奄美群島への行きかた(フェリー編)

tanoshimasan

公開:

1 なるほど
1,855 VIEW
0 コメント
沖永良部島に到着するクイーンコーラル8
沖永良部島に到着するクイーンコーラル8

■行き先:奄美大島、徳之島、沖永良部島、与論島、沖縄

■乗る船
【マリックスライン】・・・クイーンコーラル8、クイーンコーラルプラス
【マルエーフェリー】・・・フェリーあけぼの、フェリー波之上

※1日1便。毎日2社が交互に運航。

■経 路

鹿児島新港 ⇒ 奄美大島 ⇒ 徳之島 ⇒ 沖永良部島 ⇒ 与論島 ⇒ 本部 ⇒ 那覇

鹿児島(鹿児島新港)
奄美大島(名瀬港)
徳之島(亀徳港)
沖永良部島(和泊港)
与論島(与論港)
沖縄(本部港)
沖縄(那覇港)


■料金目安(鹿児島~奄美大島~徳之島~沖永良部島~与論島~沖縄、往復)
・約20,000円(鹿児島~奄美大島間)(※2等客室を利用)
・約30,000円(鹿児島~沖縄・那覇間)(※2等客室を利用)

※各種割引あり
※最終目的地までに停泊する島々において途中下船可
 (1週間有効。下船の都度、船内にて手続きが必要)
※マリックスライン、マルエーフェリーの相互利用可

 奄美・沖縄航路に就航する「マリックスライン」の公式HPはこちら
www.marixline.com  

時刻表、運賃表、運行情報が載っています。

 奄美・沖縄航路に就航する「マルエーフェリー」の公式HPはこちら
www.aline-ferry.com  

時刻表、運賃表、運行情報が載っています。

無理のないモデルプラン

●その1.どの島に行きたいか決める

旅程に合わせてどの島で何日過ごすか決めましょう。

奄美航路においてフェリーを利用する最大のメリットは、【途中下船が可能】という点!例えば、那覇港行きのチケットを購入すると、船内で手続きを済ませれば、全ての島めぐりが可能ということになります!大型フェリー航路においては珍しい制度ですね!

時間のある人はぜひ、これを活用してみてはいかがでしょうか!
(※1週間有効)

天文館、買い物等はこのあたりが便利

天文館、買い物等はこのあたりが便利

●その2.まずは鹿児島市内へ!

鹿児島市内へは、飛行機、高速バス、電車・新幹線など、定番の交通機関にて!

「鹿児島中央駅」(電車、バス)か「天文館」(市電、バス)での下車が便利です!

【フェリーの出港時刻は18時】ですので、それまでの時間はこれらの繁華街にて過ごすのがオススメ!

●その3.鹿児島市内から鹿児島新港へ!

注意したいのは、船の発着場所が【鹿児島港ではなく、鹿児島新港】という点!
「鹿児島中央駅」、「天文館」から鹿児島新港へは、若干の距離があります。
鹿児島港なら徒歩圏内ですが、鹿児島新港まで歩くのはややキビシイかも知れません。

出港時刻に合わせて運航しているシャトルバスを利用しましょう!(片道150円)

※鹿児島市電でもある程度近づくことは出来ます。
 その場合は「新屋敷」電停から徒歩15分です。

 鹿児島新港行きのシャトルバス情報はこちら
www.marix-line.co.jp  

「シャトルバス運行ダイヤ」(マリックスライン公式HP)

●その4.鹿児島新港から奄美群島へ

奄美・沖縄航路では、マリックスライン、マルエーフェリーの2社4隻の船が就航しています。

それぞれ船内の内装が異なるので、興味のある人は注目してみても面白いかも知れません。2013年現在、マルエーフェリーの「フェリー波之上」が最も新しくて綺麗です!(2012年9月就航)乗れればラッキー?

※鹿児島新港は、コンビニ(サンクス)が1件あるほか、特に何もありません。出港前に必要なものは鹿児島中央駅、天文館付近で済ませておきましょう。

鹿児島新港を出港したクイーンコーラル(奥は桜島)

鹿児島新港を出港したクイーンコーラル(奥は桜島)

●その5.フェリー内

出港してしまえば、あとは自由時間です。
思いっきりくつろぎましょう!

デッキに出られるならデッキに出てみるのもオススメです!
流星群の時期でなくとも、流れ星が見えることがあります。

海の色が変わっていく「奄美・沖縄航路」

鹿児島新港から南下していく船は、およそ25時間かけてそのまま那覇までを結びます。

時間を掛けて進むぶん、徐々に徐々に空気が暖かくなっていくのを感じるはずです。海の色も段々と南国らしい透き通った色になっていきます。可能ならデッキに出て、確認してみてください。

奄美群島はどの島も面積が大きめです。楽しみはじめればキリがありません!

与論島と海
与論島と海

鹿児島新港

ここから奄美群島の島々へ

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン