田代島、民宿・海浜館に泊まる。その1【旅レポ】

tanoshimasan

公開:

6 なるほど
6,706 VIEW
3 コメント

とある日曜日の翌日、宮城県石巻市、田代島にて1泊することになった。ところが、かける宿かける宿電話がつながらない。もしくは、つながったとしても断られてしまう。前日の急な予約、月曜日に1泊、しかも男性客1人。なかなか対応しにくいのだろう。相手の事情を思えばそれも仕方がない。しかし、どうしたものか。

「・・・おっ、ようやくつながった。」

笑顔の素敵な田舎のばあちゃん

「あれー!あっだ今どごにいんだぁー?」

「あっ、違うんです。泊まりたいのは明日です。」

と僕。・・・しまった。そりゃあ、最終便の船も終わって暗くなった夕方に「泊まるところを探しているんですけど・・・。」とだけ言われれば、心配もするわけだ。

それにしても、開口一番「あっだ今どごにいんだぁー?」はびっくりした。その手前に電話した宿が「生憎その日はワタクシども休業日でございまして。」なんてばか丁寧だったもんだから、そのギャップが面白く感じた。

田代島・民宿海浜館。自前のHPもなく情報も少なかったのだが、1泊2食付、直前のお願いにも関わらず快く応じてくださった。

そんなこんなで翌日、月曜日。9時発の便で石巻港から田代島へ。

月曜日とあってか乗客もまばら。
月曜日とあってか乗客もまばら。
動物の形をした柵。地域によって違う動物が登場するみたいだが、田代島は猫。さすが猫の島!
動物の形をした柵。地域によって違う動物が登場するみたいだが、田代島は猫。さすが猫の島!

多少道に迷ったものの、無事、海浜館にたどり着いた。いかにも海の資料館のような名前だが(?)、見てみるとごく普通の民家。宿主は洗濯ものを干していた。 

「あー、無事にこれたね!」

笑顔の素敵な田舎のばあちゃん。文字通り、これが第一印象になった。

通された部屋は広く、旅館を思わせるような雰囲気。ただ、食事やトイレで建物を行き来するとわかるが、本当におばあちゃんの家に遊びに来たかのような、そんな気分になる。天気が良かったのもあってすぐに出かけたが、行くときには「行ってきまーす」と声をかけて出て行った。気分は孫である。

民宿海浜館の看板。下におろしているので、一見民宿かどうかわからない。
民宿海浜館の看板。下におろしているので、一見民宿かどうかわからない。
天気が良い昼下がり。田代島は”にゃんこタイム”!
天気が良い昼下がり。田代島は”にゃんこタイム”!

まるで祖母と孫

猫と遊び、島内を歩き、最後はとある島の方へ取材を行った。そうしているうち、周辺はすっかり暗くなってしまったようだが、取材先でのお話が盛り上がってしまい、いつの間にか時刻は17時30分をまわっていた。

「あの、すみません。海浜館の奥さんから電話ですよ。」

「あっ!!!」

話に夢中になっていると取材先のご主人の奥さんから声がかかる。僕は二重に驚いた。まずは時間をすっかり忘れていたこと。遅くなると連絡をしておくべきだった。そして何より、行き先を告げていなかったにも関わらず、僕がお邪魔したその取材先へ電話をかけて下さったことだ。うわわわわ。



取材先のご主人のご厚意で車に乗せてもらい、海浜館へ戻った。

「すみませーん。すっかり遅くなってしまって。」

「あれー、心配したよー。この島は暗ぐなっの早ぇがらさ。たぶんあそごにいんだろうと思って、電話しだのよ。」

にこにこした顔で出迎えるばあちゃん。それにしてもよぐわがっだなぁ。おっとと。

そんなばあちゃんに「ごめんなさい」と謝る僕はすっかり孫の顔である。とは言え時刻は18時過ぎ。夕食には決して遅い時間ではなかったが・・・、

「いやーあんまりにもお腹すいだがら、先に食っちまっだよ。」

そう言って笑うばあちゃんは、すっかり祖母の顔のように見えた。

本当におばあちゃんの家へお邪魔したかのよう。
本当におばあちゃんの家へお邪魔したかのよう。
10品以上は登場する夕食!魚介類だけで5種類以上!
10品以上は登場する夕食!魚介類だけで5種類以上!

民宿海浜館

料金:1泊2食付7000円~、アクセス:仁斗田港から徒歩15分、問い合わせ:0225-98-2321 、休み:不定休(要確認)

※ 田代島には食堂が無く、商店もひとつしかありません。商店ではカップ麺なら買えますが、昼食は持参をお勧めします。

もっと島々の雰囲気を感じたい方はこちらから

思い付きで島旅を楽しむ「僕」こと tanoshimasan が、北は北海道から南は沖縄まで「日本の島々」を紹介するエンタテインメント記事集です!
島々の魅力、楽しみかた、他愛のないエピソードをどうぞ~

 【旅レポ】~東北の島々編~はこちら
potaru.com

島旅紀行文集【旅レポ】!
東北の島々の目次ページです!

 実際に島を訪れた紀行文集【旅レポ】はこちら
potaru.com

島旅紀行文集【旅レポ】の目次ページです!

 楽島案内所【しまたびのおしながき】はこちら
shima.potaru.com

トップページです!島にまつわるいろいろな記事があります!

最終更新:

コメント(3

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン

  • U

    uematsu

    猫の写真めっちゃ可愛いですね!
    世界中のありとあらゆる珍しい猫を飼うことができれば・・・
    新しい動物園的なテーマパークで島おこしも可能なのでは?

    田代島とか名前もエンターテイナーぽくてウケそうだし、
    この島を復興のきっかけの一つにして欲しいと思います。

    • T

      tanoshimasan

      いやー猫があんなに近い存在に感じたのは初めてでした!

      > 世界中のありとあらゆる珍しい猫を飼うことができれば。。

      お、目の付け所がいいですねー!
      実はそういう構想もあるみたいですよ。

      • T

        tanoshimasan

        島を訪れるには被災地や石巻を必ず通らなければならないんで、間接的にですが被災地にお金を落とすことにもつながると思います。
        島としては島おこしをしていても、それが復興にも通じていく気がします。