【復興支援ツアー2017】 命の大切さに気づく旅 byバイキンマン

baikinman

公開:

4 なるほど
294 VIEW
0 コメント

震災で子供を亡くした母さんたちの手紙が書かれた『ひまわりの おか』の絵本を、息子が借りてきました。

なんで借りたのか聞くと、
「どんだけ自分の命が大切なのか、分かるために借りてきた」と言っていました。

もともとネガティブ発言の多い息子。

気分が下がっている時など、「僕なんていなくなっていい」といって、周りを悲しい気持ちにさせます。

そんな彼が自分の命の大切さについて知りたいという発言が出るとはちょっと驚きですが、被災地を見て、話を聞き、命の大切さについて考えていきたいと思います。

『命の大切さに気づく』をテーマにやること

・「はしれ、上へ! つなみてんでんこ」の絵本を読んで、子供と事前学習
・釜石の小学生が、災害時にどうやって生き延びたか語り部の方と現地を見る
・岩手県の震災遺構を訪ね、津波の恐ろしさを知る
・語り部の方から震災の話を聞き、災害や命について考える
・陸前高田では未来に向かってどのように動いているかを知る

はしれ、上へ! つなみてんでんこ
 はしれ、上へ! つなみてんでんこ
www.amazon.co.jp  

メンバー

夫、私、息子(小2)、娘(小1)の4人旅!!

スケジュール

今回は下記理由で、余裕のあるスケジュールにしました。

---------------------------------------------------------・子供のペースに合わせて見学
・地元の人に話を聞いたり、気になった事に時間を使う
---------------------------------------------------------
日程:10月7日(土)~10月9日(月)

■10月7日(土)

《電車》
三島駅(06:26出発)

盛岡駅(09:52到着)

《レンタカー》
盛岡(10:30出発)

田老(13:00到着)(15:00出発)

【語り部ガイド】田老

 一般社団法人宮古観光文化交流協会・学ぶ防災
www.kankou385.jp  

東日本大震災で津波に襲われた田老地区。
市街地は全滅状態で、200人近い死者・行方不明者が出ました。
防潮堤に上って災禍の記録や後世への教訓を学び、震災遺構に認定された「たろう観光ホテル」の見学をします。

【宿泊】

 グリーンピア三陸みやこ
www.greenpia-sanrikumiyako.com  

グリーンピア三陸みやこは、高台で被害も少なかったため、震災直後は避難所として多くの方を迎え入れ、避難した方が、肩を寄せ合って過ごしていた場所です。

1日目ルート
1日目ルート

■10月8日(日)

《レンタカー》
田老(09:00頃出発予定)

大槌(11:00到着)
大槌町 震災遺構「大槌町役場」

【昼食】
おらが大槌 復興食堂にて昼食

 おらが大槌 復興食堂 - ホーム | Facebook
ja-jp.facebook.com  

お弁当を買って道端に座り込んで食べている工事関係者やボランティアの方を見て、三陸のおいしいものを食べてほしいという思いからできたお店。
被災した地元の主婦の皆さんが活躍しています。

大槌(12:30出発)

釜石(13:00到着)(16:30頃出発予定)

【語り部ガイド】釜石

 釜石観光ボランティアガイド会・夢ふれあい隊
www16.plala.or.jp  

「はしれ、上へ! つなみてんでんこ」の避難ルートを子供と一緒に歩きます。

釜石(16:30出発)

大船渡(17:10到着)

【宿泊】

 大船渡温泉
oofunato-onsen.com  
2日目ルート
2日目ルート

■10月9日(月)

《レンタカー》
大船渡(9:30出発)

陸前高田(10:00到着)

【語り部ガイド】陸前高田

 陸前高田市観光物産協会
takanavi.org  

千年に一度といわれる東日本大震災により、多数の人命と歴史や文化の証を失った陸前高田市。被害にあいながらもそこに住んでいるからこそ話せる津波の状況、復興の経過、避難のあり方、今後の課題、そして再認識した先人から伝えられてきた遺訓の大切さを皆様に伝えて、これから起こりうる災害に少しでも役立てて頂ければと思い活動。

断念した企画

最小催行人員10名のため断念した「復興最前線ツアー」。

 復興最前線ツアー | マルゴト陸前高田
marugoto-rikuzentakata.com  

震災を乗り越え明日に向かう姿を知っていただきたいという思いで、 このツアーは生まれました。
陸前高田の「過去」「現在」と「未来」がよくわかるそうです。

震災学習列車は金額的に断念。

 震災学習列車 | 三陸鉄道
www.sanrikutetsudou.com  

三陸鉄道は被災地の復興のシンボルとして2014年4月に全線開通いたしました。被災地の「今」を列車で移動しながら直接「見て」「聞いて」「感じて」いただき、皆さまの防災のお役にたてればと思い「震災学習列車」を運行。

陸前高田(15:00出発)

一ノ関駅(17:00到着)

《電車》
一ノ関駅(17:48出発)

三島駅(21:22到着)

3日目ルート
3日目ルート

予算

◎交通費
[新幹線] 103,380円
1日目
・三島駅 ⇒ 盛岡駅
@17,880×3=53,640円 ※小人半額なので2名で大人1人と計算

3日目
・一ノ関駅 ⇒ 三島駅
@16,580×3=49,740円 ※小人半額なので2名で大人1人と計算

[レンタカー] 34,196円
 @レンタカー 30,996円+ガソリン代3,200円=34,196円
(3日分のガソリン代:300km ÷ 13km×140円=約3,200円)

◎食費 16,000円
・昼食×3日分
 @4,000+4,000+4,000=12,000円
・夕食×1日分
 @4,000円

◎宿泊費 76,788円
1日目 グリーンピア三陸みやこ
@ 9,720×2=19,440円(大人)
@ 6,804×2=13,608円(小人)
合計:33,048円
2日目 大船渡温泉
@12,150×2=24,300円(大人)
@ 9,720×2=19,440円(小人)
合計:43,740円

◎その他 13,000円
語り部(田老)
@ 4,000円
語り部(釜石)
@ 3,000円
語り部(陸前高田)
@ 3,000円

-----------
■合計
-----------
交通費 137,576円
食費 16,000円
宿泊費 76,788円
その他 10,000円
------------------------- 240,364円

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン