【復興支援ツアー2016年度レポート】目指せ「津波伝承 女川復幸男」優勝!石巻・女川の旅

akaheru

公開:

3 なるほど
3,065 VIEW
0 コメント

2017年3月17日から2泊3日で復興支援ツアーに行ってまいりました!

今回の目的は下記です。
・女川、石巻を中心に回り、震災発生から6年が経過した今、現地がどのように変化しているかを実際に見て回る。
・旅先で食事、買い物をすることで、少しでも現地に貢献する。
・3月18日、3月19日に女川で行われる「津波伝承 女川復幸男」「女川復幸祭」に参加して盛り上げる。

家族同伴でのグループ旅行は初の試み。

大人9名、ちびっ子6人でたくさんのことを学びつつ、元気を振りまきながら旅してまいりました。

3月17日(金)

東京駅からはやぶさで仙台を目指します。

道中、絵本「ひまわりのおか」を子供たちに読み聞かせ、大川小学校に行くことも話しながら進みます。

大きな問題もなく仙台に予定通り到着です。

ここから、仙台中央タクシー様のマイクロバスに乗り込みます。

大きなバスで大人も子供も大興奮。

まず向かったのが、東松島市のJR仙石線・旧野蒜(のびる)駅。

駅前の「津波伝承館」で震災に関する資料を見ることができます。

建物右上には、津波到達地点を表すプレートが。「3.7m」と記されています。

交流センター内の様子。

左の写真は津波で破壊された自動券売機。

右は震災時の写真が並べられたパネルです。

スタッフの佐藤様の話によると、海側の建物すぐ前に運河があるのですが、運河の向こうは10mもの津波が押し寄せたとのこと。
(この場所は海岸から約600mの場所に位置しています)

多くの犠牲者が出てしまったことを説明してくださる中、自衛隊の方々が献身的に尽くしてくれたことにすごく感謝しているということを、どこか懐かしそうに話してくれました。

辛かったことや当時嬉しかったことを思い出しているのか、時折言葉を詰まらせながらも丁寧に話してくれた姿が印象的でした。

子どもたちの目にも輝いて見えたのか、その後多くの子どもたちが将来の夢は自衛隊になること、と話しているそうです。

プラットホームは震災遺構として保存されています。

お話を伺ってお土産購入後、次の目的地の女川駅前に。

昨年完成したばかりの駅前商業施設、「ハマテラス」でお昼ごはんです。

前回のツアーでも女川駅を訪れたのですが、お洒落なお店が立ち並び、全く別の駅に生まれ変わっていました。

「おかせい」さんの特選女川丼をいただきました。
相変わらずすごいボリュームです!

女川駅前で本日の講師、井上様と合流し再び出発です。

まず向かったのは雄勝の「おがつ店こ屋街」。

昨年6月に場所が移転したため、自分は移転後初訪問です。

私の妻はさば缶を大量購入です。

商店街横に「石巻市復興まちづくり情報交流館」という施設があり、ここでもスタッフの方からお話を伺うことができました。

震災後、避難した方で戻ってこられているのは3割ほどのため、高齢化がますます進んでいるとのこと。今後整備が進めていけば、きれいで静かなところに魅力を感じてもらえるような若い人が住んでくれるのではないかと期待をされていました。(ただ、やはりまずは今住んでいる人たちが落ち着くのが先決)

自分たちの街の写真はなかなか撮らないので残っていない。そのため、震災前の街並みがどうだったのか、記憶が薄れているとのこと。これも震災で起こった悲しい出来事の一つだと思います。

おがつ店こ屋街を出て、次に向かったのが大川小学校跡です。

学校の管理下に置いて最も子どもの犠牲者を出してしまった学校。

何度訪れてもこの海が全く見えない場所に巨大な津波が来たことが信じられません。

学校の敷地内のすぐ裏には山があります。

今でもなぜこの山にみんなで避難をしなかったのかが悔やまれます。

このような幼い子供たちを大勢失うようなことがあってはなりません。

今生きている人達みんなが、ここで起きた悲劇をいつまでも忘れないで後世に伝えていかなければと思います。

大川小学校をあとにし、井上様を駅に送りつつきぼうのかね商店街へ立ち寄りました。

今年の8月に移設が決まっているため、もしかするとここに訪れるのは最後になるかもしれないと思い、旅程を追加です。

みんなで順番にきぼうのかねをならします。

この日の宿泊地、「華夕美」に到着です。

ここにも井上様が顔を出してくれ、夕食前に話を伺うことができました。

仮設住宅に閉じこもっている人達に積極的に表に出てもらうために、積極的に取り組んでもらえるような新たな試みが必要など、現状の課題などを話してくれました。

右側の写真はこの日の夕食。豪華でした!

また、食事後に料理を運んでくれたスタッフの方に話を伺いました。

女川駅を見てきたけど劇的に変わっていてびっくりしました、と伝えたところ「だいぶ盛り上がってきたけれど、昔に比べたら全然。ゆぽっぽも以前はもっと大きかったのよ。」

「昨年、九州でも地震による大きな被害があったけど、現在の状況では自分はとてもじゃないが復興のお手伝いをすることができない。震災の辛さを知っている分、そのことが辛い。」

短い時間でしたが、すごく貴重なお話を聞くことができました。自分たちにできることは何だろうと、改めて考えなければと感じた瞬間でした。

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン