ガバメントクラウドファンディング(GCF)で被災地を応援

cha_chan

公開:

4 なるほど
911 VIEW
1 コメント

今年で10年を迎えた3.11。
自分に何ができるかと考えていたとき、たまたまGCFという仕組みを知りました。

GCFとは、ガバメント-クラウド-ファインディングの頭文字をとったもので、一言で言うと、ふるさと納税制度を活用したクラウドファンディングです。

ふるさと納税ということで、その対象は自治体となっており、寄付金控除も受けられ、返礼品を受け取れる場合もあります。

そんなわけで、GCFを利用して被災地を応援し、受け取った返礼品の魅力をぽたるで紹介していきたいと思います。

GCFを選んだ理由

色々ある支援の形の中から、GCFを選んだ理由がいくつかあります。

これまで復興支援ツアーを通して、毎年東北の被災地を訪れていました。それが新型コロナウイルスの感染拡大により、昨年は東北を訪れることができなかったのがどこか心の中に引っかかっていました。

そんな中、今年もふるさと納税をしようと東北の返礼品を見ていたとき、気仙沼市のGCFの存在を知りました。

【楽天市場】ふるさと納税|クラウドファンディング - 宮城県気仙沼市のプロジェクト|東日本大震災の記憶を残し、二度と同じ悲しみが起きないように後世へ伝え続けたい!
 【楽天市場】ふるさと納税|クラウドファンディング - 宮城県気仙沼市のプロジェクト|東日本大震災の記憶を残し、二度と同じ悲しみが起きないように後世へ伝え続けたい!
event.rakuten.co.jp  

今回、私たちがGCFで応援したプロジェクトです。

GCFとふるさと納税の一番の違いは、寄付する目的の違いです。

ふるさと納税は、主に返礼品を目的に寄付をします。
一方GCFは、クラウドファンディングなので応援したいプロジェクトに対して寄付をします。地域の具体的な課題解決に対して、自分が共感したプロジェクトを選択して寄付することができるのがGCFの特徴です。

気仙沼市はこれまで家族で2回訪れたことのあるので身近に感じるところがあり、今回の寄付が実際に自分たちが訪れたあの場所に役立てられる、と子供たちにも具体的に説明することができるというのも大きな理由です。

また東北に訪れる際には、「あの時、応援できて良かったよね」と家族みんなで実感できるように、少しでも被災地のお役に立てればとGCFを利用させていただきました。

我が家の場合、家族みんなで学んだり経験することを大切にしているので、復興支援も家族でできることを何かしたい、という思いがありました。

なお、目標金額に達成しなかったプロジェクトでも、集められたお金は返金されたり他の目的に流用されることはなく必ず事業に充てられるので、自分の思いが確実に届けられます。

また、ふるさと納税同様に税金を計算する上で寄付金控除が受けられ、返礼品ももらえることがあるので、支援のハードルが低いのもGCFの大きなメリットです。

GCFでいただいた返礼品は?

今回、気仙沼市へのGCFでいただいた返礼品は、長男が大好物の「いくら」です!

復興支援ツアーでは長男と一緒に1つのいくら丼を頼んで、自分の分はまったく残らないという何とも悲しい思いをしました。しかし今回は200gのいくらを2パックも送っていただいたので、自分もたっぷりと堪能できました。

写真の通り、シンプルにいくら丼にしていただきましたが、味付けがとてもまろやかで優しくて、美味しすぎて何杯もおかわりしてしまいました。子供にも食べやすい味付けで、子供たちは「今まで食べたいくらの中で最高に美味しい!」と言って箸が止まらない様子でした。

ちなみに、こちらのいくらを送ってくださったのは気仙沼市と陸前高田市に拠点を置く「かわむらグループさん」。

震災による津波でグループ内26施設のうち22施設が被災し、半年間で40憶円近くかけて事業再開を果たしましたが、まだまだその時の莫大な借金が残っているそうです。

かわむらグループは三陸で育ち、震災後も地元と共に復興してきました。誘致されてた所からやってきた企業は、今回のように被災したり、あるいは経済状況が悪化したりすれば、いつでも撤退することができます。しかしながら地元で育った企業は、何が起ころうと行くところがありません。故郷の町で最後までやるしかないのです。発展するも滅びるも地元と一緒です。だから我々は本気なのです。

かわむらグループ / 楽天ふるさと納税クラウドファンディング

どんな困難があろうとも変わることのない地元への強い思いは、多くの人々に生きる勇気と希望を与え、東北復興の大きな原動力となっているはずです。

【復興支援ツアー2019レポート】被災地の「今」と「魅力」を伝える旅 by cha_chan by cha_chan
 【復興支援ツアー2019レポート】被災地の「今」と「魅力」を伝える旅 by cha_chan by cha_chan
potaru.com
【復興支援ツアー2018レポート】震災から7年…被災地を知る旅 by cha_chan by cha_chan
 【復興支援ツアー2018レポート】震災から7年…被災地を知る旅 by cha_chan by cha_chan
potaru.com

最終更新:

コメント(1

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン

  • B

    baikinman

    「海の宝石箱や~!」
    美味しそうですね。
    GCF、私もやってみようかな。

    関係ないけれど、いくらを入れた器が素敵☆