【楽島案内所】「『楽しい!』のきっかけ」が「いっぱいある」

tanoshimasan

公開:

0 なるほど
968 VIEW
0 コメント

「『楽しい!』のきっかけ」が「いっぱいある」

島を訪れた際、「こんな何もないところによく来たねー」

なんて言われることがある。言われてみれば、たしかに「何もない」。

屁理屈を言えば観光資源があるのだが、

都会の物質的豊かさを思えば、どうしても島は劣る。

アクセスが容易とは言えない。土日だけで過ごせるかと言えば難しい。

賑やかかと言えばそうでもない。島によっては遊びなんて限られる上に、他と被る。

だが、それでも人々は「何か」を求めて島を訪れ、

好きになって帰ってく。それは、遊園地のような物質的なものではない、「何か」。

ある人は「友達と旅行で」 ある人は「自然を楽しみたくて」

ある人は「静かに過ごしたくて」 「一人旅がしたくて」

「毎年ここでダイビングをしていて」 「島の○○が食べたくなって」

「会社を辞めて」 「島に住みたくて」

「山の上から海を眺めるのが好きで」 「またみんなに会いたくて」

そしてみんな、帰るころには『楽しかった!』と言って帰る。 

島にはきっと物質的以外の「何か」があって、

その「何か」は人それぞれ。目立たないから見えにくいけど、見える人には見えている。

そんな

「『楽しい!』のきっかけ」が「いっぱいある」。

最終更新:

コメント(0

あなたもコメントしてみませんか?

すでにアカウントをお持ちの方はログイン