震災マニュアル ~ 震災に遭ったら(海岸)

iRyota25

公開:

3 なるほど
3,575 VIEW
0 コメント

  地震や津波などの自然災害は人間の力で防ぐことはできません。また地震を予知することもできません。しかし、自然災害が発生した時に、どうやって身を守るのかを、事前に考え準備しておくことで、被害を食い止めることは不可能ではないはずです。

考えられる危険

・堤防などの巨大構造物が液状化によって倒壊する
・津波に呑み込まれる
・自動車で避難する途中、渋滞で動けなくなり津波に呑まれる
・川を遡って溢れた津波と海からの津波に囲まれてしまう

 東日本大震災で、私たちは津波被害の恐ろしさを身に染みて実感しました。海岸や大きな川の近くで大きな揺れに見舞われたら、津波情報が発令されるのを待つまでもなく、いち早く避難しましょう。津波の様子を見に行くなどは言語道断です。

 津波避難の鉄則は、できるだけ高く、できるだけ遠くにです。しかし、地形によって津波は海から襲いかかるばかりではありません。川を遡った津波が川の堤防を越えて町にあふれたり、海から遠くへ逃げようとした人が川からの津波と海からの津波に挟まれたり、防潮堤の低い場所から侵入した津波の流れに、高い防潮堤を越えた津波の流れが合流し、渦を巻きながら町を破壊したり。東日本大震災では、地形や津波の高さなどにより、さまざまな被害の状況がありました。

 水は低いところへ流れていくものですから、行政が公表している津波想定やシミュレーションから、その土地ごとの津波被害をある程度想像することができます。どんな被害が起こりうるか、あらかじめ考えて避難経路を想定しておくことが大切です。ただし、津波の高さや津波の継続時間は、地震によってさまざまですから、「ここまで逃げれば大丈夫」という考えは持たないほうが賢明です。

 津波からの避難で問題になるのが自動車の使用です。東日本大震災では、避難途中に車が渋滞しているところを津波に襲われて、多くの人命が失われました。しかし、自動車で逃げたからこそ助かったという多くの証言もあります。避難に自動車を利用することの可否は、交通量や道路事情によって非常に判断が難しい問題です。車でなければ逃げられない地形であれば、自動車の使用は不可欠でしょう。でも避難途中に渋滞した時には、脇道に回るとか、それが困難なら車を乗り捨てて徒歩で逃げるなど、さまざまなケースを自分なりに想定しておくことが大切です。

 また、大きな地震では防波堤や防潮堤、港の岸壁や埠頭など、崩れるはずがないと思えるような巨大なコンクリート建造物でも、傾いたり倒壊したりすることがあります。東日本大震災でも、各地の漁港などで地震そのものの揺れで建造物が壊されました。このような場所の危険を認識し、いざという時どう逃げるかを考えておくことも大切です。

地震の揺れから生き延びるポイント(海岸の場合)

・海辺近くの危険を認識して、ふだんから避難方法を考えておく
・津波が心配されるような地震の際は、できるだけ遠くへ、できるだけ高いところへ逃げる
・津波で浸水するパターンを考えて、避難経路をシミュレーションしておく
・避難時の自動車の利用はケースバイケースで考える。いざという時には車を乗り捨てる覚悟もしておく

屋内にいるとき

1戸建住宅
 1戸建住宅
potaru.com

「揺れた時には、まず自分の身を安全に守りましょう」と言われます。具体的には丈夫なテーブルなどの下にもぐりこみ、頭部を座布団などでガードすることが勧められています。

 1戸建住宅 ~寝ているとき
potaru.com
 1戸建住宅 ~お風呂・トイレ
potaru.com
 1戸建住宅 ~台所で調理中
potaru.com
マンション・アパート
 マンション・アパート
potaru.com

鉄骨造のビルも傾きました。とくに1階が駐車場になっているピロティ構造の鉄骨ビルの被害は甚大でした。大地震では頑丈そうに見える建物でも大きな被害が発生します。

高層マンション
 高層マンション
potaru.com

2003年の十勝沖地震で注目されるようになった災害に、「長周期地震動」による地震被害があります。「長周期地震動」は、高層ビルや石油タンクなど大きな建築物だけに被害を及ぼす地震動です。

オフィス
 オフィス
potaru.com

建物の構造や屋内に置かれている設備などで千差万別です。それでも基本は上からの落下物や重量物から身を守り、揺れが収まって安全を確認してしてから脱出することです。

学校
 学校
potaru.com

揺れを感じたり、緊急地震速報が流された時には、すぐに机の下にもぐりこみ、防災頭巾をかぶって身を守る。小学校に通っている人たちはそんな訓練を何度も繰り返していることでしょう。

スーパー・デパート
 スーパー・デパート
potaru.com

地震発生を伝えるニュースで、棚から落下して割れたガラス瓶の映像が流されることがよくありますが、激しい地震では什器(棚)ごと転倒してくる場合があります。また、照明や天井パネルが上から落ちてくることもあります。荷物がたくさん詰まったカートが激しい勢いでぶつかってくる場合もあります。

劇場・映画館
 劇場・映画館
potaru.com

天井が高いため、落下物に当たると、たとえ小さな物でも大けがをする危険があります。映画館や劇場などで地震に襲われたら、頭や首を中心に身を守ることを考えましょう。

エレベーター・エスカレーター
 エレベーター・エスカレーター
potaru.com

エレベーター各社では、地震で自動停止する際に、最寄り階で停止して乗客を安全に下ろすエレベーターや、停止したエレベーターを自動的に判断して復旧させるシステムなどの開発が進んでいます。しかし、運行されているエレベーターの多くは、地震の際に乗客が閉じ込められてしまう可能性があります。

地下街
 地下街
potaru.com

地震や地震による停電などが発生した際、パニック状態が発生しやすい場所だといえます。いざという時の避難経路をしっかり頭に入れておくことが必要なのはもちろんですが、パニックに陥らないよう冷静に行動する心の準備が大切です。

屋外にいるとき

住宅街
 住宅街
potaru.com

もしも屋外で大きな揺れに見舞われたら、上から落ちてきたり、横から倒れてきたりする危険がない広い場所で、頭を保護して身を守りましょう。

オフィス街・繁華街
 オフィス街・繁華街
potaru.com

ビルの壁面に設置された看板(袖看板)、ビルの外壁、窓ガラス、ビル壁に設置されたエアコンの室外機など、上にあるものは落ちてくるものと考えて避難する必要があります。

海岸
 海岸
potaru.com

海岸や大きな川の近くで大きな揺れに見舞われたら、津波情報が発令されるのを待つまでもなく、いち早く避難しましょう。津波の様子を見に行くなどは言語道断です。

川の近く
 川の近く
potaru.com

水は低いところへ流れていくものなので、津波の際には海岸の防波堤を越えるよりも早く、河川を遡ることになります。

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン