日本一透き通った地底の湖 ~龍泉洞~

sKenji

公開:

3 なるほど
1,757 VIEW
2 コメント
龍泉洞内。地底探検へ出発!
龍泉洞内。地底探検へ出発!

岩手県・岩泉町にある日本三大鍾乳洞のひとつ「龍泉洞」。日本一透明度が高い地底湖があることで有名である。先月30日、その地底湖を見に龍泉洞を訪れた。

龍泉洞について

龍泉洞は、秋芳洞や龍河洞と並び、日本三大鍾乳洞にひとつに数えられている。

鍾乳洞の長さはわかっているだけで3,631mあり、調査が行われていない部分を含めると5,000m以上あるのではないかと言われている。観光客にはそのうち700mが公開されている。ちなみに日本三大鍾乳洞は、ケイビング協会初代会長が力を入れて調査した3つの鍾乳洞が三大鍾乳洞と呼ばれるようになったとのことである。

龍泉洞の最大の見どころは「地底湖」と言ってもいいのではないかと思う。その透明度はなんと41.5m。これは日本で一番、世界でも有数の透き通った水である。透明度とは、直径30cmの白色円盤を水中に沈めて見えなくなる深さを示しており、海や湖の水の透明さの度合いを示す数値である。透明度が高いことで有名な北海道の摩周湖の透明度は28m(※)と言われている。

(※)平成3年度、環境庁の第4回自然環境保全基礎調査・湖沼調査 対象湖沼一覧による。

龍泉洞を歩く

龍泉洞は太平洋から約20㎞ほど内陸にあり、宮古市から車で約1時間ほどで行くことができる。洞内への入口は渓流のそばにあり、川を挟んで反対側には1967年に発見された龍泉新洞がある。有名な地底湖は龍泉洞の方にある。

龍泉洞入口。入口は写真中央の赤い橋の奥にある
龍泉洞入口。入口は写真中央の赤い橋の奥にある
入口付近には、土産物屋などがある。川を挟んで対岸には、龍泉新洞がある
入口付近には、土産物屋などがある。川を挟んで対岸には、龍泉新洞がある
龍泉洞入口

龍泉洞入口

龍泉洞の入口は崖にぽっかりと空いている。高さは2~3m、幅は大人が2~3人通れるほどの小さなものである。入口に架けられた鉄製の小橋を渡ると、神秘の地底世界が始まる。

鍾乳洞を見る際に注意してほしいのが服装。洞内は年間を通して気温が10度前後となっている。夏に短パン、半袖で行くと少し寒く感じるかもしれない。長袖の羽織るものを持っていくことをおすすめする。ヘルメットやヘッドランプなどといった本格装備は必要ない。

長命の渕。ドラゴンブルーと呼ばれる透き通った龍泉洞の水

長命の渕。ドラゴンブルーと呼ばれる透き通った龍泉洞の水

鍾乳洞に入るとすぐに、綺麗な水の流れがある。これが噂の地底湖なのだろうかと思ったが、冷静に考えてみると地底湖がこんなに小さいわけがなかった。これは「長命の渕」と呼ばれている地底を流れる川であった。

百間廊下は、幅は狭いが高さは結構ある

百間廊下は、幅は狭いが高さは結構ある

長命の渕の先は、百間廊下と呼ばれる細長い岩間の通路が続く。幅は大人1~2人が通れるほどだが、高さは結構ある。少しドキドキしながら細長い通路を歩いて抜ける。ときおり天井から水滴が落ちてくる。ちょっとしたインディジョーンズ気分を味わうことができる。

狭い「百間廊下」。ちょっとした洞窟探検気分
狭い「百間廊下」。ちょっとした洞窟探検気分

百間廊下を抜けると少し道幅が広くなっている「白亜宮」と呼ばれる場所がある。公開されている鍾乳洞のほぼ中間地点にあたり、ほかには「長命の泉」、「隠れ水」といった透明度の高い泉などもある。

雨水に含まれる不純物が、地中を通る際に濾過されて綺麗な水となる
雨水に含まれる不純物が、地中を通る際に濾過されて綺麗な水となる
洞内には透明度の高い水が流れている
洞内には透明度の高い水が流れている

