大島 - 火山と椿と動物と、地球の息吹に触れる島!(東京・伊豆諸島)

shima

公開:

2 なるほど
3,492 VIEW
0 コメント

容易なアクセスが嬉しい島

 伊豆諸島最大の大きさを誇り、その大きさから名前も大島に。都内の離島では最も人口が多いとされています(2012年現在、八丈島より若干多い)。 島の中心にあたる三原山登山や、周辺でのダイビング、温泉や動物園などの島内施設と遊びの幅が広いのが特徴。内地からも近く、行き来もしやすいので、年間を通じ多くの人が訪れます。

 そんな大島を語るに欠かせないのが、最近では1986年に噴火した火山でもある三原山。登山では噴火して間もない山の様子を見ることができます。割れ目噴火跡などは特にダイナミック!島の名産である椿や動植物の多い都立公園など、恵まれた自然を存分に感じられる島なのです。 アクセスが容易なためか、離島にしては比較的不便さを感じにくい点が嬉しい島。そういった理由から地理的に好んで移住する人もちらほらいるようです。

伊豆大島の見どころ

景色を楽しむ

三原山 (場所)

最近では1986年に噴火した、大島を象徴する火山です。およそ2万年前より噴火を繰り返しており、100~200年に1~2度の周期で起こっていると考えられています。しかし、普段は見晴らしの良い山として観光客に親しまれている日帰り登山の名所。頂上付近から伊豆諸島の島々を見渡せば、登山の疲れも吹っ飛びます。

割れ目噴火跡 (場所)

1986年の三原山の噴火時に出来た大規模な火口列。長さは3.3kmにもおよび、噴火の大きさと溶岩の凄まじさを想像することが出来るだろう。遊歩道が敷かれ、その様子を伺うことも可能。現在は草花が茂り、小鳥のさえずりも聞こえてくるのどかな場所です。

地層切断面 (場所)

島の一周道路の南西部で見られる、積年の噴火の繰り返しによって何層にも重なった地層が、道路建設の際に露出したものです。眼の前にして見ると迫力満点。玄武岩層(黒い層)や砂岩層、安山岩(白い層)など、およそ90層を数えるとされており、歴史の断片を覗き見たような気分にさせてくれます。

波浮港集落 (場所)

静かで落ち着いた港町。かつては賑わっていたそうですが、それも今は昔。昔ながらの大島の街並みが色濃く残っており、情緒の深い雰囲気を味わうことが出来ます。レコードの時代の大ヒット歌謡曲『波浮の港』や、川端康成の『伊豆の踊子』の舞台になった場所としても知られています。 

文化に触れる

御神火よさこい舞隊

「御神火」とは、大島では三原山の神様として扱われているもので、火山の噴火や噴煙を指しています。その御神火をまつり、普及と保存を目的に活動しているのが、御神火よさこい舞隊です。週一度、島内の開発センターにて練習を重ね、島にまつわる各種イベントで迫力ある踊りを披露するそうですが、その踊りがまた圧巻!高校生から50代前後までの男女で構成されたメンバーですが、なかなかキレキレの踊りを見せます。ポップな楽曲を多数使用している点も、良い意味で郷土芸能らしからぬ元気良さを感じます。筆者個人は大好きです。  

島を遊ぶ

椿花ガーデンリス村 (場所)

数百匹のリスをはじめ、うさぎやプレーリードッグたちが放し飼いにされています。訪れると人懐っこい動物たちが近づき、出迎えてくれます。お土産もなかなかにこだわりの品があるので、時間が許せば一度は訪れたい場所です。※リス村に関する記事です。【旅レポ】「意外に奥深い?」大島(伊豆諸島)、動物の楽園

 椿花ガーデンリス村
www10.ocn.ne.jp  

(公式HP)

都立大島公園動物園 (場所)

50種300点の動物たちが敷地内で過ごしている都立の動物園。離島の動物園ですが、都会にも匹敵する中身の濃さを感じさせてくれます。海が見張らせる動物園で、のんびり過ごす動物たちもなかなか贅沢だなぁ・・・。しかも無料というから驚きです。※動物園に関する記事です。【旅レポ】「意外に奥深い?」大島(伊豆諸島)、動物の楽園

 東京都立大島公園
oshimakoen.jp  

(公式HP)

大島温泉「元町浜の湯」(温泉) (場所)

港のすぐ近くにある温泉です。2つ温泉があり、御神火温泉と並んでいるこぢんまりとした温泉が浜の湯。室内プールが併設されている御神火温泉と比べると非常に簡素な建物です。しかし浜の湯の見どころは、島の西側の水平線を見渡せる開放的な露天風呂であること。天気が良ければぜひ閉館間際に!沈んでいく夕陽が最後まで見れるかも知れません。設備では隣の御神火温泉の方が優れていますが、景色では浜の湯でしょう。どうせなら両方入ってしまうのが、大島流。浜の湯は水着着用の混浴で、洗体設備もありません。浸かって景色を楽しんだ後、御神火温泉でゆっくり身体を洗うのがベストかも!※13時~19時。年中無休

伊豆大島の情報あれこれ

【名 称】大島(おおしま)

【所在地】

 東京都大島町
maps.google.co.jp  

(地図)

【面 積】91.05㎢

【周 囲】

49.8km

遊 び

サーフィン、ダイビング、海水浴、釣り、 登山、キャンプ、サイクリング、陶芸体験、 あしたば収穫体験、椿染め体験、動物園見学

食べる

大島牛乳、あしたば、サザエ、イセエビ

郷土料理

椿フォンデュ、あしたば料理、べっこうずし

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン