その3.歓迎セレモニー【粟島「島びらき」】

tanoshimasan

公開:

2 なるほど
1,679 VIEW
0 コメント

朝一番の高速船の2時間後、2便目のフェリーがやってきます。

毎年もっとも乗客の多い便だそうで、これに合わせて、島びらきの歓迎セレモニーが行われるそうです。

2便目のフェリーに合わせて歓迎セレモニー

フェリーが到着すると、歓迎セレモニーの開始。

よく見るとデッキにもたくさんの人が・・・!

出迎え風景
出迎え風景

ぞろぞろと人が降りてきました。

うはー!多い!!

さすが、1年で一番混む時期とあって、船室の限られているフェリーは場所取り合戦だったようです。。

僕が乗った朝1便の高速船だって、ほとんど空席はありませんでしたが。

フェリーが到着!しかし人が多い!
フェリーが到着!しかし人が多い!

それだけ島びらきに対する注目度が高いってことでしょうか。

まぁ、僕もその一人なワケですが(笑)

粟島の小中学生による「島っこソーラン」
粟島の小中学生による「島っこソーラン」

子供たちによる「島っこソーラン」。各地で活躍する粟島ファンのアーティストが島のために結成した、「粟島音楽隊」による演奏。去年誕生した島のゆるキャラ「タイボーくん」。などなど。

本当に島民総出のイベントだと実感します!

盛り上がっています。
盛り上がっています。

特産物販売市でも感じたのですが、この島びらきのスゴいところは、島外から集まった粟島ファンの人々も「イベントを創る側」にいるということ!

ソーランを踊った子供たちの中には、島外からやってきた離島留学生がいますし、粟島音楽隊の方々も、みんな島外からこのイベントに駆けつけたと聞きました。

島の特産品が当たる抽選会
島の特産品が当たる抽選会

セレモニーの目玉がこの抽選会!

これも毎年行われているらしく、島で獲れた鮮魚が当たるとのこと。

ただ、ここで当たる鮮魚はちょっと日ごろ目にすることはなさそうな、天然の大物クラスだとか。。

粟島と言えば・・・鯛!
粟島と言えば・・・鯛!

おー、鯛が出てきました!やはり、今朝水揚げされたばかりのモノらしいです!

だんだん大きくなっていきます・・・
だんだん大きくなっていきます・・・

今度は両手で持つサイズ!魚が出てくるたび、会場も湧きます。

ちなみに、抽選番号が読まれているのに、当選者が出てこない場合もちらほら。何度呼んでも出てこない場合は締め切りになり、再度抽選に。。この時が一番盛り上がっていました(笑)

今度は両手で抱えるサイズに!スーパーで買えばおいくら?
今度は両手で抱えるサイズに!スーパーで買えばおいくら?

その場で手渡されるようで、「当たったらどうしよう」と当たる前から心配してしまいます。(笑)

乗船時に手渡された抽選券をにらみながら、番号が読まれるのを待ちましたが・・・。

船で配られた抽選券
船で配られた抽選券

人数が多すぎて当たる気配が。。

鮮魚以外にも、合計200近い景品が用意されていましたが、それでも当たった人は全体の約4割。「100」というキリの良い数字だったんですけど・・・。

う~~~ん、残念。

まぁ、一人暮らしの僕に当たったところで食べきれない気もしますが(笑)

セレモニーのあとはぞろぞろとわっぱ煮会場へ。。
セレモニーのあとはぞろぞろとわっぱ煮会場へ。。

セレモニーが終わると、人々はそのまま特産品販売市、わっぱ煮会場へ。

普段は静かな島と聞きますが、かなりの混み具合です。。

いやー先に食べておいて正解でした!





(続く)

 その4.音楽祭(粟島音楽隊)【粟島「島びらき」】
potaru.com

次ページです!(粟島「島びらき」シリーズ)

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン