【復興支援ツアー2017レポート】熊本地震から1年半 熊本、大分の今を知る旅 by akaheru

akaheru

公開:

5 なるほど
364 VIEW
0 コメント

毎年催行している復興応援ツアー。今年は熊本地震の被害を受けた熊本、大分が目的地。

昨年までは、東日本大震災で被害を受けた地域に足を運んできましたので、熊本地震の被災地を震災後に訪れるのは初。現地でしか見ることができない、聞くことができない「今」を探しに行ってきました。

○日程
2017年10月20日(金)~2017年10月23日(月)

〇参加メンバー
自分 :神奈川在住、現在40歳。アラフォーです。
妻  :国内外問わず超旅行好き。アラフォーです。
息子 :4歳。乗り鉄です。
娘  :魔の2歳児。肉が大好きです

1日目(10月20日)

ツアー初日です。予定通り熊本空港へ到着。レンタカーでさっそく出発です。

最初に向かったのは、益城町の復興商店街です。

この復興商店街は10月末での閉鎖が決まっていたので、閉鎖前に一度訪れてみたいと思い最初に訪問をいたしました。

右側に見えるのが仮設商店街です。

 益城町復興市場屋台村|益城町商工会・まちづくり益城
mashiki-machi.jp  

中に入ってみると、まだ営業中のはずだったのですが、施設の大半が片付けられていました・・・。

施設内で作業をされていた商店街運営の方に話を聞いてみると、予定であった10月末よりも早めの解体が急きょ決まったとのことです。

ここは、震災により被害を受けたスーパーの駐車場に建てられていたのですが、そのスーパーの建て直しが早まったことがその理由でした。

ここで働かれていた方々は、約半数の方が近隣で新たに店舗を構え、半数の方は引退されるとのことでした。

建物の横は工事の真っ最中でした。
建物の横は工事の真っ最中でした。
商店街の中にはたくさんの応援メッセージが所狭しと書かれていました
商店街の中にはたくさんの応援メッセージが所狭しと書かれていました

今困っていることの一つが、現在も各地で建て直しの工事が行われているためなかなか業者さんがつかまらないということです。(中には、工事を依頼したところ、2年後になると言われてしまったという話もあるようです)

復興商店街の隣のスーパーにはこんなメッセージが飾られていました
復興商店街の隣のスーパーにはこんなメッセージが飾られていました

お店で働いていた方とは話ができなかったため、復興商店街の周りを少し歩いてみると、昔ながらのお饅頭屋さんを見かけたのでお饅頭を頂きつつ話を伺いました。

そのお饅頭屋さんは建物の一部を損壊したものの、3か月後には復帰をしたとのことです。(地元の皆さんへ感謝の気持ちを込めて元々80円の商品を60円などに値下げをしているとのことです!)

ただ、売上は震災前の三分の一にまで減ってしまっているとのことです。これは、仮設住宅に移住するなどで近くに住む人が減ってしまっていることが大きな原因となってしまっているようです。

やはり、まだまだ震災の影響は大きいと感じました。

もう少し益城町を歩きたかったのですが、この後の予定も押し気味だったため移動です。次は熊本城見学の為、熊本市の中心地へ。

熊本城ではガイドをお願いしていたのですが、その前にまずは熊本城のふもとの観光施設「城彩苑」でお昼ご飯です。

やっぱり太平燕は一度食べませんとね♪
やっぱり太平燕は一度食べませんとね♪

食事&休憩後、ガイドさんと待ち合わせをしていた場所で落ち合い、早速熊本城見学で
す。

ガイドは「くまもとよかとこ案内人の会」にお願いをいたしました。

 今こそ熊本城 外回り60分コース|観光ボランティアガイド くまもとよかとこ案内人の会
www.k-yokatoko.com  

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン