3月11日、行方不明者の捜索

hometown_of

公開:

1 なるほど
453 VIEW
0 コメント

追悼と慰霊のための連凧に、ふだんは立入禁止のエリアに足を踏み入れる。凧を揚げるために訪れた人、メディアの人の他に、濃紺のユニフォームを身に着けた一団が目を引いた。

彼らは大船渡警察署の警察官たち。かつて、高田松原と背後の市街地の間に位置していた汽水湖の古川沼で、震災から7年となるこの日も行方不明者の捜索が行われた。背後のビルは震災遺構の下宿定住促進住宅跡。

14時30分頃になると、濃紺のユニフォームが海岸線に集まってくる。

そして整列。

彼らがヘルメットを外して海に向かって直立した約10秒後、陸前高田にサイレンが響き渡った。2018年3月11日午後2時46分、黙祷。

連凧の人たちは防潮堤の上に並んで、やはり海に向かって黙祷した。

空は晴れ、光に満ちていたが、風は強く、酷く冷たかった。

まだ見つかっていない人を早く家族の元に返したいと、震災後捜索を続けてきた人たちに頭が下がる。私は見てきたことを、ただこうして書くしかない。

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン