【今週の一冊】Wall and Piece_Banksy(著)

Vermeer

公開:

1 なるほど
353 VIEW
0 コメント

正体不明のアーティストであるバンクシーが編集した、彼の作品を集めた本です。

作品に添えられた日本語訳の彼のコメントも、視点が変わっていて面白いです。

ただ作品についての説明がほとんどないため、込められたメッセージが理解出来ないことも。。。

よく分からない作品もありましたが、そんな中で私が印象的だったのは『ナパーム』です。

ミッキー(ディズニー)とドナルド(マック)に手を引かれた裸の少女(ピューリッツァ賞を受賞したベトナム戦争で空爆から逃げる少女)の絵です。

この絵から様々な想像ができます。

私は資本主義の恩恵を受けている一方で、搾取されて泣いている人々がいるという意味で捉えました。

この絵も、モチーフの意味が分からなければ異なる解釈になります。

例えばミッキーとドナルドに助けられた少女でしょうか?

意図を理解するためには、ミッキー、ドナルド、少女の背景を知る必要があるのです。

それぞれの作品の背景を知ることで、より鑑賞が楽しめそうです。

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン