らさないように、かつ在庫が偏りすぎないように作り続けるのは非常に大変でしたが、みんなで楽しく取り組めました(すんごい寒かったけど)。

また、餅つきはお餅をもらいにきた子供たちにも手伝ってもらいます。滅多にできることではありませんので、子供たちも嬉々として取り組みます。我が家の子供たちも何度もその列に並んでいました。

この臼と杵でお餅つきです。みんなで交代で行います。
この臼と杵でお餅つきです。みんなで交代で行います。
釜とせいろでもち米を蒸します。
釜とせいろでもち米を蒸します。
餅を返すテクニックが非常に重要とのことです。
餅を返すテクニックが非常に重要とのことです。

餅つき大会の反省会にて

お餅つき大会の後、みんなでささやかな打ち上げを兼ねて反省会を開催しました。

そこでは準備の問題点や味付けの反省などいくつかの課題が挙げられたのですが、その他に下記のような意見がありました。

1.もち米の蒸し加減は経験がいるため、そこは特定の人に毎年やってもらっているがそろそろ跡継ぎが必要。

2.ただ、世代交代は行いつつも衛生上の問題を発生させないためには、ある程度経験のある人は毎度いた方がいい。(いてもらいたい)

聞くところによると、衛生上の観点から他のお祭よりも注意を払う必要があるため、この近所の町内会では餅つきのイベントを継続しているところが非常に少なくなってきているとのことです。

確かに、今回のイベントを振り返ってみると、前日から臼と杵を熱湯で殺菌したり、お釜やお米をむす時に使う布の消毒などを行うといった準備はやはりいくらマニュアルを残していても、経験者がいないとなんとなく不安だと思います。
(今回も結局毎年中心になってくれる方にかなり助けられました・・・)

跡継ぎ問題がなかなか進まない背景は?

この餅つきイベントの後継者問題ですが、自分は役員制度の根本的な改革が必要ではないかと思います。

基本的に私の住むマンションの役員は輪番制で、約10年に一度の周期でまわってきます。

任期は一年なのですが、いざやってみると結構大変なのです。イベント開催日の近くになると週末はかなり忙しくなります。おまけにみんな久しぶりの役員、もしくは初めてやります、といった人たちのみとなるため、かなり手探り状態になります。そのため、なにをやるにも時間がかかるのです。

なんとか1年の任期が終わると、そこで次の人に交代になるのですが、次の人もよくわからずスタートするためやっぱり苦労します。(引継ぎ書もありますが、実際にやってみないとイメージがわかないところが結構あるのです)

そのサイクルが続いていく中、「これではいけない」と立ち上がる人達が一定数いて、その人達は任期後も積極的にイベントに顔を出してみんなのフォローをするのですが、そういった人たちがその後マンション内のイベントの達人になっていきます。

そしてその達人たちはコミュニティで欠かせない存在になり、みんなから愛されるとてもありがたい存在になるのですが、その分負担も大きいのです。

その姿を見ていると、この人がいてくれて本当に良かった、と思うと同時に「このポジションになったら大変だぞ・・・とも思ってしまうのです。

なによりも「楽しいコミュニティづくり」が解決の鍵

よくよく考えてみると、「一度あのポジションまでいってしまったら最後、もう抜けられない」と警戒しなければいけない状況こそが問題なのではと感じます。

そうならないためには、特定の人が無理して頑張るのではなく常に何らかの形でみんなでイベントに関わっていく姿が必要なのではないでしょうか。

本来地域のイベントは楽しいもののはずです。「今年一年は役員だから我慢してがんばらないと」と考えている時点で楽しめていないのです。

誰もやらないから自分が、ということではなく、みんなが前のめりになってイベントに参加して、「早く来年のお祭り来ないかな」と思える環境づくりができたら最高だと思います。

それには、日ごろから隣近所とコミュニケーションをとりあいながら、そこでの生活自体をオープンに楽しむことが重要だと思います。

それがやがて「みんなが自発的に参加する街づくり」につながっていき、活気あふれるコミュニティになっていくとも思うのです。

そんなことを考えた餅つきイベントでした。

最終更新:

コメント(8

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン

  • B

    baikinman

    我が家は祖母の家で餅つきをすることが恒例でした。今では祖母も亡くなり、私の実家で餅つきをやっていますが、臼と杵ではなく餅つき機です・・・。

    日本の文化を伝えるという意味でも、地域で本物の餅つきを体験できるのはうらやましいです。

    • A

      akaheru

      確かに本物の臼と杵で餅つきができる機会はそうないですよね。道具のメンテナンスも必要で、その作業ができる人材の跡継ぎも育てなければなのですが・・・。

    • C

      cha_chan

      ちょうど地区の組長をやっていますが、昨年から月に1回組内で会合を行うことにしました。目的はみんなで顔を合わせてコミュニケーションの機会を作るためです。1人暮らしのお年寄りを見守ることにもなります。日ごろからご近所さんと関わることで、防犯や防災にも役立つと考えています。

      会合には毎回来る人、来ない人がハッキリ分かれます。どうやったら、みんなが参加してくれるか、巻き込んでいけるかが悩ましいところです。

      • A

        akaheru

        うちの役員会も月一で会合があります。同じく来てくれる人、そして来られない人がいるのですが、来られない人の中にはさらに「週末が仕事でどうしてもいけない」と申し出てくれる人と連絡もくれない人です。後者の人達に無理なく参加してもらうには、というところも今後の課題だと思っています。

      • J

        jina

        餅つき大会楽しそう!
        私はそもそも近所付き合いが苦手です。マンションに住んでいた頃、毎日一緒に遊ぶママ友達ができてしまい、それが段々毎日遊ばなければいけないとか、付き合い方の境界線がなくなるというか、自分のペースが保てなくなった経験から、ご近所だからこそ自分のペースを崩されないよう、付き合い方に警戒しまう現状です。。
        餅つきに参加して役員の今後のことまでお考えになるのは非常に意識が高く優しいお人柄だからだと思いました。私も見習わないと!
        あとお餅にむさぼりつく娘さんの姿が見たかった笑まだお餅は食べられないのかな?

        • A

          akaheru

          確かに、付き合いが負担になってしまってはただただ息苦しいだけですよね。それぞれのペースで参加できる形ができればいいなあと思っています。

          うちのマンションの入り口で、幼稚園バスを見送った後、延々と話し込んでいるママたちを見かけたことがありますが、きっと何人かは早く帰って家事したいんだろうなあ、と余計な心配をしています。

          尚、うちの娘は大人1.5人分のお餅をしっかり完食です( 一一)

        • P

          pamapama

          ウチのマンションの役員も輪番制ですが、任期は2年で、半分ずつ入れ替わります。1年目は軽い役で経験を積んで、2年目は中心メンバーになるといった感じです。2年は長いですが、その分次に回ってくるのが遅くなることになるわけです。それとは別の輪番制で自治会の役員も回ってきます。どちらもやる前はイヤだし不安だけど、いざ中に入ってしまうと案外平気でできるもんだなということも多いですね。

          • A

            akaheru

            2年任期で半分ずつ入れ替えなんですね!?自分も絶対それがいいと思います。

            ただ、それをいつから始めるかできっとひと悶着起こります。「なぜ自分の代から2年に・・・」と。でも誰かが始めないといけないんですよね!