粟島(あわしま)の中継点!鮭の街・村上を歩いてみる。【旅レポ】

tanoshimasan

公開:

1 なるほど
1,425 VIEW
0 コメント

新潟県の北部にある離島・粟島(あわしま)。

この島への船は、季節によりけりで1日1~5往復。岩船港という港から出ているのだが、この岩船港、車が無ければちょっとメンドウな場所で、最寄駅(※)であるJR村上駅からもそこそこの距離(4km程度)がある。岩船港方面への路線バスもあるにはあるが、本数も少なめだ。

そのため、船の発着に合わせた移動というのはなかなか難しいのである!

そこで、僕は出港までの時間を使って、村上駅周辺を散策してみた。村上は独自の文化を持つグルメの街だった。

 (※)厳密には、村上駅の隣駅・岩船町駅の方が岩船港の最寄にあたる。(徒歩2km)
   が、村上駅には快速、特急も停まるため、村上駅の方が便利だとされている。

村上駅
村上駅

鮭の街・村上市

村上駅前

村上駅前

と、言うことで、村上駅に降り立ってみたのだが、実は駅周りは質素である。

観光案内所があったので、資料収集をしてみると、市内の観光マップがあった。どうも、市内を流れる三面川が国内有数の鮭の遡上ポイントらしい。

よく見ると、この観光案内所、鮭が吊るされていた!!不意に見るとなかなかの表情でびっくりしてしまう。。

しばらく歩いてみると、観光案内所に限らず、至る所で鮭が吊るされている。これは「塩引き」という技術らしく、内臓を抜き、1週間ほど塩をすり込んだあと、水で洗って干すもの。村上ならではの伝統的な製法なのだとか。

さらに見てみると、身が完全に開かれておらず、腹の部分だけ残されているのがわかる。お土産屋さんに聞いたところ、「村上は古くは城下町として栄えていたため、鮭の腹が完全に開いてしまえば切腹を連想してしまう」とのこと。一見すると何気ない文化でも、そこには歴史とエピソードがある。

尾から吊るすのも同様の理由だ。頭を上にするのは、首吊り、打ち首を連想してしまうとの理由で、やはり嫌われたらしい。なるほど、奥深いなぁ。

とまぁ、こんな感じで鮭を眺めていれば「鮭を食べないわけにはいかない!」ってなモンで。観光マップを眺めていると、村上の鮭グルメがずらり!市内循環バスに乗り、イヨボヤ会館へ。このイヨボヤ会館、「日本初の鮭の博物館」なのだそう。

そのイヨボヤ会館にある食堂「サーモンハウス はらこ茶屋」にて昼食をすることに。期間限定という鮭タレカツ丼をチョイス。新潟名物として「タレカツ丼」というのがあるが、これはその村上バージョン??美味かったけど、揚げ物だけでご飯を進めるのはちょっとシンドかったかも・・・(年齢のせいか!?)

食後、膨れた腹をほぐすためにも市内を歩いてみる。改めて見ると、確かに城下町の頃の名残のようなものが垣間見える。

派手な都会的要素は皆無だが、昔ながらのお店がちらほら。それも鮭の加工品販売のお店だったりするもんだから、それがまた旅情をそそる。鮭の酒びたし、鮭とばと試食を食べつつ、適当に買い物をしていると、あっという間に時間は過ぎていった。

市内をぐるっとまわり、ふたたび村上駅へ。

1日10数本のバスに乗り、岩船港へ
1日10数本のバスに乗り、岩船港へ

2~3時間の散策だったが、良い時間を過ごせた。さて、今からバス、船と乗り継ぎ、粟島だ。粟島と言えば、鯛が名物の島。民宿の食事に鯛が出ない日は無いほどだとか。

「鮭の次は鯛か・・・!!」

グルメ旅はまだまだ続く。

村上駅

岩船港の最寄駅・村上駅。船までの時間はこの周辺で。。

この記事に関する参考情報はこちら

 サーモンハウス ホームページ
www.j-sp.com  

電話番号:0254-52-1990 
営業時間:09:00~17:00
 定休日  : なし
アクセス:JR羽越本線「村上駅」より徒歩15分 、
     または「まちなか循環バス」サーモンハウス停留所下車

 村上市 - バス運行に関するお知らせ
www.city.murakami.lg.jp  

・市内散策は「まちなか循環バス」を参照。
・岩船港方面へは系統214、215のどちらかに乗り、岩船上大町にて下車。
(徒歩10分)
・粟島汽船の発着時間も併せて参考に!

 粟島汽船株式会社
awaline.co.jp  

運航情報、時刻表、運賃表などが載っています!

もっと島々の雰囲気を感じたい方はこちらから

思い付きで島旅を楽しむ「僕」こと tanoshimasan が、北は北海道から南は沖縄まで「日本の島々」を紹介するエンタテインメント記事集です!
島々の魅力、楽しみかた、他愛のないエピソードをどうぞ~

 【旅レポ】~日本海の島々編~はこちら
potaru.com

島旅紀行文集【旅レポ】!
日本海の島々の目次ページです!

 実際に島を訪れた紀行文集【旅レポ】はこちら
potaru.com

島旅紀行文集【旅レポ】の目次ページです!

 楽島案内所【しまたびのおしながき】はこちら
shima.potaru.com

トップページです!島にまつわるいろいろな記事があります!

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン