ひい君へ よこはまのおじさんより

akaheru

公開:

7 なるほど
406 VIEW
8 コメント

ひい君、よこはまの おじさんです。

せんじつは おわかれかい おつかれさまでした。

2日かん ながいじかんを よくがんばりました。

それにしても おじさん あまりのきゅうなできごとで ほんとうに びっくりしたよ。

おばさんから れんらくをもらったとき、しばらくなにをはなしているのか りかいできなかったもの。

おわかれかいの 1日めに かいじょうにはいったとき そのばにいる ほとんどの人が ひい君との おわかれがつらくて ないていたよね。そこであらためて ああ、やっぱり ほんとうの はなしなんだって おもったんだ。

あの日の 1しゅうかんごには そつえんしきで その2しゅうかんごからは いよいよしょうがっこうに かようはずだったから、かいじょうには ぴかぴかのあおいランドセルと ぼうしがかざられていたね。

ランドセルをしょっている ひい君の しゃしんも みたよ。すごくにあってた。

うまれたばかりの いもうととの しゃしんもみた。きみのパパ、ママが「したのきょうだいができて ちょっとおにいさんになってきた」といっていたけど おじさんも しゃしんをみて そうおもったよ。すうかげつあわないうちに きゅうにかっこよくなったよね。

それにしても おじさん、あんなに たくさんの ひとが さんかする おわかれかいは はじめてみたよ。ひい君は ほんとうに たくさんのひとに あいされていたんだね。

おじさんは さいしょから さいごまで なきどおしだったけど、とくにつらいばめんが 2つあったよ。

ひい君がおもちゃとおかし、それに おはなでいっぱいの はこのなかにねていて、そのはこに ふたをされる ちょくぜん。それまで しゃんとしていた きみのママが おばあちゃんに「がまんすることないんだよ」といわれたつぎのしゅんかん おおつぶのなみだをながして きみをながいじかん ぎゅっとだきしめていたところ。

それと べつのかいじょうにいどうご、つめたいてつのとびらのむこうに ひい君がねむるはこが 入っていくときだ。あのつよいつよい(ひい君はちょっとこわかったかな?)きみのパパが かたをふるわせて みおくってるすがたをみるのは とにかくつらかった。ふたりがどれだけ ひい君のことを あいしているか しっていたからね。

2日かん パパもママも2人のおにいちゃんも、ほんとうにりっぱだった。おわかれをしにくる ひとたちを みんなでむかえて、ひとりひとりに おれいのことばをかけていたね。ほんとうはひい君のかぞくが いちばんつらいのに ぐっとこらえてがんばってた。

おじさんも「おいそがしいところ とおくから すみませんでした」ってきみのママに あやまられちゃったけど、こんなときにも しゅういに きをくばれる きみのかぞくは ほんとうにすごいとおもった。

でも こんなときは むりしないで ほかのひとのことなんかきにしないで ひたすらないてもいいんじゃないかな。おじさんはそうおもう。


じつは あれから 3しゅうかんちかくたつけど ずっとかんがえていることがあるんだ。あのじき、じゃがいもの たねいもを うえるために じっかにかえろうと おもっていたんだ。あの日にもかえることを けんとうしていたんだけど ちょっといろいろ ようじがあって いけなかったんだけどね。

でも、もしあの日におじさんたちが じっかにかえっていたら きっと きみのうちにもあそびに いったとおもうんだよね。 そうしたら きみは きんじょの いけに あそびに いくことも なかったかもしれない。いまさらかんがえても どうにもならないんだけど どうしても かんがえちゃうんだよ。なんでかえらなかったんだろうって。おじさんも きみのことが だいすきだったからさ。

きみのパパ、ママがひい君にあてたてがみに「パパ、ママとよぶこえも いっしょにすごしたじかんも すべてが だいじな たからもの」ってかいてあったように しばらくおわかれだけど これからも ひいくんのずんぐりむっくりした かわいらしいたいけい、きみのまぶしいの えがおは きみのパパ、ママ、2人のおにいちゃんの、そしていもうとの たからものでありつづけて こころの ささえに なっていくんだね。

どうか きみのさいこうのかぞくを みまもっていてください。

あと、うちのこどもたちにも やさしくせっしてくれて ほんとうにありがとう。

また、ちかいうちに きみのうちに うかがおうとおもいます。

よこはまのおじさんより


ついしん 

「しんでん」のおじいちゃんには もうあったかな。きみのパパが ほんとうの おとうさんのようにしたっていた ぼくの ぎりの おとうさんです。

こっちにいるときは うちの こどもたちに あえなかったから はつまごのようにかわいがってくれるとおもうよ。

ごはんをたべるじかんが すごくながいけど つきあってあげてね。くいしんぼうの ひい君とは きっときがあうんじゃないかな。 
 

最終更新:

コメント(8

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン

  • B

    baikinman

    人はいつか死んでしまいますが、小さな子供の死は本当につらい。
    私も従弟が2人亡くなっています。
    自分の家に泊まりに来ていた従弟が、今この世にいないことがとても寂しいです。

    • A

      akaheru

      お二人も亡くしているんですね・・・。

      今ある日常が明日も続いていくとは限らない、ということを心において生きていかないとですね。

    • P

      pamapama

      お別れはいつもつらいですが、ちいさなお友達とのお別れは特につらいですね。天国で「しんでん」のおじいちゃんとたくさん遊んでほしいですね。

      • A

        akaheru

        ありがとうございます。きっとテレビを見ながら仲良く食事をしているのではないかと思います。

      • C

        cha_chan

        何とお声かけすればいいのか言葉も見つかりません。ひい君との宝物のような思い出は、皆さんの中で一緒に生き続けていることでしょう。ひい君が天国で安らかでありますよう、心からご冥福をお祈りいたします。

        • A

          akaheru

          ありがとうございます。

          ゴールデンウイークにはひいくんの家に遊びに行く予定ですので、めそめそした姿は見せないようにしないとです。

        • J

          jina

          ご冥福をお祈りいたします。ひい君が教えてくれた命の大切さ。思い出もすべて宝物のようにご家族の心で生きる続けますように。そして、akaheruさんご自身を責めないで。ひい君が心配してしまいますよ。私たちにできるのは命の大切さを伝えることです。このバトン回していきましょう。

          • A

            akaheru

            ありがとうございます。

            「おじさん、大丈夫かな」と心配されないように頑張らないとです。