美術館へ行こう! (ドライポイントのワークショップ)

baikinman

公開:

5 なるほど
2,037 VIEW
8 コメント

美術館というと鑑賞と思ってしまいますが、実は色々なワークショップを開催しています。

今回はベルナール・ビュフェ美術館で行われた、ドライポイントのワークショップに娘と参加しました♪

ワークショップ 版画(ドライポイント)に挑戦!

開催日 : 8月10日(土)13:30-15:00
8月24日(土)13:30-15:00
開催場所 : ビュフェこども美術館
参加費 :500円(大人の方は別途美術館の入館料が必要です)
定員 :各日10名(要予約)
対象 :小学生以上〜どなたでも(大人歓迎です)
(とがった道具を使います。お子さんは保護者の方とご参加ください)
※材料はすべてこちらでご用意しますが、油性の黒インキをつかいますので、汚れを気にしなくていい服装、準備でお越し下さい。

「ドライポイント版画」は、銅の板にとがった道具で線を彫り、彫った線にインクを詰めて、重いローラーのついたプレス機で刷る版画の手法。線の強弱や密度でさまざまな表現ができます。ベルナール・ビュフェもたくさんの作品を制作しています。
今回は、コーティングした紙を使って、簡単にできるドライポイント作品づくりに挑戦しましょう。刷るときは、銅版画で使うプレス機を使います。

ワークショップ版画(ドライポイント)に挑戦! | ベルナール・ビュフェ美術館 | Bernard Buffet Museum

美術館について | ベルナール・ビュフェ美術館 | Bernard Buffet Museum
 美術館について | ベルナール・ビュフェ美術館 | Bernard Buffet Museum
www.clematis-no-oka.co.jp  

材料と道具

彫るための道具
彫るための道具
刷るための道具
刷るための道具

【彫るための道具】
・コーティングしたツルツルの紙
・鉛筆
・ニードル(とがった道具)
・消しゴム

【刷るための道具】
・布を巻き付けた棒(インクを伸ばすため)
・布(インクを拭くため)
・インク

 Amazon | サクラクレパス 版画絵具油性 100ml OH100ML#49 黒 | 文房具・オフィス用品 | 文房具・オフィス用品
www.amazon.co.jp  

【汚さないための道具】
・新聞紙
・ビニール手袋

まずは下書き!

今回のワークショップは、描くものが自由。

悩んだ末に、街を描くことにしました。

参考になる写真もないので困った・・・。

時間もないことなので、コーティングしたツルツルの紙に鉛筆で下書きを描き始めます。

娘も街を描きました
娘も街を描きました

そして彫り!

下書きの鉛筆の線を、ニードルで彫っていきます。

紙にニードルが引っかかったりと、なかなか難しい・・・。

紙のツルツルした部分を薄く剥いだり、二ードルを突き刺して、いろいろな表現ができます。

娘の彫りはいったん完成
娘の彫りはいったん完成

インクのせ!

準備完了
準備完了
インクをのせて
インクをのせて
インクを伸ばす
インクを伸ばす

今回は油性のインクを使う為、ゴム手袋をはめてインクをのせていきます。

彫った部分にインクが入ることで印刷できるので、布を巻き付けた棒でしっかりと細部も塗り込んでいきます。

インク塗り込み中
インク塗り込み中
インク拭き取り中
インク拭き取り中

お次は余分なインクを布で拭き取っていきます。

インクの拭き取り具合で、出来上がった版画の雰囲気も変わってきます。

刷り!

銅版画で使うプレス機で刷ります。

普段さわることがないので、気分が上がります♪

印刷に使う紙は、湿らせておくとインクが写りやすいようです。

下の写真の順番でセットして、準備完了!

版をプレス機へのせる
版をプレス機へのせる
紙をのせる
紙をのせる
フェルトをかける
フェルトをかける

プレス機のハンドルを一定のスピードで回します。

ハンドルはかなり重い
ハンドルはかなり重い
どんな風にできたかな
どんな風にできたかな

完成!!!!

紙を剥いだところはべた塗になりました。

筆圧によって線の強弱が出来たり、ペンとはまた違った表現がGOOD!!

今回は2枚刷ることが出来たので、刷り上がった作品を見て、微調整しました。

ここまでで、だいたい2時間ほどだったと思います。

版
1枚目
1枚目
2枚目
2枚目

まとめ

娘の作品を100均の額に入れてみました!
娘の作品を100均の額に入れてみました!

ドライポイントは実際には銅板に彫っていきますが、今回は紙を使って簡易で作品作りをしました。

紙と銅板で出来上がりの違いも気になるところなので、いつかやってみたい!

刷ってみないとどうなるかが分からないのが、版画の面白いところだと今回の体験で感じました。

なかなか家庭でできないことが、美術館ワークショップで体験できますよ!

最終更新:

コメント(8

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン

  • A

    akaheru

    これは、我が子達も食いつきそうなイベントです。

    我々の家庭だと「美術館へ行く」という選択肢がなかなか出てこないのですが、一度行ってみようかな。面白いイベントが行われているかもしれませんね。

    • B

      baikinman

      まずはネットでチェックですね。
      特に夏休み期間はワークショップが開催している可能性が高いです。
      ただ、競争率が高いこともあるのでお早目に申し込みを!

    • P

      pamapama

      プロの版画家のエッチングの工程を見せていただいたことがあります。シロウトのわたしとしてはエッチングもドライポイントも「このやり方でなんでこんな表情が出るんだろう」と不思議でなりません。そっち系の版画の良さは大人になってやっと感じられるようになった気がします(*^-^*)

      • B

        baikinman

        >そっち系の版画の良さは大人になってやっと感じられるようになった気がします(*^-^*)

        大変よく分かります。
        昔は何の興味もありませんでした・・・。
        版画って、大人になって美味しく感じるゴーヤみたいです。

      • C

        cha_chan

        普通の版画や銅版画は学校で制作したことがありますが、ドライポイントというのは初めて聞きました。娘さんの下書きをしている真剣な表情がカッコいいです!(そして作品もとても素敵です)
        自分も美術や制作は好きなので、美術館ワークショップデビューしたくなりました!

        • B

          baikinman

          二の丸美術館や資生堂アートハウスあたりがねらい目かしら。

        • O

          orangeoor18

          いろんな美術館でこのようなイベントが開かれているのですね。
          > 刷ってみないとどうなるかが分からないのが、版画の面白いところだと今回の体験で感じました。
          刷るまでは不安があるのですが、いざ刷ってみると想像よりも上手くいくこともあり、学生の頃の版画の授業は楽しかった覚えがあります。

          • B

            baikinman

            版画って上手く掘れるかだけじゃなく、インクの配分や刷り方なんかでも、がらりと表情が変わるのが面白いですよね!