白亜宮から更に通路を先に進むと月宮殿などがある。このあたりはライトの光が赤、青、緑などの色に刻々と変化し続け、洞内をカラフルに演出している。

ライトの色が赤、青、緑などの色に変化する
ライトの色が赤、青、緑などの色に変化する
地蔵岩から続く通路。カラフルなライトアップ
地蔵岩から続く通路。カラフルなライトアップ
月宮殿
月宮殿

月宮殿の前の通路を抜けたところに長い階段がある。階段はこの先にある地底湖からの帰路となっている。往きは順路に従って直進する。まっすぐ行くと、いよいよ3つの地底湖が続くエリアとなる。

鍾乳洞の奥に行くにつれ、階段が多くなる
鍾乳洞の奥に行くにつれ、階段が多くなる
洞内の通路は、木やコンクリートで綺麗に舗装されている
洞内の通路は、木やコンクリートで綺麗に舗装されている
竜宮渕
竜宮渕

地底湖は第1から第3まである。竜宮渕を抜けると第1地底湖、第2地底湖がある。透明な地底湖の底をのぞき込んでいると、吸い込まれそうな感覚になる。

写真撮影を試みたが鮮明なものがとれなかった。残念。

地底湖の水中にライトが吊るされている
地底湖の水中にライトが吊るされている
湖に吸い込まれそうである
湖に吸い込まれそうである

第2地底湖を見た後にはいよいよ龍泉洞最大の見どころ、第3地底湖があらわれる。日本一の透明度と言われる41.5mは、第3地底湖の数値である。この地底湖の水深はなんと98m。のぞき込むと、ぞっと背筋に寒気すら感じる深さである。吊るされたライトに照らし出される地底湖を見ていると、地下空間という特殊な環境の影響もあるのか、まるで自分が深海の世界にいるような錯覚におちいる。神秘的な地底湖に時間を忘れ、20分以上見入ってしまった。

龍泉洞最大の見どころ、第3地底湖
龍泉洞最大の見どころ、第3地底湖

第3地底湖を見た後は、竜宮渕付近まで帰路専用通路で戻る。この道は昇り降りが激しく約270段の階段となっている。平坦な道を歩きたい方は、来た道を戻った方がいいかもしれない。

竜宮渕からは来た時と同じ道を通って入口へと戻る。

第3地底湖からは階段の昇り降りが激しくなる
第3地底湖からは階段の昇り降りが激しくなる
階段上から撮影
階段上から撮影

龍泉洞の魅力

これまでにもいくつかの鍾乳洞を見てきたが、龍泉洞にはそれらとは異なる魅力がある。鍾乳石が豪華絢爛な秋芳洞も素晴らしいものがあったが、龍泉洞の透き通った地底湖もぜひ一度は見ておきたい。世界有数と言われる透明度は伊達ではない。

コウモリが舞う洞内はちょっとした探検気分も味わうことができ、小さなお子さんも楽しめるのではないだろうか。

まだ調べられていない場所も多く、龍泉洞の全貌はわかっていない。

調査の結果、見つかったものの公開されていない地底湖もある。現在、未公開の第4地底湖は深さが120mもあるという。

いつの日か、さらに奥深くまで公開されることを期待したい。
龍泉洞は、今後何が発見されるかわからない神秘的な鍾乳洞である。

龍泉洞

参考WEBサイト

 龍泉洞
www.town.iwaizumi.iwate.jp  
 第4回自然環境保全基礎調査・湖沼調査報告書(出典元:環境省 自然環境局)
www.biodic.go.jp  

Text & Photo:sKenji

最終更新:

コメント(2

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン

  • O

    onagawa986

    まだ公開されてない地底湖もあるなんて!まさに地底探検!
    神秘的な地底湖の透明度は震災後も変わらずで安心しました!
    自分が13歳のGWに行ったのが最後…ずいぶん前だな(笑)
    今年の夏は三陸沿岸を北上して、子供達を探検家にしちゃおうかな~♪
    参考にさせて頂きます!

    • S

      sKenji

      未公開の第4地底湖は、現在公開されている第3よりも深く120mとのことです。一説によると日本一の深さだそうです!他にも地底湖があるようですし、今後が楽しみです。第4地底湖も公開してほしいですね♪