【島あるある その13】何かしら外に・・・

tanoshimasan

公開:

2 なるほど
1,067 VIEW
0 コメント

【島あるある その13】何かしら外に干してある

 干してあります。何かしら干してあります。そしてそれらは、手に届きそうな距離にあるのです。時に吊るし、時に地べたに、時に洗濯物干しのごとく・・・。ただ、誰のものでもないように見えて、誰かの”モノ”ですので、パクってはいけません・・・!!

 余談ですが、栄養価がすこぶる高くなるのも干物の魅力です。恐らくですが、周辺が海に囲まれ、かつ、昔は船も定期的にやってこないなどの事情から、島ではより馴染み深くなったと思われる干物文化。先人の知恵が活かされた食べ物なんでしょうね。パッとしたお土産が見当たらない島でも、魚は獲れます。干物なんかを買ってみても面白いと思いますよっ。 いやーしかし、干物も色々あるんです。魚だけかと思ったら、北の島々では昆布に始まり、伊豆あたりでは天草やタコまで、九州の島々ではイカなんかも見かけます。それこそ、工場や商店だけでなく、ごく普通の家庭の軒先でも見られるから面白い!季節によって干すものも変わるようで、島人にとっては干してあるもので季節の訪れを感じるんだとか。 

【島あるある】記事一覧

 【島あるある その1】島の信号機は・・・

 【島あるある その2】島の宿には必ず一人・・・  【島あるある その3】なんだかんだで重宝する・・・

 【島あるある その4】頻発する、謎の恋・・・  【島あるある その5】恐怖?道路わきの・・・

 【島あるある その6】不法侵入者の正体は・・・  【島あるある その7】図らずして・・・

 【島あるある その8】誰も歩いていない遊歩道で・・・  【島あるある その9】海の向こうに・・・

 【島あるある その10】物価が・・・  【島あるある その11】お祭りのあとは貴重な・・・

 【島あるある その12】会話の敷居が・・・

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン