その1.特産品販売市【粟島「島びらき」】

tanoshimasan

公開:

1 なるほど
1,321 VIEW
0 コメント

島びらきへ参加すべく、さっそく粟島へ向かいます。

新潟駅を5時45分に出発。
岩船港の最寄駅である村上を目指します。
5時起きです。5時起き。。

島びらきの様子を最初から見たいので、朝一番、8時30分の高速船に乗るのです。

朝一番、粟島へ到着!

さて、朝一番の高速船に乗り、粟島にやってきましたよ。。
この日の「島びらき」から2泊3日の滞在です。
この日は海が大荒れでした・・・ふらふら。

粟島に到着!「粟島音楽隊」とゆるキャラ「タイボーくん」がお出迎え
粟島に到着!「粟島音楽隊」とゆるキャラ「タイボーくん」がお出迎え

けれど、お出迎え舞台は元気いっぱいでした。
去年デビューした島のゆるキャラ、タイボーくんもお出迎え。
空は生憎の曇り空だったけど、賑やかでいい感じ!

さっそくの賑わい
さっそくの賑わい

着くなり、近くの公園(内浦公園)が賑わっていたので、人の流れに合わせてまずは公園へ。「特産物販売市」が開かれていました。

ウィキペディアによると、人口344人という粟島ですが(2012年12月時点)、明らかにそれより多い人々と賑わい!

観光客にもフレンドリーな島民の方々
観光客にもフレンドリーな島民の方々

それに加えて、島民の方々も、まぁ~本当にフレンドリー!ぼーっと眺めているだけでも何かと話しかけてくれました。

「みそ汁サービスするからね~」

島外からの応援スタッフも多かったみたい
島外からの応援スタッフも多かったみたい

出店も多く、今回のイベントのために島外から駆け付けたという人もたくさんいるのだとか。

だいたい最初はお客さんとして訪れるものの、気が付いたらスタッフになっていたりするらしい・・・(笑)

焼きえび
焼きえび

粟島、小さな島ながら特産品が多いです。
座っていると島のセールスマンが商品案内をしてくれました。

座っているとよく声を掛けられました。旨そうですけど、そんなに食べられません!
座っているとよく声を掛けられました。旨そうですけど、そんなに食べられません!

それにしても、思った以上に若い人が多く、老若男女問わず気さくです。。

大学の学園祭みたいな雰囲気だなぁと思ったりしたのですが、実際に大学生も多いようで、聞けば「毎年この時期は粟島なんです」なんて人も。

早めに腹ごしらえを・・・
早めに腹ごしらえを・・・

さてさて、そうこうしているうちに間もなく第2便のフェリーが到着します。この時期の粟島は高速船、フェリーが計4便到着しますが、お客さんがもっとも多いのはこの2便目のフェリー。フェリーが到着すると恐らく混雑必至です。

「そうなる前にいろいろ食べておかねば!」

・・・ということで、そろそろ粟島一番の名物「わっぱ煮」を食します!





(つづく)

 その2.わっぱ煮会場【粟島「島びらき」】
potaru.com

次ページです!(粟島「島びらき」シリーズ)

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン