その4.音楽祭(粟島音楽隊)【粟島「島びらき」】

tanoshimasan

公開:

3 なるほど
1,205 VIEW
0 コメント

さて、これまで何度か紹介してきたように、GWの島びらき期間中は「粟島音楽隊」による歓送迎の演奏が行われるようです。

もともと船のお見送り風景が好きな僕ではありますが、何度も港をうろうろしているうち、彼らの曲までも好きになってしましました。

終始イベントを盛り上げていた「粟島音楽隊」

終始イベントを盛り上げていた有志団体「粟島音楽隊」の皆さん!

日ごろは各メンバーそれぞれの活動地域があるようですが、年に1度の島びらきでは、こうして集まり、粟島を盛り上げているそうです!

高速船きららと「粟島音楽隊」
高速船きららと「粟島音楽隊」

粟島をうたった曲の数々(通称・粟ソング)は、どれも耳に残って離れないリズム良い曲なのです。ついつい覚えてしまい、気が付くと口ずさんでしまいます。。

1日4便、訪れる船に合わせ、出迎え、見送りの演奏を行っていました。

「粟島の一日」を歌うチャンベビ・ユウコさんと「粟島音楽隊」
「粟島の一日」を歌うチャンベビ・ユウコさんと「粟島音楽隊」

船が入港する時には、千葉出身のバンド・チャンベビのユウコさんによる「粟島の一日」が演奏され、なんだか気分もノってきます。

「粟島別れのブルーズ」を歌う西輪キングさんと「粟島音楽隊」
「粟島別れのブルーズ」を歌う西輪キングさんと「粟島音楽隊」

船が出港する時には、新潟県内で活動する西輪キングさんの「粟島別れのブルーズ」とともに、手を振り続けるお見送り。これがまたまた良い曲で、出港とよく合っているんですよねぇ。。

船の上では、目に涙を溜めていた人も。

お見送り風景、GWは粟島に帰ってくる人も多いのだとか
お見送り風景、GWは粟島に帰ってくる人も多いのだとか

しかし、船の入出港と歌は本当に相性が良いですね。旅情をそそるとはこのことでしょうか。。

 朝のご飯はわっぱ煮で~♪

 昼のご飯はお刺身よ~♪

 夜のご飯は煮魚と♪

 毎日魚だ~♪

 肉!にく!肉!にく!

 肉はないよ!!粟島だよ~♪

『粟島の一日』(チャンベビ)

・・・とまぁ、「島びらき」の風景を眺めているだけで、じわじわ粟島のトリコになっていきました。。

なるほど。なんだか粟島ファンが多い理由が、わかった気がします。

耳に残って離れない粟ソングを口ずさみつつ、僕の粟島時間も始まりました。

こんな場所でも・・・

船の見送り以外の場面でも、粟島音楽隊の演奏を聴くことができました。

特産品販売市、漁火温泉「おと姫の湯」などなど・・・。

すっかり僕もオッカケに(笑)

特産品販売市にて
特産品販売市にて
漁火温泉「おと姫の湯」にて
漁火温泉「おと姫の湯」にて

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン