濃厚な美味しさを手作りで!アイスクリームを作ろう!

ockn1006

公開:

6 なるほど
3,573 VIEW
0 コメント

暑い夏です。

しかし暑いですね。

今年の夏はクソあっついです。

8月は盆休みに帰省したことですっかり金欠。

金銭的な余裕も無ければ、暑さゆえ出かける気も起きません。

そのうえ、地球にやさしい僕は節電を心がけているため、寝る時以外はエアコンもつけません。お蔭で部屋は蒸し風呂状態。

もはや、“ちょっとしたサウナ”です。


(万が一、人を招く時はエアコンを付けます。ギリギリそういう常識はあります。)

そんな環境で過ごす僕ですが、さすがに黙って蒸されているわけではありません。

僕なりの方法できちんと涼を取ることを心がけています。

緊急公開!僕の涼の取りかた!

せっかくなので、僕の涼の取り方を紹介します。

 1.まず服を脱ぎます。

 2.窓を開けて網戸にします。

 3.冷凍庫で冷えた氷枕にタオルに巻き、座る場所 or 寝転がる場所に敷きます。

はい。

これが、せっかくの土日にどこにも出かけず、エアコンの電源すら入れていない家で涼を取る男の姿です。

これが、20代半ばの男の休日の過ごしかたかと思うと、我ながら泣けてきます。

そして僕は、このスタイルで読書をしたり、パソコンをしたりするのです。

アイスを食べて涼しくなろう!

僕は、ネットサーフィンをしながら『夏 涼みかた』と検索をしました。

しかし、色々調べても「風通しを良くする」「薄着になる」「水分補給をする」など、当たり前のことしか書いていません。

そんな当たり前のことが、『夏を涼しむ方法 まとめ』みたいなタイトルで、まとめサイトにドヤ顔で書いてあるのです。
むしろ、僕のような「服を脱ぐ」「氷枕を敷く」なんていうアイデアは書いてありませんでした。斬新すぎて、世の中には浸透していないのかも知れません。

・・・・・・、

ちなみに、イチバン心に響いたのは「パソコンの電源を落とす」。

僕は汗を額に溜めつつ、熱を帯びたパソコンのモニターを見つめながら、

「ですよねー」

と言いました。余談ですが。

そんな『夏 涼みかた』で、オッ!と思ったのが、
【アイスを食べる】です。

何を隠そう、僕は大のアイスクリーム党!
僕にとって、夏はもちろんのこと、冬でもアイスは欠かせません。

早速、服を着てスーパーへ出かけました。

さすが、スーパーです。色んなアイスクリームが所せましと並んでいます。僕はハーゲンダッツが大好きなので、ハーゲンダッツを大人買いしようかと思ったのですが、ここでふと思いました。

「そもそも、金欠で外出を控えているのに、ハーゲンダッツを買うとは何事だ?」

そう。ハーゲンダッツは高級アイスです。給料日前に大量に買って良いモノではありません。僕は迷いました。

しかし、ハーゲンダッツのような濃厚なアイスがどうしても食べたい……。

「そうだ、自分で作れば良いのでは?」

どうせ、家にいても読書かパソコンです。それだったら、自分でアイスを作る方が有意義ですし、少しは安くつくはず。

僕は手づくりアイスをつくることに決めました。





はい。

またも散々前置きが長くなりました。

今回は【手作りアイスクリーム】を紹介します。

今からアイスをつくるので、特別にエアコンの電源を入れたいと思います。

アイスクリームの材料を揃えよう!

   【4~5人前】           【お好みでトッピング】
・卵黄       3個 ・オレオ    適量
・生クリーム    200cc       ・イチゴジャム 適量
・砂糖       30g        ・キットカット 適量
・バニラエッセンス 3滴ほど       ・塩      適量

■道具・・・・泡だて器、ステンレスボウル、冷凍庫、アイス用の器など

※ あっさりめのアイスクリームが好みの場合は、「牛乳」を用意し、
 生クリームを牛乳で割ってみてください。合計で200ccになればOKです。
 (あっさり風味目安…生クリーム 75cc:牛乳125cc)

「アイスクリームを作る!」なんて言えば、大げさに聞こえますが、それほど難しくはありません。しっかり混ぜて冷やせば、ちゃーんと美味しいものが出来るんです。

(……と、有名なパティシエが言ってました)

■“濃厚”なら動物性乳脂肪を!

一般的に生クリームと呼ばれているものには「動物性のもの(生クリーム)」と「植物性のもの(ホイップ)」があります。やはり、濃厚なアイスを作る場合は動物性のものがオススメです。安さ重視、もしくはあっさり風味が好みであれば、植物性でも良いと思います。ちなみに、「植物性の方がカロリーが低くダイエット向き」という迷信もあるようですが、大差はありません。

動物性「生クリーム」
動物性「生クリーム」
植物性「ホイップ」
植物性「ホイップ」

■フレーバーで楽しもう

どうせつくるなら、バニラアイス以外も作ってみたいところです。基本的に何を混ぜても美味しく仕上がると思うので、材料を買う際はそのあたりも楽しんでみてください。今回はオレオとイチゴジャムとキットカットを買いました。

※試してみる価値あり?なフレーバー
 ⇒各種ジャム、バナナ、ゴマ、コーヒー、ココア、チョコレート、抹茶、ヨーグルト

早速つくろう!

作りかたは簡単!大まかに言って

1.泡立てる 2.混ぜる 3.冷やす

のスリーステップ!それではいきましょう~

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン