ジュゴンって本当にいるの? そうだ!大浦湾に行こう。~行きあ旅ばっ旅~

jina

公開:

6 なるほど
1,408 VIEW
4 コメント

3ヶ月ほど前のことです。東日本大震災から7年目の3.11今年は日曜日で休日でした。地元の伊豆丹那の酪農王国オラッチェで開催された「被災していない僕たちが頑張る!」というイベントを午前中参加しつつ、午後は有限会社マザール様主催の被災者応援企画『ZAN~ジュゴンが姿を見せるとき~』上映会に行きました。

被災していない僕たちが頑張る!
 被災していない僕たちが頑張る!
oratche.com  

売上の40%以上を義援金として被災地に送っているチャリティーイベントです。毎年多数の出店者、多数の来場者が集まります。

 【終了しました】3.11被災者応援企画「ZAN」上映会+SPトークショー開催 | マザール
motheru.jp  

こちらも毎年3.11に「五感でダイアログ」被災者応援企画をされています。3.11で被災された方、日本初の地上戦となり沖縄でたくさんの命が奪われたこと、亡くなった命の意味を考え、戦争で多くの方が亡くなった沖縄に基地を作るその意味を考えるきっかけになったイベントです。

そもそも私はジュゴンのことを全く知りません。人魚のモデルとなったクジラのようなマナティのような哺乳類で絶滅危惧種のようです。国の天然記念物にも指定されています。ジュゴンは沿岸部浅瀬の海草を食べて生息しています。とても怖がりなので、夜になってから海岸の海草を食べにウミガメと一緒に訪れるそうです。色々な摩訶不思議な伝説もあるようですが実在する草食獣です。

日本で生息されていると言われているのは沖縄の北部です。沖縄基地を辺野古に建設することにより多くの豊かな自然が破壊されジュゴン生存が危ぶまれてしまうと映画では伝えています。

普天間から辺野古への米軍基地移設問題は地元住民の安全や米軍兵士の問題行動や騒音被害などの問題だけではなく、環境を破壊し美しい海に住む生物動物の命を危険にさらしているのです。

そのジュゴンたちの命も基地建設によって脅かされるなんて・・・大浦湾の自然が破壊される前に見に行こう。

そうだ!大浦湾に行こう。

ZAN ~ジュゴンが姿を見せるとき~の映画観賞から、仕事や生活に追われながらも沖縄のこと、ジュゴンのこと、大浦湾が気になっていました。

基地移設で大浦湾の自然が破壊されてしまう。その前に美しい海の生物を見に行きたい、環境破壊を目の当たりにして自分ができることはなんなのかを感じたい!と思っていたとある日、時間が空いたので、そうだ大浦湾に行こう!と思いたち出発しました。

ZAN ~ジュゴンが姿を見せるとき~|cinemo
 ZAN ~ジュゴンが姿を見せるとき~|cinemo
www.cinemo.info  

環境について平和について学べる映画です。

わんさか大浦パーク

沖縄空港に着き大浦湾に向かいます。

目的地に到着する途中に見つけた「わんんさか大浦パーク」。地元のお野菜や果物、ソフトクリームやかき氷などを販売して休憩できる施設です。

沖縄の地元住民の方はみんな笑顔です。そう島時間。ときの流れが違うのです。ここ沖縄は時がゆっくり流れています。

ジューシー(炊き込みご飯)のおにぎりおいしそう!サーターアンダギー(沖縄ドーナツ)もあるよ。
ジューシー(炊き込みご飯)のおにぎりおいしそう!サーターアンダギー(沖縄ドーナツ)もあるよ。
島らっきょう、いくら食べてもあきません。島らっきょうにはオリオンビール。
島らっきょう、いくら食べてもあきません。島らっきょうにはオリオンビール。
島いちご?250円!
島いちご?250円!
米兵のみなさまのためにプライスカードも英語で!
米兵のみなさまのためにプライスカードも英語で!

大浦湾のグラスボートのポスターを見つけました。そうだ!グラスボートに乗ろう!!

わんさか大浦パーク

ちょっとした休憩もいいし、レストランでがっつりごはんもOK!

グラスボート大浦湾ツアー!

わんさか大浦パークの笑顔満点の店員さんにグラスボートは乗れますかと聞きました。船長に確認しますと言って船長に即お電話。

ちょうど5分後に出港する船に乗れるとのことで、急いで集合場所の汀間漁港に向かいます。港までは車で1、2分。

船長がこれまた満面の笑顔でお出迎え。船に乗るには岸壁から鉄のハシゴを真下に10段ほど下る必要があるため、サンダルやスカートはNGです。スニーカー+デニムパンツをオススメします。

汀間漁港

グラスボート大浦湾ツアー出港場所

念願の大浦湾に出港~~~!
念願の大浦湾に出港~~~!

ジュゴンが生息していると言われている大浦湾。船長に早速質問「大浦湾にはジュゴンがいるんですか?」「いますよ~」「ジュゴンは見れますか?」「見るのは難しいですねぇ、昼間は海岸には出てきません。」※愚問でした・・・笑

あわよくばジュゴンに会えるかも~なんてお気軽に期待していましたが、地元住民でも中々出くわすことがないとのことで、ますます神秘的であり絶滅させてはならない存在です。

大浦湾周遊45分、グラスボートからは美しいサンゴ礁が見えます。ニモもいます。

大浦湾は2007年に長さ50m、幅30m、高さ13mという北半球最大の巨大アオサンゴ群落が見つかりました。こちらのアオサンゴもジュゴン同様絶滅危惧種に指定されている生物です。基地移設で潮の流れが代わりアオサンゴの生息に影響があるかもしれないと地元住民は心配されています。

私は残念ながらダイビングは体験くらいしかしたことがありません。サンゴのことはよく分かりませんが、大浦湾では巨大コブハマサンゴやミドリイシといったサンゴ礁が見ることができるそう。海の中の神秘的な世界はとても魅力的です。

また、大浦湾には5,000種類以上の生物が生息しているそうです。この海の下で多数の生物が共存しています。また大浦湾の特異な地形により多くの生物が生存できる特別な環境のようです。毎年のように新種の魚もみつかっているとのこと!

アオサンゴのスケールといい、大浦湾もグレート・バリア・リーフ同様、世界遺産に匹敵するのではないでしょうか。

ミドリイシ?でしょうか・・・。キレイです。
ミドリイシ?でしょうか・・・。キレイです。

想像してみて下さい。
穏やかな浅瀬に広がる海草は、ぷくぷくと泡を出し、ゆらゆら揺れる海のゆりかご。魚たちがが卵からかえります。そこへ大きなジュゴンが悠々と現れ、海草を食べ始めます。アオウミガメもやってきてジュゴンと並んで泳ぎます。

~中略~

しかし、今この海の貴重な自然を壊し、新しい米軍基地が造られようとしています。私たちの税金を使って。

本当にそれでよいのでしょうか。「仕方がない」と諦めなければならのいのでしょうか?

グラスボートに乗って、大浦湾の豊かさを自分の目で確かめ、そして考えてみて下さい。私たち一人一人にできることを。きっと答えが見つかるはずです。

大浦湾グラスボート NPOゆがふ世(準備会)

大浦湾 グラスボート - yugafuyu ページ!
 大浦湾 グラスボート - yugafuyu ページ!
yugafuyu.jimdo.com  
沖縄・辺野古 大浦湾の保全 - オフィシャルPro|NACS-J
 沖縄・辺野古 大浦湾の保全 - オフィシャルPro|NACS-J
www.nacsj.or.jp  
今も年に数度「新種」発見…研究者も驚く独特の世界 沖縄・大浦湾を知っていますか? | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス
 今も年に数度「新種」発見…研究者も驚く独特の世界 沖縄・大浦湾を知っていますか? | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス
www.okinawatimes.co.jp  

最終更新:

コメント(4

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン

  • B

    baikinman

    思い立ったら即行動!
    あいかわらず素敵です。
    現地まで行けなくても、視点を変えて自分なりに出来ることはあると思うと何でもできますね。

  • C

    cha_chan

    普段「何気なく」生活していて、何かの犠牲の上にその生活があるということを考えられていませんでした。
    1人1人がそのことに気がついて、意識と行動を変えないと地球が人間の手によって生物が住めない星になってなってしまうのではないかと感じます。

  • P

    pamapama

    瀬嵩の浜、イイ岩だしてますね!
    東京時代、沖縄出身の友達(いまは沖縄にUターン)が基地について「あって当たり前の中で育ってきたからね」と言っていましたが、いまどう思っているかはわかりません。
    ともあれ自然は戻らないので、時代時代の人間が未来にまで責任を持つことを考えなくてはいけませんね!

  • A

    akaheru

    さすがきれいな海ですね!(奇岩も見に行きたいです)

    大浦湾に限らず環境問題を抱える地域は日本だけでも多数あるはずです。
    こういった様々な問題に対して自分自身で考え、なにかを選択できているのか、見つめ直すとともに家族とも話をしていきたいと思います。