作ってみよう!パート4 『レジンキーホルダー』

baikinman

公開:

6 なるほど
1,537 VIEW
10 コメント

制作好きの娘(小3)といっしょに、横浜の『MONOTORY』でワークショップを体験してきました♪

 MONOTORY(モノトリー) | わたしとつくる。わたしとであう。
monotory.me  

20ジャンル以上のワークショップが毎日開催されるアトリエやイベントスペース、セレクトショップが1フロアに集結。
定番のものづくり体験から、最先端技術を使った体験などが日々開催され、横浜からクリエイティブの波を起こしていく。

当日参加可能なワークショップの中から『レジンキーホルダー作り』を選択!

お手軽ものづくり体験!レジンキーホルダー作り

キーホルダーの枠、中身を好きなように構成し、オリジナルのレジンキーホルダーが製作できます。お子さんに大人気のワークショップで、手軽に参加できます。
■金額:1,500円〜(税込み)
■開催頻度:毎日(材料が売り切れた場合は開催なし)
■開催時間:11時〜17時(日によって変動する可能性がございます)
■対象年齢:小学生以上
■所要時間:約30〜40分
■お持ち物:なし
■作品引き渡し:当日

予約不要・500円から体験できる!ミニワークショップ特集|MONOTORY(モノトリー) | わたしとつくる。わたしとであう。

材料と道具

手前:UVレジン液、左奥:ラメ各種、右奥:キーホルダー枠
手前:UVレジン液、左奥:ラメ各種、右奥:キーホルダー枠

・キーホルダーの枠
・UVレジン液
・ラメ
・マスキングテープ
・爪楊枝
・ピンセット
・UVライト

作ってみよう!

数ある枠の中から選ぶのも楽しみの一つ

数ある枠の中から選ぶのも楽しみの一つ

まずは、キーホルダーの枠を選びます。

娘は「かわいい~。迷っちゃう~。」と悩み、考えた末に選んだのは蝶の型でした。

マスキングテープはしっかりと貼る

マスキングテープはしっかりと貼る

まずは型の背面にマスキングテープを貼り付けます。

マスキングを貼ることで、型にUVレジン液を流し込む時に土台の役割をしてくれるようです。

次に、UVレジン液を少量流し、爪楊枝で伸ばしていきます。

超真剣な娘
超真剣な娘
泡が入ったら、爪楊枝でつぶす
泡が入ったら、爪楊枝でつぶす
UVレジン液は紫外線に反応し硬化する

UVレジン液は紫外線に反応し硬化する

UVライトを当てると、2分ほどで硬化しました。

紫外線でも硬化するようですが、時間が30分から1時間ほどかかるようです。

多くのラメからイメージにあうものを選択

多くのラメからイメージにあうものを選択

硬化中にラメを選びます。

ここも迷うかと思いきや、水色好きの娘は青系ラメを次々と選んでいきます。

型にUVレジン液を再度流し入れて、ピンセットで調節しながらラメを入れます。

ラメの微調整

ラメの微調整

再度UVライトを当て硬化させ、3度目のUVレジン液を流しいれます。

この時のUVレジン液は、表面張力でぷっくりする位がいいようです。

このギリギリがなかなか難しい。

蝶のくびれ部分のUVレジン液が崩壊し、ふき取って再度投入することもしばしば・・・。

再びUVライトを当て硬化させます。

マスキングテープを外したら、裏にUVレジン液を薄く塗り、UVライトを当て硬化します。

すると、曇っていた裏側もクリアに変身して完成。

左:私作、右:娘作
左:私作、右:娘作

感想

初めてのレジンキーホルダー作りは楽しくて、知らない間に1時間ほど経過していました。

色々な型やラメがあるので、完成を想像しながら選ぶ楽しみもあります。

この選ぶというのは制作の醍醐味でもあり、子どもにとってはとても大切なことだと思います。

ついつい横から口を出したくなることもぐっと我慢して、時間がかかっても子ども自身が選ぶことで、制作を楽しみながら考える力が育まれるのではないでしょうか。

最終更新:

コメント(10

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン

  • O

    orangeoor18

    予約不要で短時間で体験できるのがいいですね。
    予約が必要なワークショップもいろいろあるようですが、センスの良い作品ばかりだと思いました。自分で使う分ももちろんですが、贈り物としても十分なクオリティで驚きました。

    • B

      baikinman

      都会はのワークショップは、場所も作品もおしゃれだと思いました(笑)
      その分お値段も結構いいですが・・・。

    • P

      pamapama

      > ついつい横から口を出したくなることもぐっと我慢して、時間がかかっても子ども自身が選ぶ
      口を出したくなっちゃいますよね~わたしなんか手も出しちゃってママに叱られます(^_^;)

      • B

        baikinman

        こんなこと言っていますが、私も場合によっては口や手が出てしまう時もあります。
        自分への戒めの言葉です・・・(汗)

      • J

        jina

        お子様と一緒にモノづくりいいですね~~!お二人ともお色味のセンスあるぅ~~~!
        買うのは簡単だけど、あえて作るという選択もナイスです^^
        ピアスとか作ってみたい!

        • B

          baikinman

          『うんこミュージアム』と同じ建物にあるので、ぜひついでに行ってみてください!
          ピアスも作れますよ!

        • C

          cha_chan

          買ったモノ、もらったモノ、自分で作ったモノ。どれも同じモノですが、やはり自分で作ったモノは愛着が湧きますよね。自分の場合、ついつい口を出してしまうことがあります。子供の成長のためにも、我慢我慢ですね。
          モノづくりの楽しさ、これからもどんどん伝えていってください!

          • B

            baikinman

            作品完成後の満足感は、一人で悩んで作ったほうが大きいですよね。
            口出ししないためにも、いつも娘とは別々にお互い黙々と作品を制作しています(笑)

          • A

            akaheru

            上手に仕上がりましたね!

            >ついつい横から口を出したくなることもぐっと我慢して、時間がかかっても子ども自身が選ぶことで、制作を楽しみながら考える力が育まれるのではないでしょうか。

            これ、すごく大事ですねよ。そして親からするとこれが地味に難しい。どうしても口を挟みたくなってしまう。「自分でやり遂げる」経験を積んでいくことが重要だと思うのでとってもいいと思います。

            それにしても、色々楽しげなところを見つけてきますね。

            • B

              baikinman

              ここは女子にとってはかなり上がる場所のようです。
              イヤリングも作ったのですが、自分の作った作品を見ながら「かわい~」連発の娘。
              ぜひ、娘さんと行ってみてください!