【世界一周の旅 Vol.46】ロシアで最も美しい街・サンクトペテルブルクは、芸術の都でもあります☆

sKenji

公開:

1 なるほど
1,191 VIEW
0 コメント

ロシアで最も美しい街と称されるサンクトペテルブルクは、17世紀から20世紀にかけて栄華を誇ったロマノフ王朝の都があった場所です。

そのサンクトペテルブルクには、バルト三国のエストニアから陸路で入国しました。到着して散策してみると、「最も美しいという形容されるのも納得!」の街でした。

サンクトペテルブルクの街について

サンクトペテルブルクの街の歴史は比較的新しく、18世紀初頭にピョートル大帝によって造られました。

当時、ロマノフ朝の都はモスクワにありましたが、ヨーロッパを歴訪して遅れを痛感した大帝は、ロシアの近代化を目指してサンクトペテルブルクを建設し、ここに首都を移したといいます。

その後、エカテリーナ2世などの優れた皇帝も出て、サンクトペテルブルクは発展したものの、1917年に発生したロシア革命でロマノフ朝が倒れると首都は再びモスクワへ移り、旧ソ連時代にはレニングラードと呼ばれていました。

サンクトペテルブルクは元々、ネヴァ川の畔にあった沼地に造られたこともあってか、あちこちに運河が流れています。そのため街の様相はさながら水の都。川に囲まれた島のような土地に宮殿や教会、劇場など様々な歴史的建造物が建っているのです。

ロシアで最も美しい街の見どころ

ロシアで一番美しいと言われるだけあり、サンクトペテルブルクは散策がとても楽しい街です。なかでも個人的に忘れることのできない建築物が「スパース・ナ・クラヴィー大聖堂」です。

スパース・ナ・クラヴィー大聖堂
スパース・ナ・クラヴィー大聖堂

commons.wikimedia.org

スパース・ナ・クラヴィー大聖堂は運河の河畔に建つロシア正教の教会です。ロシア以外では恐らく見ることはできないと思われる特徴的な外観をしており、カラフル&きらびやかなタマネギ型の屋根と装飾が施された外壁を持つ教会は、まるでおもちゃのような建物です。

旅行当時はそのメルヘンチックな姿に目を奪われていたのですが、実はこの教会、可愛らしい見た目からは想像できない歴史があったようです。

なんでも「スパース・ナ・クラヴィー」とはロシア語で「血の上の救世主」を意味するそうで、皇帝アレクサンドル2世が1811年にこの場所で暗殺され、その跡に建てられた教会とのことです。

1日では時間が足りないエルミタージュ美術館

エルミタージュ美術館
エルミタージュ美術館

commons.wikimedia.org

サンクトペテルブルクは街並みが美しいというだけではなく、「芸術の都」という印象も強く残っています。そうさせるのは、なんと言っても世界四大美術館のひとつ「エルミタージュ美術館」の存在です。

エルミタージュ美術館には、ロマノフ王朝と旧ソ連時代に収集された美術品などが数多くあります。その数はなんと300万点以上。

特に絵画のコレクションは量、質とも世界トップクラスで、ピカソ、ゴッホ、ゴーギャン、モネ、セザンヌ、マティス、ルノアール、レンブラント、ラファエロなどなど、美術に疎い私ですら知っているような巨匠が描いた作品が数多くあります。

リッタの聖母

リッタの聖母

commons.wikimedia.org

なかでも一番印象に残っているのは、レオナルド・ダ・ヴィンチです。

ダ・ヴィンチの絵画は大変数が少なく、現存しているものはわずか十数点しかないといいます。

エルミタージュ美術館ではそのうち2点(「ベヌアの聖母」、「リッタの聖母」)が展示されているのです。

さらにこれらの超一級作品を至近距離で見ることができるのは、この美術館の大きな魅力のひとつだと思います。

また、エルミタージュ美術館は展示物だけでなく、その建物にも目を釘付けにされます。

実は美術館の建物は元はロマノフ王朝の宮殿でした。外装、内装ともに豪華絢爛で息を飲みます。

建物には大理石がふんだんに使われ、天井や壁には繊細で優美な装飾が施されています。なかには壁が金箔に覆われているホールもあり、まさに圧巻です。建物だけでも半日かけて見ていたいほどでした。

美術にそれほど関心がなかった私をも魅了してしまうエルミタージュ美術館。その膨大な展示物と壮麗な建物は、当然1日では見ることができずに、2、3日通って主なものを見たのでした。

サンクトペテルブルク

水が豊かなサンクトペテルブルグ
水が豊かなサンクトペテルブルグ

commons.wikimedia.org

前回の話

 【世界一周の旅 Vol.45】バルト三国のひとつ、リトアニアでビザを取る by sKenji
potaru.com

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン