緊急事態宣言の解除と運動会開催と

akaheru

公開:

3 なるほど
612 VIEW
0 コメント

先月9月30日で、各地で発令されていた緊急事態宣言、およびまん延防止等重点措置が解除されました!それにより今月10月1日から、子どもの通う小学校の隔日登校も解除されました(厳密にはその翌週からですが)。今週からはクラスメイト全員と毎日顔を合わせることとなり、息子も嬉しそうに学校へ通っています。(ただ、全員来ると人数が半分だった頃と比べると狭い、という新たな不満が・・・。)

緊急事態宣言下の新たな登校の形 by akaheru
 緊急事態宣言下の新たな登校の形 by akaheru
potaru.com

また、今回の宣言の解除によって、我が家で心配していたことの一つ「娘の通う保育園で行われる運動会が無事行われるか問題」も解決しました!ちょっと当初よりも時期は遅くなりましたが執り行われることとなりました。

昨年は残念ながら園児たちと先生方(あとカメラマンさん)だけのイベントとなってしまっていたので、「親御さんの見学あり運動会」の開催に子どもたちも喜んでいます。(まあ、ここはきっとパパママの方が喜んでいるのかもしれません)

※なお、乳児さんクラスなどより小さな子達の参加に限っては今回も見合わせです・・。

とは言いつつもまだまだ制限はあります

親も見学できる、というのは大変喜ばしいのですが、開催される場所がそもそも狭いという理由もあり、まだ制限は付きます。今回は「各世帯見学者一人」という条件がつきます。パパかママのどちらか(ばあばとじいじも参戦している場合はその中から)一人を選抜する必要があります。厳しい選考会(?)を前に自分は「そんな・・・ママに勝てるわけないよ・・・」と思っていたのですが、思いの外迷っているようで(なんていい子!)、ある日は「うーん、ママ!」と言ったり「やっぱりパパ!」と言ったりで日々揺れ動いているようです。このままいくと当日の朝家を出発してから気分が変わる可能性もあるので、あまり聞くのはやめました・・・(笑)

その選別を我が家の子はなんとも楽しそうにしているので(こちらはブンブン振り回されてますが)、どこかほほえましく見守っている状態ですが、みんながみんなそうではないとも思います。どうしても両親に来てほしい、最後だしみんなに来てほしい、そんな子達もきっといるはず。保育園の先生方もそういったことも重々承知しているので、この制限は心苦しかったかもしれません・・・。

早く家族全員で運動会を見学できる日を・・・!

いずれにしても、うちの娘の保育園生活も今年度で終わりです。最後の運動会がこのままいけば行われることは、制限があるとはいえ嬉しいですし良かったと思います。一方で、去年最後の運動会を迎えた先輩の園児は一番輝けるはずだった運動会が行われず悔しい思いをしたと思いますので、やっぱり素直には喜べません。

早く、家族はもちろんじいじ、ばあばも気兼ねなく参加できるように何とかしていかないといけないですね・・・!みんなで考えていかなくてはいけない問題です。

運動会の日もこの日のように晴れてほしいです・・・!ちなみに、今回の運動会は年少さん以上なので、君の出番はありません・・・。来年は園児全員が参加できるといいね!
運動会の日もこの日のように晴れてほしいです・・・!ちなみに、今回の運動会は年少さん以上なので、君の出番はありません・・・。来年は園児全員が参加できるといいね!

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン