【今週の一冊】アートリップ入門_ 林 容子

Vermeer

公開:

1 なるほど
359 VIEW
0 コメント

認知症の方とそのご家族がアート作品を見て感じたことを話し合う「アートリップ」について書かれた本です。

アートの感じ方に正解や不正解はありません。

その人が作品をどう感じるかは自由。

フランスの風景を見て、自分の故郷を思い浮かべるなんてこともあるようです。

参加者(認知症の方)の言葉を受け入れるアートコンダクターによって、認知症で失ってしまった自尊心を高められ、生きる張り合いが出てくるそうです。

アートは美術好きだけのものでも、高尚なものでもなく、全ての人のものなのだと感じました。

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン