【今週の一冊】なぜこんなに生きにくいのか_南 直哉

Vermeer

公開:

0 なるほど
743 VIEW
0 コメント

曹洞宗の禅僧が書いた本です。

生きがたい人生をいかに生きるかを、著者流に仏教を解釈して語っています。

私が本の中で興味深かったのは、

「本当の自分」などどうでもいい。
「自分はわからなくて当たり前だ」と決めたほうがずっと楽に生きられる。
それよりも「自分は何を大切にしていきたいのか」「誰がいちばん大切な人なのか」を考える。

というお話です。

『問い』の仕方を変えることで、自然に道は開けるのではないかと言う事でした。

難しく考えすぎて分からない自分に落ち込むよりも、考え方を変えて目の前の感情を大切にしていくことで、自然に見えてくることがあるのかもしれません。

理解できない部分も多かったため、何度か読みたい本です。

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン