粟島の日常に溶けるお菓子。ロングセラーの「千代華」を味わう【旅レポ】

tanoshimasan

公開:

3 なるほど
2,813 VIEW
0 コメント

「あっ、美味しい」思わず声が漏れる粟島のお菓子

「どうぞ、食べてみて」

島びらきのイベント会場のなか、不意に出店の人に声を掛けられる。

見てみると、出店の奥さんが僕にお菓子を差し出してくれていた。

どら焼き?

いや、どら焼きみたいだけど、どら焼きとはちょっと違う形。一枚の皮で、こしあんをくるっと包んでいる。

「千代華」というらしい。

手渡された「千代華」は、焼き立てなのかほかほか。クレープとホットケーキの中間のような、パリッとした焼き目だ。

ひと口かじると、甘くて香ばしい香りが口いっぱいに広がる。

「あっ、美味しい」

5月とは言え、上着が必要なほど肌寒いこの日、千代華から湯気がふわっと舞った。

1個100円、5個で500円。それなのに、来る人来る人へ試食を渡していく。すると、比例して飛ぶように売れていく。



「もう一度食べたい!」

そう思ったときには売り切れだったが、心配することなかれ。

「海沿いを歩いていくと『勝ちゃん』ってお店があるよ。そこで売っているからまた寄りなよ」

とのこと。

翌日、さっそく勝ちゃんを訪れた。

特別な味ではなく、ただただ素朴

「どうぞ、食べてみて」

昨日見たのと同じような光景だった。たくさん並ぶ千代華からその一つを取り出し、お客さんに渡している。僕もまた、ひとつ頂いてしまった。

「あっ、美味しい」

思わず声が漏れる。驚くような味ではない。きっと見た目の通りの味。ただ、想像していたよりも「美味しい」と思うはずだ。特別な味ではなく、ただただ素朴。

しかし、素朴とは言うが、こしあんは粟島で採れた小豆を使用しているそうだ。肉と米以外は全て島内でまかなえるという粟島。千代華は50年以上続く、粟島のお菓子だという。さめても十分美味いものの、やはり焼き立ては格別だ。

ここの店主が本保勝敏さん。

「東京のアイランダーでは毎年人気なんだわ」

と本保さんは胸を張る。

「子供たちが出かけるときによ、持たせるもんがなかったら悪いからって、これをカバンに入れてやるのよ」

観光客にはもちろんのこと、島民のお菓子としても欠かせない千代華は、多いときには1日3,000個も売れてしまうのだとか。まさに粟島には不可欠な存在だ。

間もなく出港する船で帰るというお客さんに合わせ、新たに焼き始める。店の前には粟島漁港と海が見えるロケーション。本保さんと世間話をしながら、焼きあがるのを待つ。

粟島にとってはごく当たり前の、日常的な光景だ。でも、そんな光景がなんだかとても良かった。

勝ちゃん

●千代華・・・1個100円、どら焼き・・・1個120円、TEL:0254-55-2416、営業時間:午前8時~午後6時、定休日:無休

もっと島々の雰囲気を感じたい方はこちらから

思い付きで島旅を楽しむ「僕」こと tanoshimasan が、北は北海道から南は沖縄まで「日本の島々」を紹介するエンタテインメント記事集です!
島々の魅力、楽しみかた、他愛のないエピソードをどうぞ~

 【旅レポ】~日本海の島々編~はこちら
potaru.com

島旅紀行文集【旅レポ】!
日本海の島々の目次ページです!

 実際に島を訪れた紀行文集【旅レポ】はこちら
potaru.com

島旅紀行文集【旅レポ】の目次ページです!

 楽島案内所【しまたびのおしながき】はこちら
shima.potaru.com

トップページです!島にまつわるいろいろな記事があります!

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン