【今週の一冊】人が死なない防災_片田 敏孝

Vermeer

公開:

2 なるほど
874 VIEW
0 コメント
 人が死なない防災
www.amazon.co.jp  

私たちは災害過保護だったんだ・・・

東日本大震災で大津波に襲われた釜石で、子ども達は生き残子るために行動します。そんな子供たちに防災教育を行ったのが、著者の片田さんです。

「想定外」だったからでも、「想定が甘かった」わけでもなく、「想定にとらわれすぎた」ために被害を受けたというのが衝撃でした。

防災が進むにつれて小さな災害が減り、防災に対して無防備になっており、そこに想定をはるかに超える大きな災害が起こっても、想定にとらわれて避難しないという現実・・・。

本で書かれていた「避難の三原則」はしっかりと心にとめておきたいと思いました。

・想定にとらわれるな
・最善を尽くせ
・率先避難者たれ

人が死なない防災(P.60、P.63、P.73)

防災に対して意識が変わる本だと思います。ぜひ皆さんに読んでほしいです。

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン