山登りのススメ Vol.7 ~鳳凰三山~

sKenji

公開:

3 なるほど
3,516 VIEW
0 コメント
天空の道
天空の道

10月の三連休最終日、日帰りで南アルプス・鳳凰三山を登ってきました。

鳳凰三山は山梨県にある山で日本百名山のひとつです。地蔵岳・観音岳・薬師岳の三山を総称して鳳凰三山と呼びます。古くから信仰の山として知られており、最高峰は観音岳で標高2840m。地蔵岳(2764m)の山頂は、オベリスクと呼ばれる高さ18メートルの岩峰となっており、甲府盆地からもこの巨石を見ることができます。

オベリスクを初めて登ったのは、日本アルプスを海外に紹介した英国人宣教師ウォルター・ウェストンと言われています。薬師岳(2780m)の頂上は、平らで広々としており、富士山や北岳などの南アルプスの山々を一望できます。

日本アルプスの入門的な山であり、山登りを始めたばかりの方も多く訪れる人気の山です。

鳳凰三山

鳳凰三山は、噂通りの名峰でした。

秋の鮮やかな青空にスッと伸びる地蔵岳のオベリスク。観音岳から薬師岳に連なる花崗岩の白い砂地に覆われた山稜。山頂から見える南アルプスの秀麗な山々。コース途中にある名瀑。すべてが美しく、登山の喜びを改めて実感した山登りでした。

今回は、青木鉱泉からドンドコ沢コースを登り、地蔵岳、観音岳、薬師岳を登った後に、中道コースを下って、青木鉱泉に戻りました。

日が短い10月ということに加え、出発時間が朝6:30と遅かったために、先を急いだのですが、美しい滝や山頂からの景色についつい見惚れて、気が付くと時間が過ぎてしまっていました。見どころが多いため、通常よりも時間に余裕を持った計画をおすすめします。

 青木鉱泉の公式サイト:登山ルートマップ
www1.odn.ne.jp  

青木鉱泉登山口 → 鳳凰小屋

青木鉱泉から鳳凰小屋までは、ドンドコ沢コースを歩きます。登山口から地蔵岳までは、樹林帯歩きが続きます。

青木鉱泉の登山口近くにて。朝日により山が朱色に染まっていました。
青木鉱泉の登山口近くにて。朝日により山が朱色に染まっていました。
朝日が森に差し込んで、木々の緑が美しいです。
朝日が森に差し込んで、木々の緑が美しいです。
登山口から南精進ヶ滝へ行く途中。この辺りはまだ紅葉は始まっていませんでした。
登山口から南精進ヶ滝へ行く途中。この辺りはまだ紅葉は始まっていませんでした。

ドンドコ沢コースは、長い登りが続き、木々に覆われたコースですが、途中に、南精進ヶ滝、鳳凰の滝、白糸の滝、 五色の滝があり、休憩をとりながら、登ることができる素晴らしいコースだと思います。いずれの滝も名瀑で必見です。

南精進ヶ滝。
南精進ヶ滝。
鳳凰の滝。
鳳凰の滝。
白糸の滝。
白糸の滝。
白糸の滝から五色の滝へ行く途中。
白糸の滝から五色の滝へ行く途中。
五色の滝。滝つぼまで行くことができます。
五色の滝。滝つぼまで行くことができます。
五色の滝の滝つぼ付近。ガスがかかっていました。
五色の滝の滝つぼ付近。ガスがかかっていました。
林の左奥に見える山が地蔵岳。よく見れば写真でもオベリスクの巨石が小さいながらも確認できます。
林の左奥に見える山が地蔵岳。よく見れば写真でもオベリスクの巨石が小さいながらも確認できます。
鳳凰小屋の手前にて。
鳳凰小屋の手前にて。

ただし、鳳凰小屋の方の話では、ドンドコ沢は事故が多いコースとのことでした。私がドンドコ沢コースを登っている時も、二日前に滑落した人が偶然見つかり、救助活動が行われているところでした。前日も、やはり遭難者がいたらしく、救助のヘリが飛んだとのことです。事故があった時のことも考えて複数での登山をおすすめします。

鳳凰小屋。
鳳凰小屋。
色づき始めたナナカマド。鳳凰小屋にて。
色づき始めたナナカマド。鳳凰小屋にて。

鳳凰小屋 → 地蔵岳

地蔵岳直下に広がる、賽の河原と呼ばれる白い砂地までは樹林帯が続きます。

賽の河原が見えてくると、頂上はすぐ目の前なのですが、最後の登り坂が砂地となっており、足を取られて、想像以上に時間と体力をつかいます。砂地を登りきったところが、賽の河原であり、小さなお地蔵様がいくつも並べられています。

このお地蔵様は、子授け地蔵と呼ばれ、子宝に恵まれない人が、お地蔵様を背負って下山し、子供が授かったら2体にして返す風習があるそうです。

賽の河原下にて。
賽の河原下にて。
登りきったところが賽の河原。
登りきったところが賽の河原。
地蔵岳。左の岩峰がオベリスク。
地蔵岳。左の岩峰がオベリスク。
砂地とオベリスクの組み合わせが美しいです。
砂地とオベリスクの組み合わせが美しいです。
鮮やかな空に、突き刺さるようにそびえるオベリスク。
鮮やかな空に、突き刺さるようにそびえるオベリスク。
賽の河原にある子授け地蔵。
賽の河原にある子授け地蔵。
賽の河原より青木鉱泉方面の眺望。
賽の河原より青木鉱泉方面の眺望。
雲海に浮かぶ甲斐駒ケ岳。
雲海に浮かぶ甲斐駒ケ岳。

オベリスクは上まで登ることは可能ですが、少しでも怖さや不安を感じた方は、
絶対に登らない方がいいかと思います。

オベリスクの上から、賽の河原を撮影。
オベリスクの上から、賽の河原を撮影。
オベリスクの上はこんな感じです。
オベリスクの上はこんな感じです。
オベリスク天辺からの光景。
オベリスク天辺からの光景。

地蔵岳 → 鳳凰三山最高峰・観音岳

地蔵岳から薬師岳までの縦走が今回のハイライトになります。

無数の岩とハイマツ、そして、南アルプスの山並みを見ながらの雲の上の縦走は格別でした。賽の河原から10分ほど登った赤抜沢ノ頭からは、ひときわ美しいオベリスクを
見ることができます。

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン